不運続き・・・。その時、過ごし方のコツとは?


不運続き・・・。その時、過ごし方のコツとは?こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

今回の記事は占いの観点でのものであり、
カテゴリー的には私の以前のブログ
「精神科医 浜野ゆりのホリスティック日記」
に書くべきかな、とも思ったのですが、

内容が「自分のメンタルヘルスを
良く保つための視点とスキル」であり
大いに本ブログのテーマでもあるので
こちらに書きますね。

ーーーーー

この世では、何事にも栄枯盛衰、
すなわち栄える時期と衰える時期、
良い時期と悪い時期のサイクルがあります。

いわゆる「好運期」と「不運期」です。

それは満潮と干潮のようなもので、
物体も、会社や国家も、そして
個人の人生においてもそうです。

確かに、生まれ落ちた瞬間に決まっている
初期値」ともいえるもの――

例えばいつの時代に、どんな両親の
もとに生まれたかで、
運の開始レベルは人によって異なります。

比較的金銭的あるいは愛情面で恵まれた家庭か
そうでないか、
体質的に丈夫か、障害があるか、

そういったことは基本的に
気づいたときには決まっていて、
後から自分で変えることはできません。

ただ、それでもその人なりの人生においての
好運期や不運期もあります。

そしてこれは、私が尊敬する一流の
占い師の一人である、
玄学舎
の大石先生に教わったことですが、

運の程度は「ポイント(点)」ではなく
「ゾーン(領域)」です。

ですから幸いにも、自分で意識することに
よってかなりの程度、不運の程度を緩和したり
幸運度を更に強めたりも可能なのです。

もちろん、生まれ持っての初期値
(「宿命」と呼ばれたりもしますが)を
入れ替えることはできませんが、

持って生まれた運気の
ゾーンをフル活用して、不運を最小限に、
好運を最大限にすることは可能です。

これにより、例えば
放置していたならば入院するほどの
重病になってもおかしくないところを、

数日の通院と自宅療養で済ませることも
可能になりうるのです。

 

さて、実は私も現在、結構「不運期」です。
西洋占星術的にいうと、「ハードアスペクト」
が複数かかっていて、何かと
負担がかかる時期で、

好運期に比べ、何かをするにも
手間がかかったり、労力の割には
効果が出にくかったり、

好運期ならしないであろう行動を
してしまい、余計な手間をまた招く、
といったことも起こり得ます。

こうした事態は、自分でホロスコープを
見て、3年ほど前から予見していました。

まあ、もう少しすると脱するのが
わかっているので、表面的に見れば
いろいろ不満なことが起こっても

あまり気にせず、次の満潮への
切り替えを待っているところです。
(既に一番「底」の時期は脱しています)

この辺りの感覚は、かつて一緒に
占い教室に通った仲間たちとは
もちろんツーカーで、
自分の現状をちょっと話すと

「浜野さんは、上手く外惑星の
グランドクロスを使いこなして
いるようですね?

私は、直撃を受けてます。
こういう症状が出て、検査したら
○○(臓器名)に異常値が出て、

薬をもらって数値は戻ったけど
肝心の症状がなかなか…」

と、すぐにわかりあえます。

占いの良いところの一つは、
(例えば西洋占星術なら)ホロスコープ
というツールがあり
ビジュアル化できるため

現在の不運もその人の人格に
問題があるとかはでなく、
「たまたま生まれ持った星の組み合わせ」

とみなすので、その初期値を知り
上手く活用すればOKであり、
先天的にダメな人というのは
原則としてない、と見る点です。

うつ病の治療における心得の一つとして
患者さんによくお伝えするのが

「現在あなたが上手く考えられなかったり
悲観的だったり、不安が強いのは
うつ病の症状そのものであって、
あなたのもともとの人格のせいじゃない。

だから気分が悪い時も『症状のせいだ』
と自分にいいきかせ、気分が悪いときに
無理に解決策を考えようとしたり、
自分を責めたりしないように」

とお伝えしているのですが、
西洋占星術もこの観点に近いものがある
と感じられ、それがとても興味深いです。

ある日のホロスコープ

 

そして占いの最大のメリットは、
「時期読み」ができること。

つまり、不運期ならいつで終わるのか
わかるので、それまでの過ごし方を
計画できますし、

逆に、好運期がいつまでなのかを
知ることにより、その期限内で、
最も重要なことを仕上げる

調子に乗って過剰な投資
(例 会社なら自社ビルを建ててしまう、
個人なら予算オーバーの住宅ローンを組む、
など)をするのを避ける
などの対策が取れます。

ただし、時期読みは一流の占い師に
個人鑑定をしてもらうか、
自分自身がしっかり占いをマスター
しないと、わかりません。

そこでここでは、日ごろの生活の中で
誰にでも活用できる、時期ごとの
過ごし方をお伝えしたいと思います。

中でもタイトルにあるように
今回は「不運期の過ごし方」を
取り上げますね。

私はよく、運気は天気と同じように
みなすと対処しやすい、と
お伝えしています。

例えば重要な商談を行なう朝、
天気予報が台風の接近による
大雨強風を予報していたら、どうしますか。

あまりにもひどそうなら、
相手に電話して、日取りの取り直しの
相談をする必要があるかもしれません。

それが無理でも、

・普段よりかなり用心して
早めに家を出る

・万一電車が止まったらどの振替輸送
手段を使うかを予め決めておく

・カッパ、ゴム長靴、丈夫な傘など
雨具をしっかり用意する

などの対策をすることでしょう。

つまり、台風接近そのものは
変更できないが、それによる悪影響の
程度は、対策によってかなりの程度
軽減できるのです。

不運期も同じです。

そういう時期なので、たまたま
すれ違った人の持ち物が顔に当たって
痛い思いをしたり

(先日、私は人の傘の先が頬に当たり、
危うく角膜損傷になるところでした)、

これはある人の例ですが、マンションの
エレベーターを降りながら

いつものように自宅の鍵を取り出そうと
したら何と、床とエレベーターの間の
わずかな隙間に落ちてしまい、

「鍵の救急車」を呼ばなくてはいけない
事態になったり…。

そんな時には、自分のためになる
考え方を常に意識して考えることで
不運を最小限にし、好運の呼び水にできます。

上記の例なら
更に不運を呼ぶ考え方は

・「なんてついてないんだ!
ぶつけた人が謝りもしないなんて、許せない」

あるいは

「なんてついてないんだ!
よりによってこんな隙間に鍵が落ちるなんて…
あー、今後もきっとろくなことがない」

→嫌な気分になり、意欲低下。

イライラするのでそれが言動にも
出て、対人関係が悪化。

また、作業への忍耐力も低下するので
パフォーマンス低下

→周りからの評価が下がり、自己評価も更に低下し、
更に嫌な気分になり・・・
と負のスパイラルへ。

これに対して、不運を減らし、
好運へ向かわせる考え方の例は…

「痛かったけど、出血もしなかったし、
1センチの差で、角膜に入るのを避けられた!
ああよかった、ラッキー!」

鍵の件なら

「わあ、こんなこともあるのね~。
普段はないようなことが起こったという
ことは、それだけ注意散漫で、
あわてていたということね。

確かに、このところ何かとぎりぎりの
時間で行動していたから…

それだと、ちょっとしたアクシデントで
すぐに予定が狂ってしまうのが、
よくわかった。

もっと時間と心にに余裕を
もって行動しよう。

財布を落としたとか、階段から
転落したとかでなくて、
本当に良かった!」

と思えれば、

・不運は起こったが、最小で済んだ自分は、
ツイている

・自分は守られている

等と感じることができ、
気持ちが暖かく、余裕感も生まれます。

日頃の気分、体調、できごとで、誰でも
現在の自分の運気を知ることができます。

つまり「運気の自己モニター」が
可能なので、

・不運期なら慎重に対策し、

・好運期なら積極的に行動する(ただし
期限を意識し、過剰なことをしない)

といった行動方針を立てられるのです。

次回は、更に一歩踏み込んだ、
応用的な不運期対策法をお伝えします。


浜野ゆり

浜野ゆり の紹介

ホリスティック精神科医。通常の精神医学や心理学の他、心身を癒す分子整合(オーソモレキュラー)医学にもとづく栄養療法や、催眠療法・瞑想・レイキ・アロマさらには占いも習得。これらをフル活用してみなさまの統合的健康と幸せ感獲得のお手伝いをします。
カテゴリー: 占い, 幸運、運気   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 2017年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031