休職を繰り返す人は、被害者意識、「~のせいだ」という思考から離れられないという事実


休職を繰り返す人は、被害者意識、「~のせいだ」という思考から離れられないという事実こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

私は精神科産業医として、現在
数社の企業等の社員と面談する
機会を持っています。

従来の方式でも「保健相談」
ということで、社員と産業医が
面談することはあったのですが

昨年末から、従業員50人以上
の事業所(会社)では
社員への「ストレスェック」制度
が義務化され、

この年末までに実施しなければ
ならなくなったので、
「ストレスチェック後の産業医面談」
が徐々に増えてきています。

で、新制度になる前からも
その後も共通するのが、
一部の社員で、休職を繰り返す
人がいること。

なぜ、同じような環境でも
復職を果たす人もいるのに
一部の人は繰り返してしまうのか?

年間1000人近くの社員面談を
してこられた産業医、武神先生が
動画でわかりやすく
説明しておられます。

 

 

私の「ホリスティック・カウンセリング」
でご相談になる方々の中でも
なかなか前進ができない人は
この動画と同様の傾向があります。

人は誰でも、自分がすでに
慣れ親しんだ価値観や行動パターン
から出たくありません。

自分を変えず、他人や
周囲の環境に変わってもらいたがります。

しかし他人や環境は
自分の内面の反映なので、
まず自分を変えない限り、
現実環境も変わらないのです。

端的にいうと

①自分を「被害者」と思わず、
不本意なことになった原因の
少なくとも一部は
自分にもあることを認める

②「誰々のせいでこうなった」
との恨みや怒りを手放す

この2点が必須であり、
ここを避けている限り
どんなに時間が経過しても、
どんな職場に転職しても

その課題をクリアするまでは

「ほら、これがあなたの課題だよ。
目をそらしても、
なかったことにしようとしても
無理だよ」

といわんばかりに
同じ問題が繰り返し
起こってきます。

休職に限らないですが
「いつも同じことを繰り返しているなあ」
と感じているなら、

あなた自身の内面への取り組みを
本格的にするべき時期だ、
というサインだと受け取る必要があるでしょう。

 


浜野ゆり

浜野ゆり の紹介

ホリスティック精神科医。通常の精神医学や心理学の他、心身を癒す分子整合(オーソモレキュラー)医学にもとづく栄養療法や、催眠療法・瞑想・レイキ・アロマさらには占いも習得。これらをフル活用してみなさまの統合的健康と幸せ感獲得のお手伝いをします。
カテゴリー: うつ病, ストレス, メンタルヘルス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2017年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031