在宅勤務が今後の主流に?


在宅勤務が今後の主流に?こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

今回は一見、メンタルヘルスとは
結びつかないように見えるかもしれませんが、
実は大いに関係する話題です。

というのも、人が抱える悩みの大半は

・人間関係
・お金

が関係していますが、
働き方はその両者に深い関わりがあるからです。
↓↓↓

テレワーク(リモートワーク、在宅など遠隔勤務)は

・個別になるので孤独なのでは

・勤務時間が見えにくいのを良いことに、
過剰勤務させられるのでは(社員側)

・勤務時間が見えにくいのを良いことに、
社員が働いているフリしてサボるのでは(会社側)

という懸念がありましたが、

もう既にこのようなシステムを開発して
成功しているベンチャー企業があります。

ソニックガーデン

コスト削減意識が厳しくなり始め、
(大手企業さえも)「副業解禁」となった
(つまり、社員の生活を長く保証するのが前提とならない)勤務が
今後ますます普通になっていくことが予想される時代、

「時給で稼ぐ」
「指示されたことだけやっていれば給与が振り込まれる」

という認識の人はどんどん淘汰されていくでしょう。

逆に、年齢や性別や業界に関係なく
自分で自分の生産性を管理・遂行できる人が
「できる社会人」として今後重宝されていくのでしょうね。

つまり、何歳になっても常に自己成長させていく
意識が必要な時代といえるでしょう。

リモートワーク(在宅勤務)を導入するためのポイントと残された課題

ソニックガーデンはなぜリモートワークを成功させたのか
──離れても仕事がうまくいく4つの秘訣

 


浜野ゆり

浜野ゆり の紹介

ホリスティック精神科医。通常の精神医学や心理学の他、心身を癒す分子整合(オーソモレキュラー)医学にもとづく栄養療法や、催眠療法・瞑想・レイキ・アロマさらには占いも習得。これらをフル活用してみなさまの統合的健康と幸せ感獲得のお手伝いをします。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2017年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031