完璧主義は悪徳です


完璧主義は悪徳ですこんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

「仕事をはじめ、やると決めたことは
きっちりやらなければならない」

というのは、先進国――殊に日本やアメリカ
といったビジネスの最先端では、
常識とされる価値観です。

特に現代は

・安全性の重視される交通、土木建設分野

・直接お金の関わる金融分野

・全世界と瞬時につながっており、
セキュリティ対策が特に重視されるIT分野

・人命に直接関わる医療分野

などをはじめ、完璧性を求めて
「ダブルチェック」「トリプルチェック」が
マニュアル化されるなど、

極力漏れやミスが
出ないように工夫されており、
もちろんそれは大変大切なことです。

ただ、こうした完璧主義も行き過ぎると、
特に心理面では、害にもなってきます。

そうした例を、これまで多くの
患者さんで見てきました。

完璧主義が行き過ぎると、うつや不安が
強まりやすくなってしまいます。

同じストレスを受けたとしても、
完璧主義の人は「まだ足りない点」に
ばかり目が向くため、

うつ病や、不安障害関係
(例 パニック障害、社交不安障害、強迫性障害など)
を発症しやすくなります。

仮に初発後、早期に精神科を初診して薬が効いたとします。
それは幸いなのですが、
薬はあくまでも対症療法に過ぎません。

例えば歯痛がした時に、鎮痛剤をのめば
とりあえずは痛みが消えるでしょうが、

虫歯そのものの治療や、虫歯を新たに
作らないような食習慣・歯磨き習慣を
身につけない限り、近いうちに必ず痛みは再発しますし、

虫歯を放置すれば進行し、ついには
痛み止めが効かなくなってしまいます。

完璧主義も同じです。

「行き過ぎた完璧主義が自分にあること
自覚し、それを減らす訓練」
という根本治療をしない限り、

精神症状が再発しますし、
根本治療をしないでいると徐々に進行して、

薬では効かなくなっていきます。

例えばうつ病の場合、
「今日はここまでの作業をすべきだ」
と決めたら、予想より時間がかかって
もう疲れているのに、

無理に仕上げようとして調子を崩したり、
「先月は不調で仕事をできなかった。
今日は比較的体力があるから、
今のうちに多めにやっておかないと」

と、計画上は明日でも問題はない課題まで
片づけようとがんばってしまい、
また調子を崩す
・・・という例を、多く見てきました。

私も完璧主義の傾向がありますし、
過去に学業や仕事をできなくなるほどの
うつ状態になったこともあるので、

その気持ちはよくわかります。

しかしそこはぐっと抑えて
「最低限だけやれば良い」
「『良い加減(よいかげん)』にする」
と、自分に言い聞かせ続ける必要があります。

なのでここではあえて、以下のように宣言します。

★「行き過ぎた完璧主義は悪徳であり、
毎日、その『誘惑』に落ちないよう、
自分を訓練する必要がある」。


「え~、それはいくら何でも言い過ぎでは?」
と思われるかもしれません。

しかしあなたを取り巻く世界が
「完璧、きっちりが美徳」
というメッセージだらけであるなら、そしてあなたが

「自分は生まれつきぐーたらで、
自然体にしていれば適度にサボっているから大丈夫」

という人でない限り、

「行き過ぎた完璧主義は~」
は毎日、念仏のように、あるいは呪文のように、
自分に向って唱えた方が良いでしょう。

そのくらい、現代社会の完璧追求性が高いからです。

そういえば数か月前に見たテレビ番組
「たけしのニッポンのミカタ」の中で、
ある主婦向けの女性アドバイザー(家の中の片づけ法を助言)
がこんな提案をしており、とても面白く感じました。

片づけも、長年ぜんぜんやらなかった人が
ひとたび腰を上げると、
今日はここをやろうと
決めた場所以外にも汚れや乱れが目についてしまい、

次々と追加の作業をしてしまって
何時間も経過し、ぐったり疲れて結局挫折、
ということになりがちです。

そこでアドバイザーは、
マニキュア好きな女性に
「1本の爪だけ塗らずに残したまま生活する」
ことを助言したのです。

1本だけ塗らないでいるなんて、
中途半端で気になり、いやですよね。

しかしその状態でいると、
それでも他の目の前のことを次々と
やらねばならないので、そのうち塗り残しの
指のことなど忘れていくわけです。

ふとした折にまた塗り残しを思い出して気になっても、
また他の作業をしているうちに紛れる・・・。

これを何度も繰り返すうちに
「不完全な状態で放置しても、大して害はないんだ」
と実感できるようになります。

するとそれが他の作業面にも効果が波及していきます。

例えば
「今日はバスルーム全体をきれいにしたかったけど、
風呂のふたやいすなど小物を洗えなかった」

としても、

「ま、いいか。次の作業日に続きをしようっと」
と考えを切り替えやすくなるのです。

完璧主義が、より重度になったものが強迫性障害
(強迫神経症)ですが、

これの心理療法でも、最重要なポイントは

「完璧性を目指さない」
「不完全が気になっても、時間がたつにつれて楽になる」
というものです。

逆に完璧を追及すればするほど、
最初よりも更に完璧主義度が強まってしまい、
日々の生活にも支障が出るようになってしまいます。

以上のように、行き過ぎた完璧主義は「悪徳」なのです。

ご自分の完璧主義追及傾向に心当たりがある方は、
上述のをぜひ、日々、ご自分に
言い聞かせるようにされることをお勧めします。


浜野ゆり

浜野ゆり の紹介

ホリスティック精神科医。通常の精神医学や心理学の他、心身を癒す分子整合(オーソモレキュラー)医学にもとづく栄養療法や、催眠療法・瞑想・レイキ・アロマさらには占いも習得。これらをフル活用してみなさまの統合的健康と幸せ感獲得のお手伝いをします。
カテゴリー: 完璧主義   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2017年12月
    « 9月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31