来年を充実させるために、今意識すると良いこと


来年を充実させるために、今意識すると良いことこんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

大晦日ですね。
今年は、あなたにとってどんな
1年でしたでしょうか?

脳科学・心理学・経営学を使って
助言をしておられる
経営コンサルタントの中井隆栄氏は、

「人生が幸せと感じるかどうか、
充実した人生だったと感じるかどうかは、
それまでの人生で経験したことの
記憶の蓄積が決めることだ」

といっておられます。
つまり、同じ経験をしても

「こんな良いこと、楽しいことがあった」
「こんな良い人に出会った」

といった記憶が多いとそれは
「充実した人生だった」と感じますし、

ネガティブな記憶が多いと感じれば
「辛い(あるいは、つまらない)人生だった」
ということになります。

 

私のホリスティック・カウンセリングを
お受けになるクライアントさん方もそうですが、

人間は意識して記録をしておかない限り、
せっかく日々体験していることも
その場限りのこととして
スルーしてしまいがちです。

そうすると、喜ばしいことはすぐに忘れ、
嫌な体験は(印象が強いので)頭の中で
何度もぐるぐる反復して考えてしまうのです
(これを思考の反芻[はんすう]と言います)。

その結果、

「自分の人生、辛いことばかり」
「今後も良いことなど
なかなか起こらないのでは…」

というネガティブ思考に支配されやすくなり、

そして、人は自分が意識している
フィルターを通してしか
世界を認識できないので、

実際には良いことだって起きたし
良い人との出会いもあったのに
それを忘れ、

自分の周りには悪いことばかり
起こっているように感じてしまい

「ほら、やっぱり自分の人生はろくなことがない」

という認識、価値観を強めてしまいます。

ネガティブスパイラルですね。

しかし同じ経験をしても
たとえささいな点でもポジティブなことを
マメに記録しておくと

「結構、楽しい気分になる瞬間もあったんだな」
「あの人、そういえばこう言って
励ましてくれたんだな」

などと思い出すことができ、
落ち込みがちな日にエネルギーをくれます。

また、一見嫌な経験にしか
見えないことでも、その中にある、
自分を成長させてくれる要素に
注目することにより、

その経験が単なる災難や不運ではなく
自分がより良い人生に向かっていけるように
貢献してくれていたのだ…
と思えるようになります。

この「視点の転換」が充実した人生や
幸せ感を手に入れるためには必須
なのですが、それを毎日日記をつけるだけで
可能になるのです。

それには、何か経験したら
忘れないうちにその詳細を
書いておくことが必要です。

・・・

以上が日記形式の記録についてですが、

以下の中井氏の音声(ポッドキャスト)では、
年末ということで、来年に向けて
今年1年の振り返りをしましょう、
という提案をされています。

「本当の意味での『幸せな成功』とは?」

中井氏ポッドキャストicon

私もやってみました。

すると、「今年は仕事ばかりで
バタバタしていて、
なかなかプライベートな活動を
十分できなかったな」

と思っていたのですが、
書き出してみると、結構
こまめに日帰り温泉
(伊豆に住んでいるので)

に行ったり、湖畔を散歩したり
上京時には美術展を
夫と観に行ったりして
いたことが思い出されました。

仕事や、仕事関係の学びの場でも
いくつもの人との出会いがあり、

「うん、結構継続的に
活動してたんだな」
と、自分の行動を認める
ことができました。

・・・

新年の目標設定する際は、
現状認識、特に自分が今年
できたことを認めてあげる
ことが大事です。

なぜなら、自分を認めることで
次の行動化へのエネルギーが
出てくるからです。

あなたも手帳を見返して、
今年1年の振り返りを
してみませんか?


浜野ゆり

浜野ゆり の紹介

ホリスティック精神科医。通常の精神医学や心理学の他、心身を癒す分子整合(オーソモレキュラー)医学にもとづく栄養療法や、催眠療法・瞑想・レイキ・アロマさらには占いも習得。これらをフル活用してみなさまの統合的健康と幸せ感獲得のお手伝いをします。
カテゴリー: メンタルヘルス, 幸福度   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2017年4月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30