引きこもりは子供の自尊心の低さを示しており、親が無条件の愛を与えることで癒される


引きこもりは子供の自尊心の低さを示しており、親が無条件の愛を与えることで癒されるこんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

最近は不登校の子供が増えており
社会問題になっています。

あるいは、社会人になってとうに
自立しているはずの年齢で
何年も実家に居続け、

心理的にも経済的にも
親頼みの生活を続けている人も、
まれではなくなりました。

子供が不登校になると、親は
「とにかく登校を再開させよう」
と、説得したり、

「高校くらいは出ておかないとやっていけないぞ」
「大学に行かないと、ろくな仕事に就けないぞ」

などとプレッシャーを与え、
親が良しとする進路に早く
子供を戻そうとします。

しかし子供の方は、そのような
親の「まず結論ありき」
の価値観や言動にこそ
反発しているので、

この方針だと上手くいきません。
たとえいったんは再登校しても
また行けなくなるでしょう。

で、不登校になるきっかけは
多くの場合、クラスメイトや
担任教師に嫌な態度を取られた、
いじめられた、理解してもらえなかた
といった、自尊心を傷つける体験であり、

不登校になる子は、その前の段階で
親にも

「十分に愛してもらえている、
自分は価値ある存在だ」

と感じられていないので、
とても脆い自尊心の状態です。

だからこそ、学校での行き違いや
自分を支えてくれない人や
攻撃してくる人がいると

たちまち委縮し、怖くなり、
登校できなくなるのです。

自尊心がある程度育っていれば、
ネガティブな対応をしてくる人がいても

「自分が悪い」からではなく
「相手の問題」だと、心理的に
距離を置いて見られるので、
さほど動揺しないで済みます。

で、多くの親が良かれと思って
やっているが、
実は子供を傷つけているのが

「成績が良い時はほめるが、
他の場面ではなかなかほめない」

「人を学歴や職業など、肩書で
評価し、価値づけする」

といった姿勢です。

これだと、子供も、成績が良いうちは
親に認められて自尊心を保てますが、

ひとたび周囲の人の方が成績が良い、
学歴が良いなどの環境に入ると
自尊心を保てなくなり、
登校をできなくなってしまうのです。

子供が最も求めているのは、
親の無条件の愛です。

無条件とは、

「成績や学歴や容姿など、
外側の条件に関係なく、

あなたは私の子供で、だから
私(親)はそれだけで、
あなたがいつも大好きで
すごく大事なんだよ。

無事に生きていてくれるだけで
私は嬉しいし、幸せ」

と、折に触れて伝えていくことです。

精神科での外来にも、
定期的に不登校の子供を連れた
親が相談に来られます。

子供をほめて、自信をつけさせて
あげるのが親の一番の役割ですと
説明すると、

「でも、あの子は、ほめられる点が
あんまりないんですよね~」
などといわれることがあります。

そこで、私は、上記のような説明をします。
そして、どんな些細なことでも良いので、
毎日自分の日記代わりに、子供の
「長所を3つ」書く、という課題を出します。

また、折に触れて親の方から
子供に、子供自身の良い点を
口に出して伝えるようにしてもらいます。

最初は親が照れくさいと抵抗したり、
子供が親の急な変化に驚いて
気持ち悪がったりもしますが、

毎日続けていくとそれが新たな
良い習慣になり、これが子供の心も
親の心も癒します。

両者が癒されれば、当然
自然体の会話が生まれやすく、
そうすると子供の方も次第に
親に心を許し、本音を話しやすくなるでしょう。

この段階で初めて、
「なぜ、登校できなくなったの?」
「今後、どうしたい?」
と、冷静に話し合える場が作れるのです。

更にいえば、子供をなかなかほめられず
欠点の指摘ばかりしたくなるのは
多くの場合、親自身も自尊心が低く、
自信がないので、

実際には親も自分の長所を
見つける練習をする必要があります。

このため、子供の長所日記を書くとか
子供をほめる更に前段階として
親自身の「自分ほめ日記」を
課題に出すことも多いです。

全ての人間関係は、あなた自身の
内面を反映しています。

身近な誰かの言動に不満を持つとき、
実際には自分自身のそうした面を
認められず、見ないようにしてきた
場合がほとんどです。

つまり、自分ごととしては
つい否認してしまうことを、
あなたの身近な人に投影して
感じてしまうのです。

なので、子供の言動でカチンとくる
ことがあるならば、それは
ご自身の何に気づかせようとしているのかを
心に問うてみてくださいね。


浜野ゆり

浜野ゆり の紹介

ホリスティック精神科医。通常の精神医学や心理学の他、心身を癒す分子整合(オーソモレキュラー)医学にもとづく栄養療法や、催眠療法・瞑想・レイキ・アロマさらには占いも習得。これらをフル活用してみなさまの統合的健康と幸せ感獲得のお手伝いをします。
カテゴリー: ストレス, メンタルヘルス   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2017年6月
    « 5月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930