アロマで認知症、糖尿病予防


アロマで認知症、糖尿病予防こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

シリーズ記事「うつ病克服を邪魔する
5つの誤解」の途中ですが、
興味深い情報を得ましたので
シェアしますね。

昨年末行われた、第18回
日本統合医療学会にて
大阪大学大学院生体機能補完医学講座
准教授の前田和久氏は、

マカデミアナッツをキャリア(希釈用)
オイルに使い、
精油(エッセンシャルオイル)としては
ペパーミントを使うことで、

血糖値の上昇を有意に防ぐ効果が
あることを確認しました。

具体的な手法(※1)は、この記事の末尾に
転載します(出典:「メディカル・
トリビューン」2015年1月22日号)。

エッセンスをかいつまんでご説明すると

<実験1>

・糖負荷試験(ブドウ糖が75g
含まれる実験用ジュース)を飲み、
30分ごとに120分後までを測定)
を行ないながら、

・健康人14例に対し

・マカデミアナッツオイルで
マッサージした。

・(比較のために使用した)ココナッツ
オイル使用者では変化がなかったが、
マカデミアナッツオイル使用者では
糖負荷後の高血糖の時間が短縮した

つまり、インスリン作用が改善した。

・マッサージありとなしで比較したら
マッサージした時のみ、効果が見られた

<実験2>

・重度肥満者2例に対し、
胃の部分切除をし、
術後のたるんだ皮膚部分に

ペパーミント精油(エッセンシャルオイル、
以下EO)を0.5%の濃度でマカデミア
ナッツオイルに混ぜて腹部をマッサージ。
これを3か月間施行。

・ペパーミント+マッサージをしない
場合に比べて約3倍の
 アディポネクチン(※1)が分泌された。

これらの効果が見られた理由として

マカデミアナッツオイル
多量に含まれるパルミトレイン酸
(血糖値を下げるために必要なホルモン
である)インスリン作用不全の改善に有効

ペパーミントEOに含まれる成分が皮膚から
 吸収され、アディポネクチン遺伝子
の発現を増加させ、アディポネクチン
 分泌が促進された可能性

を伝えていました。

ちなみに、この実験ではEOの濃度は
わずか0.5%。

日本で一般的な、イギリス式の
アロママッサージでも1~2%なので
EO自体の薬理作用は残念ながら
とても間接的になりがちです

(まあ、そのぶん、あまり知識のない人が
使っても、フランス式よりは
副作用が出にくいという
メリットはありますが)。

エッセンシャルオイル(イメージ)

フランス式では原液を塗ったり、
内服したりもするのですが
現在出回っているEOでこの基準を満たす
製品はほとんどありません。

ただ、その基準を満たす
某社のEOの場合、例えば

・コリアンダー
・シナモン
・クローブ
・レモングラス

などは血糖値安定をはじめ、
抗酸化作用があるので
他のいわゆる生活習慣病全般に有効です。

更に、フランス医療品質のEOなら
濃度そのものも上げられるので

ペパーミントEOなども、もっとずっと
高濃度で使用可能です。

私自身も、某社のEOと出会ってから
アロマへの認識と実際の使用法が
全く変わりました。

現在では、我が家の救急箱には
いわゆる標準医薬品はほとんど
入っておらず、
もっぱらEOのお世話になっています。

最近では認知症(特にアルツハイマー病)
が「脳の糖尿病」ともいわれ

持続的な高血糖が身体中を
酸化させる(つまり、サビさせる)
ことが発症の大きな要因になっている
ことがわかってきました。

ですから
高血糖を回避するのは
糖尿病や肥満の人だけでなく、
現代を生きる私たち全ての課題なのです。

※1 アディポネクチン

高血糖の低下、脂肪蓄積抑制、高血圧低下
からがん予防まで、生活習慣病予防に
全般に非常に有効な、ある種のホルモン。

残念ながら、加齢や肥満で
大幅に減ってしまいます。

以下のサイトでは、この情報を
わかりやすくまとめています。
「アディポネクチンとは」

※2 なお、実験で使われたEOの
メーカー名は不明です。

記事の中で私が書いた他のEOに関しての
作用は、フランスの医療基準をクリアした
ヤングリビング社のものであり、
私が知る限り、ここまでの高品質を
保っているのは同社だけです。

ですので、同じEO名であっても
他社の製品では同様の作用は
期待できないと考えてください。

それどころか、炎症やアレルギーなど
有害作用を発生する可能性が
ありますので、

絶対に他社のEOでは
原液使用や高濃度使用、内服等は
避けてください。

(上記の実験のように、
0.5~1%程度の濃度で
マッサージで使ってください。)

 


浜野ゆり

浜野ゆり の紹介

ホリスティック精神科医。通常の精神医学や心理学の他、心身を癒す分子整合(オーソモレキュラー)医学にもとづく栄養療法や、催眠療法・瞑想・レイキ・アロマさらには占いも習得。これらをフル活用してみなさまの統合的健康と幸せ感獲得のお手伝いをします。
カテゴリー: アロマセラピー   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2017年6月
    « 5月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930