あなたが自分の「不幸」を作り出している


あなたが自分の「不幸」を作り出しているこんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

以前、
「ネガティブな感情は、本来は90秒以内に消滅するのに、
それを続けさせてしまっているのは あなたの『心の習慣』である」
という内容の記事を書きましたが、↓
感情のコントロール法――90秒で流せる理由

最近も相談者の話をお聴きていて、
この事実を知らない、または
納得していない人がまだまだ多く、

そのせいで、いつまで経っても、
眼の前の「問題」が解消しても
すぐさま次の「問題」が現れ、
当人はきりがなく悩み続けることになるのだなあ、
と感じることがありました。

そこで今回は前述の記事を補足して
以下の喩えを入れたいと思います。

「ネガティブ感情は炎、
 ネガティブ思考は薪(焚き木)」

炎

ネガティブ感情とは
不安、恐れ、怒り、イライラ、落ち込み、
憎しみ、恨み、悲しみ、罪悪感など。

ネガティブ思考とは
それらを「焚きつける、煽る」 思考です。

例えば

「あの人、あんなことを言うなんてひどい」
「なぜ、もっとちゃんとやってくれないんだ」
「私のがんばりや誠意を認めてくれなかった」
「なぜ私だけこんな目に遭うんだ」
「こんな事故/病気/リストラ e.t.c. に遭うなんて、自分は不運だ」
「あの人は自分を嫌っているに違いない」
といった思考です。

ネガティブ感情を感じても、 その最中や直後に、
上記のような
ネガティブ思考を「追加」しなければ
90秒で感情は自然消滅するのに、

まるで火に次々と小枝や薪をくべるように
繰り返し嫌な内容の思考を差し込み続けるから
いつまで経っても「炎」は消えず、
それどころか当初よりももっと燃え上がって、
何時間、何週間、何年も続いてしまうのです。

かつて医学生のころ、うつで休学した時の
私の内面は、まさにこれでした。

起きている時間のほとんどを
「ああなったらどうしよう、
こうなったらおしまいだ」
と考え続けるため、心が安らぐことがなく、
睡眠中が唯一、少し楽に なることができたのです。

この時に、先々のことばかり
心配する思考にハマらず、
「今ここ」の感覚や周囲の環境を 無心に観察する、感じるという
訓練をしていれば、もっと ずっと早く、心身の回復をできたでしょう。

しかしそのことを教えてくれる人も メディアも、
当時はほとんどなかったですから
しかたありません。

今では書籍でも、ブログや You Tube でも
こうした重要な情報は容易に手に入ります。

あなたはそれを 検索し

理解し

毎日何回も自主練習する
だけです。

しかし、意外にも多くの人が
必要な情報を検索しなかったり、
せっかく情報を手に入れても
数回試しただけで

「効果が感じられない」
「よくわからない」
と止めてしまいます。

しかし、考えてみてください。

スポーツも、語学も、
その他の あらゆるスキル(技術)も、
教科書で知っただけでは不十分で、
毎日練習して始めて、だんだんと 自分の身につき、
自分のものとして 「使える」ようになるのです。

ご自身の人生の改善のために、
「毎日コツコツと『心の生活習慣を上書きする』」

これをぜひ、続けてくださいね。


浜野ゆり

浜野ゆり の紹介

ホリスティック精神科医。通常の精神医学や心理学の他、心身を癒す分子整合(オーソモレキュラー)医学にもとづく栄養療法や、催眠療法・瞑想・レイキ・アロマさらには占いも習得。これらをフル活用してみなさまの統合的健康と幸せ感獲得のお手伝いをします。
カテゴリー: うつ病, ストレス, メンタルヘルス, 不安, 幸せ, 脳機能   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2019年8月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031