栄養療法で気分が改善した後は、ここに要注意


栄養療法で気分が改善した後は、ここに要注意こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

前回の記事では

うつ病克服を邪魔する5つの誤解
の4つめ、

3)栄養への誤解:
   栄養とメンタルは無関係、
   せいぜい気休め程度

の前半をお伝えしました。

今回はその続きです。

統合失調症の2人の患者さんの例です。
(個人が特定できないよう
編集を加えていますが、
事例のエッセンスは保たれています)

<事例>30 代女性、統合失調症

30 代女性。

20 代のときに仕事を
がんばりすぎて徹夜が続くうちに、
次第に

「周りの人たちが私の悪口を言っている」
といった幻聴
「どこにいても誰かに見られている」
「自宅に盗聴器がしかけられている」

との被害妄想を持つようになり、
出勤できず自宅の窓にガムテープで
目張りをするなどの行動が
見られるようになりました。

実家暮らしたったため親が異常に気づき、
精神科に連れていくと、
統合失調症の診断にて投薬開始。

すると症状はある程度軽減したものの、
薬の副作用で倦怠感がひどく、
一日中自室で臥せっている
状態になってしまいました。

この方は
「親に迷惑をかけたくない」
との一心から、

小康状態の日に
一人で栄養療法クリニックを初診。

血液検査から、特に不足の強かった
タンパク質・鉄・ビタミン B 群
とナイアシンの治療用
サプリメントを処方しました。

特にナイアシンは大目に出したところ、
数日後から強い不安感、絶望感が
やわらぎ、落ち着いて考えることが
できるようになり始めました。

この時の体験を彼女は後に、
以下のように述懐しています。

「ナイアシンをのむようになったら、
それまで真っ暗だった頭の中に
豆電球が灯ったようだった。
周りがまた『見える』ようになった」。

その後は、 1 種類の薬を
就寝時に半錠から 1 錠のむだけで
ほぼ安定して過ごせるようになり、

短時間のアルバイトから
徐々に仕事に就くことが
できるようになっていきました。

なお、薬物療法の項でも述べましたが、
症状が治まっても、
その良い状態を維持し、
生活レベルを向上するためには、

自分で自分を訓練する
意志が重要なのは、
栄養療法においても同様です。

 
<事例>症状が治っても、社会的・心理的訓練は必須

以前私がクリニック外来で担当した
40 代の男性は統合失調症の方で、

20 代に発症し、およそ 15年間
自宅で家族以外とは
ほとんど接してきませんでした。

栄養療法で幻聴や妄想といった
症状は治まりましたが、

社会人としてやっていくには、
まずは他人の集団の中に入り、
いろいろな人たちとのやりとりを
通じて人間関係を築き、

調整していく能力を
磨いていかねばなりません。

通常は 10-20 代の
多感な時期を学校や会社で過ごして、
時には誤解を受けたり、喧嘩したり、
和解したりする中で、

人との接し方や自分の精神状態の
なだめ方を学んでいくものですが、

この方はその期間をほとんど
そういった社会訓練に使えなかったため、
40 代になってから学んでいかねばなりません。

これはなかなかハードルの高い、
不安をもたらす経験ですが、
やるしかありません。

この方もわずか週 1 回、
1 日 2時間のデイケア

(同病の患者さんたちのための
サポート活動で、保健所や
メンタルクリニックなどが開催)

でさえ、最初は
なかなか続けられず、
脱落しがちでした。

本人およびご家族にも伝えましたが、
何度失敗しても良いので、

あきらめずにそうした
他人のいる場に参加する練習を
し続けることが肝要となります。

そして上手くいかなかった場合は
その理由は何か、
次回同様な場面になったら

どのように発言したり
行動すれば良いのかを、
個別にカウンセラーに何度も
アドバイスしてもらう必要があります。

やはり最終的には、自分で
自分の心をマネジメントするスキルを
学んで身につけていくことが重要なのです


浜野ゆり

浜野ゆり の紹介

ホリスティック精神科医。通常の精神医学や心理学の他、心身を癒す分子整合(オーソモレキュラー)医学にもとづく栄養療法や、催眠療法・瞑想・レイキ・アロマさらには占いも習得。これらをフル活用してみなさまの統合的健康と幸せ感獲得のお手伝いをします。
カテゴリー: うつ病   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2017年11月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930