自分の直感力を高める、毎日できる小さな習慣


自分の直感力を高める、毎日できる小さな習慣

pinkrose

こんにちは!ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

 

「毎日か楽しくない、生きがいがない」

「そもそも何が好きなのか、何をやりたいのかもわからない」

という悩みを訴える方は多いですが、

そのような人の話を聞いていると、これまで長期間にわたり

「したいこと」「楽しい(快い)こと」よりも

「やるべきこと」ばかりいつも優先してきた結果、

もはや自分が何を好み、快く感じるかの感性がなまって(退化して)しまい、

自分の感性に従って行動するということができなくなっているのです。

 

身体を動かさないと筋肉が落ちてしまうように、

「好き」「〜したい」という感性も、使わないと退化し

「何が好きか」「何をしたいのか」もわからなくなります。

 

ということは、改善法も同じ。

 

運動不足で筋肉や体力が低下してしまった人が回復するには毎日少しずつでも筋トレや運動を開始・継続する必要があるのと同様に、

「好き」「〜したい」という感性も、
それを少しずつでも毎日使わなければ身につきません。

 

「だけど、そこで何をしたらいいのかがわからないから、困るんじゃないか」

と反論されるかもしれません。

 

大丈夫です。

 

日々生きていれば、嫌でもこなさなければならないことはいくらでもあります。

(1)まずはそれをリストアップし(To Do List =やることリスト)、

(2)その中から、もっとも「やりたい度」が高いものから優先してやる

この習慣づけから始めましょう。

 

例えば本日「せねばならない」と思っていることが10個あるとして、

その中から、やることに対して最も抵抗感の少ないことから3つ、実行します。

 

3つ片づき、さらに時間の余裕や気力の余裕がある場合にのみ、

残りの7つのうちからまた「ましな(抵抗感の最小の)」事項を選び、実行しましょう。

 

「そんな基準で選んだら、『本当に重要なもの』を先送りしてしまい、後で大変なことになるのでは?」

と心配する人もおられるかもしれませんが、その心配には及びません。

 

本当に、本当に大事なものなら、その直前になればお尻に火がついて、嫌でも実行します。

 

しかし多くの人のストレス源になっているのは

「やりたくないけど、やるべきだから。
今すぐでなくても、やっておいた方が良いものだから」

という案件で、そうしたものは何日経っても、他の用事をしていても常に重石のように心にのしかかり、心身のエネルギーを奪います。

その結果、本来なら軽々とできたはずのことまでおっくうになってしまう、といった本末転倒なことになりがちなのです。

 

それに上記の基準で「まし」な事項からこなしていると、
ある日、同じ「嫌な」はずの案件が、それほど抵抗感なくさらっと実行に移せる日が来たりします。

 

しかも実行してみたら、(例:クライアントに電話する)ちょうど良いタイミングで相手が帰社しており、しかも相手の機嫌が良く、話がスムーズに完了した・・・などということも十分起こり得ます。

 

逆に、自分の本心つまり抵抗感に鞭打って無理に電話すると相手と何度もすれちがったり、やっとつながったと思ったら相手の虫の居所が悪かったり、相手または自分に邪魔が入ったりと、障害が発生して、労力の割に合わない、ということが珍しくないでしょう。

直感は(世間でイメージされているように)「いいかげんであてにならないもの」ではありません。

その逆で、「きちんとその感性をキャッチすれば、最小の労力で最大の結果を出せる」非常に有効なツールなのです。

ただし、料理人の包丁や野球のバットと同様に、正確に、キレのある結果を出すためには、毎日の地道な練習が欠かせません。

 

包丁

素振りもキャッチボールも、走り込みもしないでいきなり野球の試合に出た人の勝算がどの程度か、想像がつきますよね。

 

日頃練習していなければ、試合ではまぐれ当たりによる以外、ヒット1本も飛ばせないでしょう。

「直感なんて、いいかげんであてにならないもの」

という世間の「常識」は、実際には普段直感力を全く鍛えてこなかった人による負け惜しみに過ぎないのです。

 

(参考書)以上の内容は、下記の書籍から一部引用しました。
Richard Dotts “Manifestation Pathways”
(『願望実現に至る道は、少なくとも7つはある』←浜野の意訳)

Manifestation Pathways

・未邦訳

・英語版のKindle、オーディオブックあり

・作者のRichard Dotts はおそらくまだ30代の若い男性で、強い心配性や悲観から数年間、床から出られないほどのうつ病を経験。

しかしその後、各種スピリチュアルな先達たちの本を読み込み、これまでにない具体的でわかりやすい手法を構築し、著書(25冊くらい)で発表しています。

・現在はインターネットビジネスコンサルタント+大学教員+スピリチュアル作家として十分な収入を得ながら生活しているそうです。

・著書の内容はいわゆる願望実現系ですが、その背景にあって多くの人の「引き寄せ」を阻害している観念や盲点が何か、それをどう工夫して克服すれば良いかを、
いくつもの、あっと驚くような、これまでになかったエクササイズ等を通じて伝授してくれており、ここ数年で私が出会った中で最もすぐれた著作シリーズだと思います。

スピリチュアル系の出版社さん、どうか早く翻訳してください(^^)!

 


浜野ゆり

浜野ゆり の紹介

ホリスティック精神科医。通常の精神医学や心理学の他、心身を癒す分子整合(オーソモレキュラー)医学にもとづく栄養療法や、催眠療法・瞑想・レイキ・アロマさらには占いも習得。これらをフル活用してみなさまの統合的健康と幸せ感獲得のお手伝いをします。
カテゴリー: ストレス, スピリチュアル, メンタルヘルス, 幸福度   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2019年4月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930