「やりたいこと」「好き」にも”有効期限”がある


「やりたいこと」「好き」にも”有効期限”があるこんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

あなたもきっと、現代人の
多くの人と同様、忙しいと思います。

その際、限られた時間に
次にすることはAかBか?

と迷ったとき、どちらを選びますか?
また、その根拠は何ですか?

一般には、

・緊急度

・やるべきこと

・先に入った予定

・お金など、わかりやすい
メリットが見えていること

・・・といった理由で、
その時間に行なう予定を
決めているのではないでしょうか。

それが、最も効率的で
生活をスムースに回すために役立つし、

親や先生、あるいは「常識」
から見ても、そうするべし
と教わって育ったからです。

しかしこの方針も、
短期的には確かに効率的で
良いのですが、

あまりにも長く――
例えば年単位でこの方針ばかり
続けていると、

そのうち毎日行動している
目的もわからなくなり、
やがては生きる意欲さえも
低下していってしまいます。

そして

「自分が何をやりたいのかわからない」

「何のために生きているのかわからない」

「毎日義務をこなすだけの辛い人生
なんて、もう止めてしまいたい
(つまり、死にたい)」

とまで思うようになってしまいがちです。

なぜこんなことになるかというと、
人間は感情の生き物であり、

日々の生活の中で何か
楽しい、喜び、快感
といった経験ができないと、
行動意欲がなくなってしまうからです。

例えば、本来DVDで映画を観るのが
大好きだった人でも、

目の前の仕事をこなすために
何年間も映画鑑賞を先送りにして
仕事ばかりを自分に強制していると

数年後にやっと一段落して
「さあ、今こそ観よう」
と思って、買いためておいた
DVDを取り出しても、

もう興味がなくなっている
ことが多いのです。

もちろん、時間の経過につれて
映画の内容やテーマへの関心の
分野が変わったという場合もあり
その場合は問題ないのですが、

一番多いのは

「楽しみを先延ばしして
がまんを重ねているうちに

『楽しむ』ための感性も
エネルギーも消耗されてしまい、
好きだったことにも何も感じなくなる」

というものです。

これは、人生上の大きな損失です。

自分が望む人生にするには、自分が
「これが好き」
「こうなりたい」
「これを実現したい」

という感情がガソリンとなって
行動というエンジンを動かすのに、

「べき」にもとづく義務行動ばかり
続けていると、このエンジンが
「ガス欠」になり、
前に進めなくなるからです。

やりたいことをするといっても、
何も大げさなことではありません。

毎日30分でも、好きなこと
――あなたの好みに応じて、

DVD鑑賞でも、買い物でも散歩でも、
良い香りのアロマをかぎながら
身体をマッサージする、
美味しいお茶とおやつを食べる――

何でも良いのです。

一日辺りの時間は短くても、
基本的に毎日少しずつでも
生活の中に楽しみの時間を
確保することが重要です。

「楽しみの時間は、
自分の将来への投資時間」

この意識でもって、
明日のスケジュールから、
毎日「楽しみの時間」を
手帳やカレンダー等に
入れ込んでしまいましょう。

でないと、まだ今は
その習慣がついていないので

気づくと楽しみの時間を
入れ忘れて、自分の感性を
ないがしろにしたままに
なりがちですので。


浜野ゆり

浜野ゆり の紹介

ホリスティック精神科医。通常の精神医学や心理学の他、心身を癒す分子整合(オーソモレキュラー)医学にもとづく栄養療法や、催眠療法・瞑想・レイキ・アロマさらには占いも習得。これらをフル活用してみなさまの統合的健康と幸せ感獲得のお手伝いをします。
カテゴリー: メンタルヘルス, 幸福度, 潜在意識   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2017年6月
    « 5月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930