金運アップする行動の仕方ーーそのコツと落とし穴


金運アップする行動の仕方ーーそのコツと落とし穴こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

そして、新年おめでとうございます。
初記事がこの時期になったので
ちょっと遅いご挨拶ですが(笑)、
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

「天に唾(つば)する(吐く)」
ということわざがあります。

これは、他人に害をなすと
それが巡り巡って、自分にも
同じような悪いことが起こる、
という意味ですが、

潜在意識の性質からしても、真実です。

というのも、以前の記事
潜在意識は自他の区別がない――潜在意識の性質その1

にも書きましたように、
潜在意識、つまり深層心理レベルでは
自分と他人の区別ができないので、

他者に悪意を持って
(あるいは、うっかりであっても)
やったことは

「自分もそのような悪いことを
受けるような人間である」

ということを宣言することとなり、
そうなるようにいつの間にか言動してしまい、
結果として実際に自分にも
不運や不幸をもたらすのです。

「いや、私は極力善意で人と関わるようにしている。
人に悪意を持って害をなすなんて、していない」

と思われるかもしれません。

しかし、アメリカのスピリチュアル・リーダーの
ルイーズ・ヘイはその音声セミナー

「21日間ワーク ルイーズ・ヘイの
自分を変えるアファーメーション」

の中で、こんな例を挙げています。

・勤務先のオフィスのクリップや切手、
ペンなどのちょっとした備品を
勝手に持ち帰り、そのままにする

(もちろん、持ち帰り残業のために
必要なら良いですが、それも済んだら
会社に持ち帰るべきでしょう)

・他人からその友人や恋人を奪う

などです。

また、例えばこんなことをする人を
見たことはありませんか?

・人から借りた物を汚したまま返す

・車を借りたのに、ガソリンを使ったまま
補給せずに返す

・割り勘で会食したのに、支払の時に席を外し、
なかなか払わないとか、消費税分を払わない

更に、
『 わたしが神さまから聞いた、
お金の話をしていいですか?』

の中で著者は、
「時間とお金は互いに括り(カテゴリー)にある」
と述べています。

どういう意味かというと、

「他人にお金や時間を気持ち良く与えた人は
自分も十分なお金や時間を得る。
他人のお金やお金を浪費させた人は
自分もお金や時間を浪費させられることになる」

ということです。

上記の本の中の一例では、
ある会社員の女性がアシスタントに
仕事を依頼するのに、どんなに余裕をもって
依頼しても必ず納期に遅れる、

プライベートでも、楽しみにしていた
会合やイベントがドタキャンされる
などが続いていました。

著者が彼女の状態をリーディングし、
実家住まいの彼女が家に
何も入金せず、いわば
「ただ飯」を食べている状態であったため、

それを埋め合わせるものとして
「時間で支払う」
ことをすることになっていた
ことがわかったのです。

そこで彼女は毎月きちんと
実家に生活費を入れるようにしたところ、
件のアシスタントは間もなく異動となり、
きちんと仕事のできる人に替わりました。

プライベートでも予定通り
楽しめるようになったそうです。

・・・

また、これは著書とは別ですが、
例えば遅刻癖があって
いつも人を待たせる人。

その人は、相手の時間エネルギーを
奪っています。

こうした人の場合、自分自身も
人が約束通りの期限を守ってくれないとか、

最初に取り交わした支払い契約を
延び延びにされたり、
あげくには踏み倒されたりしますが、

エネルギー的観点から見れば
それでようやく「貸し借りなし」
になるのです。

つまりその現象は、
自分で招いたもの=自業自得なのです。

では、どのようにすれば
お金回りがより良くなるのでしょうか?

上記の本にはそのための心掛けが
いくつも載っているのですが、
そのうちの1つを挙げておくと

「余分に払ったお金は臨時収入でかえって来て、
出し惜しんだお金は不意の出費として出ていく」

です。

払うべきお金はもちろんのこと、
義務ではないが払った方が望ましいお金、
例えば――

・より良いサービスを受けたとき
・丹精込めたものごとに出会ったとき
・迷惑をかけたとき

など、心づけ、お祝い、お礼の類
が、これにあたります。

その意味でも、結婚式などのご祝儀なども
あまりにも出し惜しみすること

(先方が開封したとき、がっかりするような、
非常識な額しか入れないなど)
をすると、そのつけは後で
しっかり支払わせられることになります。

それは例えば、

・自分や家族が病気や事故に遭い、
入院することになった

・車で事故を起こし、
修理が必要に

・子供が隣家の窓ガラスを壊し、
弁償することに

・親が「オレオレ詐欺」などで
だまされた

等々です。

上記著者は述べています。

「他人をがっかりさせたり、
余計な気を遣わせたりすると、

自分にも、
がっかりさせられたり、
ストレスでハラハラさせられる
ようなことが起こります。

逆に、義務ではないが相手が喜ぶことに
気持ちよくお金を払うと、
そのお金は別のところから、
別の形でかえってくるのです」。

多少懐が痛んだとしても、
(見栄からではなく)
人を喜ばせるためにプラスアルファの
お金を払う人は、

のちに臨時収入という形で
喜ばしい追加の入金を
受け取れるのです。

新しい1年。

今年、金運を上げるために、
あなたのお金の使い方、
支払い方を振り返り、
より良い形にしていきませんか?


浜野ゆり

浜野ゆり の紹介

ホリスティック精神科医。通常の精神医学や心理学の他、心身を癒す分子整合(オーソモレキュラー)医学にもとづく栄養療法や、催眠療法・瞑想・レイキ・アロマさらには占いも習得。これらをフル活用してみなさまの統合的健康と幸せ感獲得のお手伝いをします。
カテゴリー: スピリチュアル, 潜在意識   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2017年3月
    « 1月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031