うつを運動で治す方法とは?


うつを運動で治す方法とは?こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

前回のこのシリーズの記事では
「心理カウンセリングを有効にするために
必要ないくつかのコツ」
をお伝えしましたが、

今回は
「うつ病克服を邪魔する5つの誤解」
の3つめ、

3)身体症状への誤解:
   身体の症状と心の症状は別問題だ

についてお話しします。

例えば、

・ストレスで「胃に穴が開く」、
すなわち胃潰瘍になる

・いうことを聞かない部下への
ストレスで血圧が上がる

・緊張や不安が続くと
ぜんそく発作やアトピーが悪化する

といった事象はよく見聞したり、
ご自身も経験があるかもしれません。

上記は心→身体 への影響ですが、逆に

・空腹や睡眠不足時には、
ささいなことでイライラする

・頭痛や発熱時には
単純な考え事もままならない

・モヤモヤした気分だったのが、
しばらくジョギングして身体が温まったら
気持ちも楽天的になった

といった、身体→心 への作用も、
日常的に体験されていることでしょう。

このように、人の心身は
一つにつながっています。

ですから、メンタルな症状を
改善するのにも、
身体からアプローチすることは
非常に有効なのです。

ただ、まだまだうつ病の治療手段と
しての知名度は低い段階です。

その理由は、まだ学会が認めて
日が浅かったり、あまり広く
啓発活動をしていないからです。

日本を含む、世界各国の治療方針として
参照されるアメリカうつ病学会の
治療ガイドラインでも、2010年から
ようやく記載されるようになりました。

日本でも今後徐々に運動療法が
注目されていくでしょうが、
日本うつ病学会の、現時点での
最新版の治療ガイドラインでは、

運動療法は軽症例に対して選択可能な
「その他の療法」の1つとして
少し触れられているだけで、

これを読んだ精神科医が
「運動療法をぜひ患者さんに
勧めてみよう」
と考えるとは、とても思えません。

そしてほぼ全てといって良いくらい、
薬物療法について紙面が費やされていますが、

学会の財源の大きな部分を
製薬会社が提供しているということを
考えれば、それももっともでしょう。

運動以前の、散歩や家事レベルの活動でさえ
「うつ病になったら十分に休養をし、
回復してきて、気力が出てきたら
少しずつ散歩や家事などから活動を始めよ」

という方針が現在も引き継がれています。

しかし運動療法の考え方は

「最も重症の、寝たきりに
なるほどの症例の最初の数週間を除き、
少しでも身体が動くようになったら
積極的に外出や運動をせよ

という指導方針です。

そしてその具体的な運動内容は
「週2~3回、1回30分以上の有酸素運動」です。

「有酸素運動」とは呼吸を止めないで
行なう運動なので、速足歩き、ジョギング、
「スローステップ運動」

(リンクを貼ったこのサイトでは
ダイエットに主眼を置いて
紹介していますが、やり方は一緒ですし、

類似ページの中で最もわかり
やすかったので採用しました)、
ダンス、その他一般的な
スポーツ全般と考えて良いでしょう。

もちろん無理な負荷は不要ですが、
慣れてきたら、心拍数が明らかに
上がるくらいの強度が理想的です。

このときのポイントは
「必ずしも意欲はその時点では不十分でもOK
という点です。

気が進まなくても身体を動かしていると、
そのうちに

全身の血液循環が良くなる
→脳の血の巡りも良くなる
→脳細胞への酸素供給量が増える
気分が上がり、意欲が出る

という流れになるからです。

また、今後は上記の運動以外のもの――

まだあまり運動する体力気力がなくても始められ、
それでいて気分改善効果の高いいくつかの方法を
ご紹介していこうと思います。


浜野ゆり

浜野ゆり の紹介

ホリスティック精神科医。通常の精神医学や心理学の他、心身を癒す分子整合(オーソモレキュラー)医学にもとづく栄養療法や、催眠療法・瞑想・レイキ・アロマさらには占いも習得。これらをフル活用してみなさまの統合的健康と幸せ感獲得のお手伝いをします。
カテゴリー: うつ病   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2017年9月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930