心理カウンセリングで効果を上げるために、あなたに必要なものとは?


心理カウンセリングで効果を上げるために、あなたに必要なものとは?こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

前回の記事では、心理カウンセリングの
効果の有無を左右する2つの要因のうち、
カウンセラー側のことをお話しました。

今回はもう1つの要因、クライアント側、
すなわち相談する当事者=あなた
側の要因についてご説明します。

②クライアント側の要因

ポイントは以下の2つです。

a.「治してもらう」のではない

b.自分の中の原因を認め、
 自分で改善する行動力が必要

ともすると

「腕が良く、自分と気の合う
カウンセラーに出会えれば、

一人では思いもよらなかった
素晴らしいアドバイスを
受けることができ、それに従えば
たちまち悩みが解消する」

といった幻想を抱いてしまいがちです。

しかし実際には、カウンセラーとの
関係も、一つの人間関係です。

人間関係である以上、自分が
他の人との間に作ってしまう
好ましくないあり方を、つい

カウンセラーとの間でもまた作ってしまい、
カウンセリングの場が上手くいかなくなる
要因になることは珍しくありません。

例えば
「いつも他人に便利に使われてしまう」
パターンがある人の場合、

他人に対して正当な主張ができなかったり、
人の親切を素直に受け止められず
「皮肉だろうか?」
「何か後で不利な目に遭うのでは?」

などと勘ぐってしまい、
相手が善意で言動してくれているのに
それを受け取れない場合があります。

こういう人はカウンセリングの場でも、
カウンセラーの自分への理解や助言が
的外れだなと感じても自然な形で
修正を求められず、

間接的に不機嫌な態度をもって
知らせようとしたり、
カウンセリングの場からドロップアウトし、

「やっぱりカウンセリングなんて
(あるいは、あのカウンセラーも)ダメだった」

と結論づけてしまいます。

しかしいくら腕の良いプロであっても、
カウンセラーも人間。

相手を理解しそこねたり、的外れな
助言をしてしまうこともあります。

そこで

「それは違います」
「今いわれたことで、こういう気持ちに
なったので、気をつけてほしい」

などとクライアントに言ってもらうことで
カウンセラーも「ああ、そうなのか」と
気づけるので、
その後2人の関係はより深まります。

本当に仲の良い夫婦や親友は
喧嘩を建設的に繰り返しながら
お互いにとってかけがえのない
ものになっていきますが、

カウンセリングにおける人間関係も、
そのようにして両者の共同作業で
作り上げていくものなのです。

また、カウンセラーによっては、
面談の間に行なう宿題を出す場合もあります。

例えば認知行動療法においては、
ネガティブな思考が浮かんできた時に
何をしていたか、その時の思考内容、

それをどのように修正可能か、
その結果気分はどう変わったか、
などを記録するよう指示されるでしょうし、

対人関係療法なら、特定の身近な人
(家族など)に対して、それまでとは
違ったものの言い方を
練習するよういわれるでしょう。

より早く確実に自分を改善したいなら、
そうした課題に積極的に
取り組むことが必要条件です。

すなわち、「症状をきたした原因の、
少なくとも一部は自分にある」ことを
受け入れ、

自分を変えることで症状を
克服する(手なずける)のだ、という
意志が必要となるのです。

ちなみに私自身も医学生時代から10年間、
ほぼ毎週心理カウンセリングを
受けに通っていましたが、

そのカウンセラーに落ち着くまでには
3人のカウンセラーにかかりました
(ただし帰省時に面談したなど、最初から
1回で終わることがわかっていた人も含む)。

ですから、自分に相性が合うカウンセラーに
出会うまで数人試してみるのは悪くない
思いますが、

上記の2点の誤解を
自分がクリアしているかを確認
することは忘れないでください。

次回は、うつ病克服を邪魔する
5つの誤解の3番め、
「身体症状への誤解」
についてお伝えします。


浜野ゆり

浜野ゆり の紹介

ホリスティック精神科医。通常の精神医学や心理学の他、心身を癒す分子整合(オーソモレキュラー)医学にもとづく栄養療法や、催眠療法・瞑想・レイキ・アロマさらには占いも習得。これらをフル活用してみなさまの統合的健康と幸せ感獲得のお手伝いをします。
カテゴリー: うつ病   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2017年9月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930