波動(エネルギー)調整体験講座、終了しました


波動(エネルギー)調整体験講座、終了しましたこんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

土曜日の
「自分でうつを改善できる!
エネルギー(波動)調整 体験講座 in 東京」

は、雨の休日の中、
遠くは富山や仙台からも
ご参加くださる方もおられて、
和やかな雰囲気のなかで開催されました。

14_edited-1

ユニバースエネルギー体験では、
いくつかのワークをしました。

「現在気になっていることへの解決策」では

・はっきり映像として見えた方

・迷っていたが、「これでいいんだ」と
 背中が押された感覚を覚えた方

の報告などがありました。

また、
「『嫌な記憶』を
『なんでもない過去』に変更する」
ワークでは、

次のような2種類の効果の出方が
確認され、体験報告を聞き
シェアされた他の参加者の方々にも
とても参考になったのではと思います。

1つは

・これまで思い出せなかった(または
半ば無意識的に、思い出さないように
していた)「嫌な記憶」が

ほとんど抵抗感や不安もなく
すーっと意識の表面に上ってきて、

しかもそれを「大して重要じゃないこと」
として、他の雑多な記憶同様に
手放す、ということができた。

2つめは

「これまで同様、その『嫌な記憶』
にまつわるものが出てきたが、
これまでのような負担感を
感じることなく、

『何か、どうでもいいや、
面倒臭い』という気分になって
手放せた」

というもの。

私自身も、もともとが心配性なので
わかるのですが、

不安や心配の種って、
取り組むのも大変ですが、

手放すのも
「そんなこと、無防備になりそうで、
怖くてできない」
という気持ちがつきまといがちです。

それを「もういいや、面倒だ」
良い意味で放置できるのは、
とても大きな進歩ですし、

手放すと余計な心的負担が
かからなくなるので、そのおかげで

これまで「心配すること」に
消耗していた心のエネルギー
より有効活用できるので、
非常に楽になります。

いわば、「心の燃費」が良くなる(!)
のですね(笑)。

で、こうした作用のしかたは
これまでも篠崎先生の生徒さんたちでも
何度も経験されたパターンです。

また、効果の出るタイミングについても、
エネルギーを流してもらった直後に
出る人もいれば、

その数時間後や
数日後に「あれ?そういえば
楽になっているなあ…」
と気づく方もおられ、人それぞれです。

いずれにしろ、その人にとって
最適なタイミングで、
最適な変化の出方をしますので
そこがまた、興味深いところです。

また、実習で水にユニバースエネルギーを
封入した「パワーウオーター」を
作っていただいたのですが、

当初に比べて味がまろやかに
甘く、美味しくなったことを
感じられた方が多くおられました。

今回は体験セミナーでしたが、
ユニバースエネルギーの
伝授を受ければ、今後

一生、自分で好きなように
このエネルギーを使いこなせます。
後半は、浜野の
「薬を使わないうつ病克服プログラム」
の概要説明もしました。

私は「ホリスティック精神科医」
という肩書にしています。

普通、精神科医の治療法といえば
90%以上は薬物療法のみです。

たまに(1割弱?)の精神科医が
心理療法を行ないますが
かなり例外的です。

浜野はホリスティック(全体的な/統合的な)
という名の通り、心理療法に加えて

・脳機能を改善する栄養療法
・スピリチュアルな手法
(例 催眠療法、ユニバースエネルギー、
各種占い、etc.)

も同時に使って
そのクライアントさんに最適な
組み合わせで援助します。

今回のセミナーで参加者の方々と
お話しする中で、様々なニーズが
あることも新たにわかりましたので、

今後はメルマガはもちろん、
少しずつ動画配信も活用して
みなさまの「ここが知りたい!」
にお応えしていきたいと思います。


浜野ゆり

浜野ゆり の紹介

ホリスティック精神科医。通常の精神医学や心理学の他、心身を癒す分子整合(オーソモレキュラー)医学にもとづく栄養療法や、催眠療法・瞑想・レイキ・アロマさらには占いも習得。これらをフル活用してみなさまの統合的健康と幸せ感獲得のお手伝いをします。
カテゴリー: うつ病   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2017年4月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30