うつ病――その原因としての生活習慣


うつ病――その原因としての生活習慣こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

精神科医の井原 裕氏は、うつ病を
生活習慣による病と見て、
改善はまず生活習慣の是正によるべきだ、
という主張をしています。

しごくまっとうな主張なのですが、
これがことさら「特別」っぽく聞こえるとしたら、
それは現在の「標準精神医学」が
薬物療法にばかり頼っているからです。

(ちなみに、最近は行き過ぎた薬物療法への
アンチテーゼから「精神科は全部悪」
「精神医療そのものの存在が不要」などと
極端な主張をする人々――医師を含めて――
もおられますが、

井原氏は「理性に基づいた思考」と
「中庸」を重視する立場のようで、
この点は私も同意する者です)

井原氏の主な論点は

・人間が健康を保つには睡眠の絶対量、
すなわち平均7時間×7日間=約50時間 の睡眠が
毎週ごとに必要である

長さ以上に睡眠リズムが重要で、
平日睡眠不足だからといって
週末寝だめすると睡眠サイクルが乱れる。

これは海外旅行で「時差ボケ」を起こすのと一緒で、
これでは身体症状(だるさ、めまい感、
食欲低下、頭痛等)はもちろんのこと、

うつ気分や意欲・集中力の低下など
精神症状が出てくるのも当然である

・したがってうつ病の予防や改善のために
まずすべきことは、抗うつ薬をのむことではなく、
生活習慣特に睡眠リズムを保ち、
最低限の睡眠時間を確保することだ

というものです。

浜野としては、ここに2点ほど、追加/併用すると
さらに良いのではと感じる治療法があるので、ビタミン
ご紹介しますね。

1)高照度光療法

特に高緯度地方や(日本なら)北陸地方など、
冬場に日照時間が減る地域では特にそうですが、
秋から冬にかけてうつ状態が悪化する
「季節性うつ病」というものがあります。

またうつ病というほどではないが、雨降りや
どんより曇った日には特に これといった理由もないのに
気分が沈む、といった人も、軽度のものを含めれば
結構多くおられるのではないでしょうか。

そうした状態に使うと良いのが、
おおむね2500ルクス以上という高照度の光
を出す機器に、午前中1~2時間当たることです。

これにより、睡眠-覚醒リズムをコントロールする
メラトニン」というホルモンの分泌量増加を促し、
その結果、夜の睡眠に入りやすくします。

ここ数年は一般向けの高照度光療法機器も
通販されるようになり、以前よりも
ぐっと入手しやすくなりました。

例えばこのような例。

(リンク先は一例です。
機能説明等をよくお読みになり、
他とも比較しての選択をお願いします。)

高照度光療法については、以下をご参照。
日本を元気にする光療法の総合サイト


2)栄養療法

眠るには、そのための栄養が
脳にあることが必要です。

よく「セロトニンの含まれるもの(牛乳など)を
寝る前に飲むと眠りやすくなる」などとも
いわれますが、

それを脳内に取込み、
正しく代謝するにも栄養素が必須で、
その代表的なものがビタミンB群です。

現代人は糖質(砂糖のみでなく果糖やブドウ糖、
ハチミツ、ご飯やパン、麺類、スナック菓子、
そしてアルコール等々…)を毎日過剰に摂取しており、

その代謝に多量のビタミンB群を
消費してしまうため、眠りに回す
余力がなくなっている人が多くいます。

タンパク質や、その分解産物であるアミノ酸と
一緒にB群を十分量摂ることで、
眠りの質も長さも改善します。

注意点は、そうしたサプリ(特に市販の
安売り品)は品質が悪いものが多いことです。

日本でも名の知られている、アメリカの
某社のサプリは「医薬品と同等の品質管理」
をうたっていながら、実際に第3者が
外注で成分分析をしたところ、

例えば「ヘム鉄」サプリにヘム鉄がゼロ
だった例もあり、要注意です。

新宿溝口クリニックでは、最初から治療用の
独自のサプリを開発しているため、確実に
治療品質を使いたい方は受診されると良いでしょう。

(ただしサプリのみの販売はしていません。
クリニックでの栄養療法を行なうことが前提となります)

ちなみに先のメラトニンに関しても、
治療用のサプリもありますので、
併用されるとさらに効果的です。

最後に、冒頭でご紹介した
井原氏の書籍ページへのリンクも
貼っておきます。


浜野ゆり

浜野ゆり の紹介

ホリスティック精神科医。通常の精神医学や心理学の他、心身を癒す分子整合(オーソモレキュラー)医学にもとづく栄養療法や、催眠療法・瞑想・レイキ・アロマさらには占いも習得。これらをフル活用してみなさまの統合的健康と幸せ感獲得のお手伝いをします。
カテゴリー: うつ病   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2017年6月
    « 5月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930