幸福度を上げるために、なぜ「感謝すること」が重要か


幸福度を上げるために、なぜ「感謝すること」が重要かこんにちは!ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

前回の音声配信では、
幸福度の高い人たちに
共通する3つの心理特性として

①人との交わりを持つ
②親切心を持ち、感謝すること
③ここにいること

を挙げ、このうち①番と、
②番のうち「親切心」について
お話ししました。

今回は②番のうち
感謝すること」について
音声配信しています。


(書き起こし文)

今回は②番のうち「感謝すること」
についてご説明します。

前回の「親切心」のところで
ご説明したのと同様に、
「感謝する」ことで幸福度が上がる
というのも、

何も道徳的な意味からの
義務というのではなく、
感謝することで自分自身が気分が
明るくなり、楽になるからです。

その理由は、感謝しようと思うと、
既に自分が得ているもの、
恵まれている点に意識を向けるため、

「ああ、こんなにメリットを既に得ているのだ」
と気づくことができ、これによって

「現在の状況の中にも、
結構いいところもあるじゃないか」
と思えるからです。

逆に、既に手にしていることは
「当たり前」と思い、
まだ得ていないものにばかり注目すると、

意識の中ではそこばかり拡大して見えるため、
不満が更に高まります。

これでは怒り、不安、憂うつ、イライラ
といった精神状態にまっしぐらです。

実際、慢性的にこうした精神症状を
抱える人たちは、こうした見方が
心の習慣になってしまっています。

しかし中には、

「でも感謝ばかりしていては、
自分の足りない点から目を背けてしまい、
自分を改善したり成長させたり
できなくなるのでは?」

と考える人もいるかもしれません。

確かに、何も努力や行動をしないで
現状を良しとするだけでは、
改善にならないかもしれません。

しかしイライラや怒り、
不安が強すぎると、
適切な判断を下したり、

その判断に基づいて
必要な行動を取ったりが
できなくなってしまい、結果的に
自分の行動力を妨害してしまいます。

行動がないところに改善も望めませんから、
不満な点にばかり注目するのは、
あきらかに不利な心の習慣なのです。

逆に、ささいなことにでも感謝できる人は
日々気分が安定し上向いているので、
自分にも人に対してもオープンです。

その結果、良い情報が
人からもたらされたり、
自分自身で閃いたりします。

また感謝できる人は
他人に対しても過剰に構えないので、

気軽に人の中に入って行って相談したり
親切にしたりできるので、
ますます新たな人や情報との出会いがあり、
自分が望む方向へ進みやすくなります。

このように、「感謝すること」は、
自分が心理的にも物理的にも
メリットを得るための
最初の一歩といえるのです。

次回は、幸福度を上げる心の特性の3つめ、
「ここにいること」
についてお伝えします。



浜野ゆり

浜野ゆり の紹介

ホリスティック精神科医。通常の精神医学や心理学の他、心身を癒す分子整合(オーソモレキュラー)医学にもとづく栄養療法や、催眠療法・瞑想・レイキ・アロマさらには占いも習得。これらをフル活用してみなさまの統合的健康と幸せ感獲得のお手伝いをします。
カテゴリー: 幸福度   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2017年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031