「ここにいること」の実施法


「ここにいること」の実施法こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

前回は、ストレスを減らし
心身の健康状態を改善するには
「ここにいること」、すなわち
目の前のことに意識を集中すること

の大切さと、それを身につけるには
(語学やスポーツを学ぶのと全く同様に)
毎日の基礎練習を繰り返すのが
必須であることをお伝えしました。

今回は、そのためにはどうすれば良いか、
より具体的な例を挙げて説明したいと思います。

例えば毎日の食事のとき、
あなたは食事そのものに
集中しているでしょうか?

ほとんどの人が

・テレビを見ながら・・・

・スマホでメールをチェックしたり
ネットで何かを見ながら・・・

あるいは

・過去や未来のことを何となく
考えながら・・・

食べている、
という状態なのでは
ないでしょうか。

その結果、例えば
コーヒーを飲み終えたのに
覚えておらず、また飲もうとして

「あれ?もうなくなっていたか」

と気づいたりします。

つまり、食事に対して
「心ここにあらず」
「上の空」
の状態なのです。

食事のとき、今自分が食べるものを
しっかり「体験」しましょう。

まず、料理の色や形などを観察。
口に運んだ際の匂いや食感、
味、温度なども味わいます。

飲み込む際には、その感覚も
自覚するようにします。

ちゃんと味わって食べようとすると、
「ながら食い」は無理だとわかります。

すると余計なことを考えず
目の前に集中するので、

さっきまで気にかかって

心を重くしていたことを
しばらく忘れることができます。

その間、コルチゾール分泌が減り、
あなたは自分の健康に
貢献したのです。

※前回の記事でも書きましたが、
「心配すること」で改善策は見つかりません。
逆に心身からエネルギーを奪い、不調にするので

「心配すること」は避けるべき
「心の生活習慣」であり、
そのための練習を日々続けることが
非常に重要です。


あるいは電車に乗る時

スマホからいったん手を離し、
あなたが立っているホームの床に
足が着いている感覚や

顔に当たる風の温度や強さ、
周りの人たちの話し声や
放送の音声に耳を傾けてみます。

電車に乗ったら、窓から見える
風景に集中したり、
電車から伝わる独特の振動を
改めて感じてみます。

そうすることで、
それまで常に頭の中に繰り返し流れていた、
ストレスフルな思考を
静めることができるのです。

いかがだったでしょうか?

「ここにいること」について初めて
お読みになった場合は、何か
難しそうに感じられるかもしれません。

しかし、そんなことはありません。
新しい考え方は、心のスキルであり
心の生活習慣ですが、

「生活習慣」である以上、
より良い新しい習慣に置き換え
それを毎日実行していくうちに上書きされ、

新しい生活習慣が
第2の天性になります。

ただ、これは新たなスキルなので
語学やスポーツと同様、
1度や2度の実施でマスターできるような
ものではありません。

「習慣を変えるぞ」という意思
毎日の繰り返しの練習が必要になります。

逆にいえば、最初はおぼつかなくても
練習すれば誰でも確実に
身につけられます。

それには特別な才能も、資格も、
道具も、お金も不要です。
いつでもどこでも、
身一つで実行可能なのです。

うつ病の治療に有効性が証明されている
心理療法の1つに「認知療法(CT)」
というものがあります。

これは

「ストレスの大きさは、
起きた物事そのものではなく、
それを自分がどう受け止めるかに
かかっている」

というのが基本コンセプトになります。

したがってCTによる対処法とは、
よりストレスが減るような考え方を
学び、それを身につけることになります。

ところで、CTに「マインドフルネス」
というものを組み合わせた

「マインドフルネス認知療法(MBCT)」

というものが1990年代に開発され、
多くのうつ病患者さんの治療に
試みられてきました。

※「マインドフルネス」というのは、
「ここにいること」と同じです。※

その結果、CTに比べてMBCTは
うつ病再発予防効果が2倍高い
ことがわかったのです。

つまり、「今ここにいること」に意識を
集中することを身につけられると、
うつになりにくくなり
なってもより早く回復できるのです。

あなたもぜひ、これを練習してみてくださいね。

以下は、マインドフルネス認知療法の
自習本です。(瞑想用の誘導CDつき)


浜野ゆり

浜野ゆり の紹介

ホリスティック精神科医。通常の精神医学や心理学の他、心身を癒す分子整合(オーソモレキュラー)医学にもとづく栄養療法や、催眠療法・瞑想・レイキ・アロマさらには占いも習得。これらをフル活用してみなさまの統合的健康と幸せ感獲得のお手伝いをします。
カテゴリー: うつ病   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2017年6月
    « 5月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930