休んでこそ脳機能はアップする――長時間労働は生産性が低い


休んでこそ脳機能はアップする――長時間労働は生産性が低いこんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

あなたは、きちんと休んでいますか?

仕事をがむしゃらに長時間するよりも
適度に休むことがパフォーマンスを上げること、

すなわち
「休むのも能力のうち」
だと、理解・納得しておられるでしょうか?

現在米国留学中の精神科医の西多昌規氏

「東洋経済ONLINE」

の中で、以下の内容を書いておられます。

ーーーーー
厚生労働省が10月中旬に発表した
「就労条件総合調査」(2015年)によれば、
常用雇用が30人以上の4432法人のうち、
2014年の年休取得割合は、47.6%に過ぎなかった。

100%近い国もある欧州や
70%台のアメリカなどと比べても、
日本は依然として先進国の中では
最低水準を記録し続けている。
ーーーーー

その背景として、

・「みんなが忙しいのに、自分だけ休むのは申し訳ない」
という自責感や罪責感

・「みんなが忙しいのにお前だけ休むなんて」
という攻撃性

といった感情的な問題が潜んでいることが、
休みをとりづらくしている遠因なのでは、
と述べています。

さらに、

ーーーーー
休みは疲労解消といった防御的な働きだけではなく、
もともとの自分のパフォーマンスを高めてくれる
というポジティブな作用もある。

睡眠には、日中に学んだ必要な記憶・経験を
脳内で増強させる学習促進作用があることは、
数多くの学術論文が示しているし、
わたしたちも経験することでもある。
ーーーーー

と述べ、例えば
一夜漬けの試験勉強の内容は
あっという間に忘れてしまう例
を挙げています。

このように脳機能上も、休むことが
本当の意味でパフォーマンスを
上げることに必要なのです。

そして、以下のように結んでいます。

ーーーーー
筆者は現在、米国のスタンフォード大学で
短期間の在外研究を行っているが、
米国人は休み上手であるとつくづく思う。

夕方は5時前から帰宅ラッシュ。

金曜日に仕事を頼んでも、
実際に動き始めるのは
週明けからのことが多い。

しかし、彼や彼女らの仕事の質が
決して低いわけではまったくない。

たとえばスタンフォード大学のある
シリコンバレーでは、グーグルや
フェイスブックに代表される
世界的なイノベーションが、
今も非常に活発に動いている。

長時間労働をしても生産性には劣る、
自分を含めた日本社会が悲しく見えてくる。
ーーーーー

そういえば私も以前、
大きな病院に勤めていた頃、
精神科部長が交代した際に、
後任の人(大学の先輩)が、当初は

「人間、休みもきちんと取らねば、
本当に良い仕事もできない。

だから、自分が部長になったら、
全員、夏休みや年末年始休暇は
2週間ずつ取れるようにしよう!」

と言っていたのですが、
就任した途端、いつのまにか
先例通りに「最長でも1週間」
に収まってしまいました。

やはり自分が管理者側になると、
部下の休みを長く取らせることによる

交代要員の仕事の割り振りなどの
体制作りが不慣れなので嫌だ、
となったのかもしれません。

でも「グーグル」や「フェイスブック」
をはじめ、本当に革新的で
世の中に必要とされる事業を
やっている会社は、

仕事への心構えも、
他とは違うのでしょうね。

下記のような本が出版されているのも
今という時代を象徴していると感じます。


浜野ゆり

浜野ゆり の紹介

ホリスティック精神科医。通常の精神医学や心理学の他、心身を癒す分子整合(オーソモレキュラー)医学にもとづく栄養療法や、催眠療法・瞑想・レイキ・アロマさらには占いも習得。これらをフル活用してみなさまの統合的健康と幸せ感獲得のお手伝いをします。
カテゴリー: メンタルヘルス   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2017年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031