認知症予防にアロマセラピー


認知症予防にアロマセラピーこんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

2月25日放映の「たけしのみんなの家庭の医学」
において、大変興味深い報告がされていました。

鳥取大学医学部保健学科生体制御学教授の
浦上克哉先生によるもので、
認知症予備軍の高齢者に、1週間から
数か月(長い調査では、確か2年間ほど)の間、

特定の精油(エッセンシャルオイル)を
嗅ぎ続けてもらったところ、かなり明確に
改善効果が認められたそうです。

日本認知症予防医学会での
発表スライドも公開されています。

ここで大変興味深く感じたのは、
改善が認められる理論的背景として、
以下のような理屈に基づいて
推論→研究実施がされた点です。

・認知症では短期記憶から障害される。

・記憶を管轄しているのは「海馬」であり、
認知症ではそこが障害を受けて機能不全になっている

従来は海馬そのものが直接障害に陥ると
思われていたが、最近の研究で、海馬に
直接結びついている「嗅神経(匂いを感じる神経)」
がまず機能低下し、それが波及する形で海馬も障害を受ける

・嗅神経自体は非常に可塑性が高い
(つまり、いったん機能が低下しても
刺激すれば回復しやすい)

・したがって、まず嗅神経を衰えさせない、
機能回復させれば良いだろう

嗅神経の機能回復させるには、
毎日適切な匂いをかぐことだ

そして実際、予想通り、認知症に近いと
いっても良いほど症状の強い人を含め、
比較的短期間で「予備軍」の人が「正常」領域に
戻る例が続出したそうです。

アロマの使い方ですが、
昼用ブレンド(ローズマリー2滴+レモン1滴)
はペンダントに入れて首から下げて午前中に2時間以上

夜用ブレンド(ラベンダー2滴+オレンジ1滴)
就寝の少なくとも1時間前から開始し2時間以上継続

こちらは枕元の素焼きの皿に垂らしたり、
コンセントに差し込んだディフューザー
(拡散器)を利用していました。

アロマセラピーといえば、ともすれば
趣味嗜好、せいぜいリラクゼーション程度
にしか役立たないと思われがちですが、

フランスなどでは古くから「治療」
手段の一つとして認められています。

自然の恵みを上手に活用して、心身の
健康を確実に保っていきたいものですね。

私にとっても(認知症予防はともかく
として・笑)、普段の生活維持に
エッセンシャルオイルは欠かせません。

今や我が家の救急箱には、
ごく一部を除いて西洋薬は入っていません。

良質でしかも「セラピー級」のもの
だけを使っているので、

・消毒薬
・鎮痛薬
・抗生物質
・かゆみ止め
・胃薬
・頭痛薬
・吐き気止め
・風邪薬
・湿布薬

等の代わりとして、
よく活躍してくれます。

ちなみに上述の浦上教授のスライドでは、
アロマ療法をしたある人が、自分の老犬
(認知症といって良さそうなレベルの症状を
持ち、要介護になったダックスフント)が
急に元気になったことも報告されています。

その飼い主は「他に特に要因がないから、
同じ部屋でいつも生活しているし、
アロマが良いのではと私一人思っている」

とありますが、(セラピー級エッセンシャルオイルの
研究開発&販売会社)ヤングリビング社の
社長ゲリー・ヤング氏の著書
”ESSENTIAL OILS DESK REFERENCE”では、

ペットや家畜への使用法も書いてあり
(内容も本格的な「治療」レベル)、
動物に効果が出ても何の不思議もないと思います。

ただし、この飼い主の幸運は、
飼っていたのが犬だったことです。

猫にはほとんどアロマが使えません
(ヤング氏によると、代謝系の特性だそうです)。

特に柑橘系は猫族には毒性が
あるそうなので要注意です。

浦上教授のアロマブレンドは昼用も夜用も
かんきつ類が含まれているので、室内では
猫の飼い主は使えないですね・・・。

なお、浦上教授らは、上記アロマ療法を
スムースに行うため、昼用・夜用それぞれの
ブレンドエッセンシャルオイルや、
それを入れるペンダント、ディフューザーも
製造販売するベンチャー会社ハイパーブレイン

も作っていて、一般の人も
通販サイト  リ・ブレイン  で買えるようです。

【参考】
2月25日放映「たけしのみんの家庭の医学」


浜野ゆり

浜野ゆり の紹介

ホリスティック精神科医。通常の精神医学や心理学の他、心身を癒す分子整合(オーソモレキュラー)医学にもとづく栄養療法や、催眠療法・瞑想・レイキ・アロマさらには占いも習得。これらをフル活用してみなさまの統合的健康と幸せ感獲得のお手伝いをします。
カテゴリー: 認知症   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2017年9月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930