自分を「老けた」と思っている人は、本当に認知症になりやすい


自分を「老けた」と思っている人は、本当に認知症になりやすいこんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

あなたは今、何歳ですか?
そして、ご自分を
その年齢のイメージと比較して、

「若い」と感じていますか、
それとも「老けている」と
感じているでしょうか?

先日送られて来た
医師向けのニュースレターで
興味深い記事がありましたので、
シェアします。

フランス・モンペリエ大学の
Yannick Stephan氏らは、

主観年齢(つまり、実年齢に対して
自分が主観的に感じている年齢)
と認知障害や認知症リスク
との関連を検討しました。

The journals of gerontology誌
(オンライン版、2016年7月19日号)
の報告です。

ーーーーー

高齢者が実年齢よりも
高齢だと感じることが、
実際に急激な認知機能低下と
関連するといわれている。

対象は、Health and Retirement Studyの
被験者である65歳以上の高齢者5,748例。

対象者は認知機能障害のない者だけで、
調査後2~4年間フォローアップされた。

フォローアップ期間中、対象者は

「正常機能」
「認知症ではない認知機能障害(CIND)」
「認知症」

の3群に分類された。

主な結果は以下のとおり。

・調査開始時の主観年齢の高さは、
フォローアップ時のCIND、および認知症
の傾向と関連していた

(年齢、他の人口統計学的要因、
調査開始時の認知機能で調整後)。

・運動不足と抑うつ症状は、
部分的に関連していた。

結果を踏まえ、著者らは

「主観年齢の高さは、
その後の認知機能障害や
認知症リスクのマーカーとなりうる」

としている。

ーーーーー

つまり、同じ年齢で、
同じように健康な人でも、
「主観年齢」つまり

「(暦上の客観的な年齢に対して)
自分は●歳相当だ」

という年齢が、客観的年齢よりも
高い、すなわち「老けている」
と感じている人は、

実際にその後認知症になる
リスクが高まってしまう、
ということです。

「病は気から」といいますが、
普段から
「自分は若々しく健康だ」
と感じ、思うか、

それともことあるごとに

「ああ、老けたなあ」
「年を取るのって嫌ねえ」

と思うかで、実際の加齢の仕方が
変わっていき、それが
実際に認知症になるかならないかにまで
影響するのです。

つまり

「私は今も、これからもずっと
若々しく、元気である」

と思い込んだ方が、現実的な
アンチエイジング効果を持つのです。

 

ならば、「楽観的な思い込みだ」
などという、自他の批判の言葉が
聞こえてこようとも、

ポジティブな思い込み路線を
進んだもの勝ち、ですよね。

いくら他人の目、
世間の意見を尊重しても
あなたの人生には替えられません。

他者や世間はあなたの人生の
責任は取ってくれません。

ただただ、その場その場で
無責任な思いつきの意見を
述べるだけです。

そんなものを人生の方針に
するのではなく、
あなた自身が本当にありたいように
生きた方が遥かに良いではありませんか?


浜野ゆり

浜野ゆり の紹介

ホリスティック精神科医。通常の精神医学や心理学の他、心身を癒す分子整合(オーソモレキュラー)医学にもとづく栄養療法や、催眠療法・瞑想・レイキ・アロマさらには占いも習得。これらをフル活用してみなさまの統合的健康と幸せ感獲得のお手伝いをします。
カテゴリー: 認知症   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2017年6月
    « 5月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930