自分の「夢」とのつきあいかた


自分の「夢」とのつきあいかたこんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

今回のタイトルでいう「夢」とは、
睡眠中に見る夢の方です。

うつや不安にお悩みの方々の相談に乗っている中で
時々、

「夢ばかり見る、しかも悪夢」
「そのせいで起床後も当分、気分が悪い」

という訴えをされることがあります。

以前、自費で個人カウンセリングをしていた時には

クライアントさんが希望されれば
夢分析(夢解釈)もしていたのですが、
現在はそのようなじっくり時間を取れる相談枠がないので
夢の内容には深入りしません。

その代わり、ご本人が自分の夢と
上手くつきあっていけるような
一言アドバイスをお伝えすることが多いです。

それは、以下のようなポイントです。

まず医学的な観点からいうと、
「夢をよく見るから、眠りが浅い」
「睡眠の質が悪い」
というのは、誤解です。

人間は誰でも、一晩に3~5個の夢を見ています
(個数の差は基本的に、睡眠時間の差によります)。

そして睡眠には夢を見ない睡眠(ノンレム睡眠)と
夢を見る睡眠(レム睡眠)があり、
これが両方そろって始めて健常は睡眠です。

ちょうど呼吸が呼気と吸気で構成され
片方だけでは成立しないように、

夢もノンレム睡眠とレム睡眠が原則、交互に訪れ、
そのサイクルを何回か繰り返してから
徐々に睡眠が浅くなり、覚醒に至ります。

ではなぜ「夢ばかり見るから、眠りが浅い」
という感覚になるかというと、
多くの人はふだん、見た夢の
ほとんどをすぐに忘れてしまい、

夢を見たという事実ごと「なかったこと」と
感じているからなのです。

星空

それから「最近、悪夢ばかり見る」
ということについてですが、
基本的に夢の内容は日中の覚醒時の
精神状態を反映します。

したがって、覚醒時間帯に

・不安、恐れ、心配
・怒り、恨み、イライラ
・罪悪感、被害者意識

といったネガティブ感情や

それらを引き起こすネガティブ思考に
まみれていると、当然、
そのネガティブな心の内面世界が投影された
夢の内容となります。

また、覚醒時と異なり、睡眠時の意識状態では
理性や論理思考の力が弱まり、
感情や衝動が優位な精神状態となります。

いわば、幼児や爬虫類のような、
「快、不快」「楽しい、怖い」等で判断、
行動するという世界。

なので
「化物が出てくるかも」
と思った瞬間に化物が出てくるし、
「落ちるかも」と思った途端
崖から落ちたりします。

つまり非常に衝動的で
デフォルメされた世界。

なので、細かな内容やストーリーに
入り込んで解釈しようとしても、

よほどその道で訓練や検証をしてきた人を除き、
見当違いの理解をしてしまい、
不要なストレスを高めてしまいかねません。

なので、「最近、悪夢ばかり見るなあ」
と思ったら、夢の「内容」には深入りせず、
夢を見ている最中、もしくは見た直後に

・どう感じていたか(楽しい、怖い、不安、悲しいe.t.c. )

・その夢から何を連想したか(特に夢見当日
あるいは2~3日以内の出来事や考えた
ことと関連していないか)

という観点で夢を検証すると良いでしょう。
その場合には、予め枕元に、夢記録用のノートを用意しておき、
起床しないうちに
起き上がるとそれだけでも夢を忘れてしまうので)
書き留めると良いでしょう。

続けていると、特にストレスが高まった時に
見やすい悪夢のパターンがあるのが見えてきます。

なので逆に、そのパターンの悪夢を見たら

「そんなにストレスを溜めているつもりは
なかったけど、
またこのパターンの夢を見たということは、
結構この出来事を気にしているのだなあ」

などと、自己理解も進むでしょう。

もっと簡単なのは、悪夢を見た時に
「あー、日中ストレスを溜めているなあ。
もっと自分をいたわるのを優先した方が良い時期だ」
認識することです。

これだけでも十分、ご自身のメンタルヘルスの
モニタリングになります。

悪夢を頻繁に見るようになったと感じたら、
・最近、忙し過ぎないか
・本当にやりたいことよりも「やるべき」ことばかり優先し
消耗しているのでは

という観点から、ご自分の生活パターンを
見直すのがお勧めです。

※浜野流の夢分析(夢解釈)法については
下記にまとめてあるので、
ご関心のある方はご参照を。
精神科医浜野ゆりのホリスティック日記_夢分析


浜野ゆり

浜野ゆり の紹介

ホリスティック精神科医。通常の精神医学や心理学の他、心身を癒す分子整合(オーソモレキュラー)医学にもとづく栄養療法や、催眠療法・瞑想・レイキ・アロマさらには占いも習得。これらをフル活用してみなさまの統合的健康と幸せ感獲得のお手伝いをします。
カテゴリー: ストレス, 不安   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2019年6月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30