「夢を見る=眠りが浅い=悪いこと」ではない


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

患者さんやクライアントさんのお話を
聞いていると、眠れないという訴えに
関連して

「ようやく寝付けたと思ったら
夢ばかりみて、眠りが浅い」

「一晩にいくつも夢を見るので、
眠りの質が悪い」

ということをいわれます。

しかし

「夢を見る=(イコール)眠りが浅い、
睡眠の質が悪い」

というのは、大きな誤解です。

人は誰でも、(睡眠時間の長さに応じて)
一晩に3~5個は夢を見ています。

それを覚えていないとしても
忘れただけです。

逆に、全く、あるいは
ほとんど夢を見なくなったとしたら
それは脳の健康が障害されています。

例えば、これは昔よくいわれた話ですが、
統合失調症の人は睡眠中の夢を
上手く見られなくなっており、

その代償として日中の覚醒時に
幻覚体験をしてしまうのだ、
とさえいわれたことがあります。

多くの統合失調症の患者さんに寄り添い、
その内面世界をつぶさに観察してきた
精神科医の中井久夫氏は、

病気の症状が極期を通過して
改善方向に転換すると、
よく眠るようになり、

夢もきちんと
見られるようになり、
それに比例して幻覚や妄想といった
異常な体験が軽減すると述べておられます。

いわば、幻覚妄想体験は
覚醒時の夢だ、ともいえる立場です。

ーーーーー

また、脳科学・心理学・経営学を
併用した経営コンサルタントの
中井隆栄氏はその著書

『1日を48時間にして夢をかなえる』
『楽しく正しく寝るだけで仕事は10倍速くなる』

の中で、以下の点をわかりやすく
解説しておられます。

・身体の健康と脳機能(記憶力を含む)
を良好に保つには、
一晩6時間以上の睡眠が必須

・睡眠の前半の深い眠りは主に身体機能の維持
(成長ホルモンなどを分泌することで
昼間に消耗した細胞の修復と再生する、
免疫力回復、生理的周期
[日内リズム]のリセットなど)を、

後半の浅い眠りは脳がさかんに活動しており
そこで前日までの記憶の整理と取捨選択、
学習の定着、アイディア発想などをしている

※ここでいう「浅い」、「深い」とは
脳波記録上の脳波の周波数
による分類です。

そして、浅い眠りの時間に夢を見ることで

・記憶の確認(内容や重要性を含めて)と選別

・覚醒時には顕在意識や理性が
抑え込んでいた、感情や本音を表現

・別々の体験や情報や記憶を結び付けて
新たなアイディアや認識を生み出す

といった、非常に貴重な
精神活動をしています。

ですから、
「夢を見るのは良いこと」
なのです。

いや、それどころか、夢は

「人間が人間らしい精神活動をしている証」

であり、また

「他にないほど大きな大脳を持つ
人間ならではの創造性発揮の時間」

なのです。

ゆめゆめ、「夢を見るのは眠りの質が悪い証拠」
などとは、思わないでくださいね(^^;。


カテゴリー: 不眠, | タグ: | コメントをどうぞ

冬季うつ病でなくても、光療法が効く


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

節分と立春が過ぎましたが、
まだまだ寒い日が続きますよね。

それでも2月は「光の春」
ともいわれ、確かに気温は
相変わらず低いものの、

日中の光は以前よりも
少し力強さを増し、
そして徐々に日の出も早まるなど、
春の気配は日に日に強まりつつあります。

ところで、
あなたは、「季節性うつ病」という
名称を、聞いたことがありますか?

これは、うつ病症状が季節により
例年、強まったり弱まったりする
タイプのうつ病で、

冬に悪化する人が多いことから
「冬季うつ病」とも呼ばれています。

で、この季節性うつ病には
従来の薬物療法や心理カウンセリングに
加えて、「高照度光療法」が有効
というのが知られていましたが、

最近の研究で、季節性でない
大うつ病(精神医学基準で
明確に「うつ病」といえるもの)
の人に対しても、

高照度光療法が有効であることが
わかりました。

カナダのブリティッシュコロンビア大学で
行なわれた実験です。

2009年10月から2014年3月までの期間に
同大学病院精神科外来で治療中で、
中程度以上のうつ病患者(非季節性)
122人(19~60歳)に対して

1)光療法単独
・・・朝起床直後に1万ルクスの光を
30分間浴びる

2)抗うつ薬(フルオキセチン、
商品名「プロザック」。日本未発売)
単独治療
・・・光療法は、見た目が良く似た
マイナスイオン発生器で偽治療

3)光療法+抗うつ薬

4)偽治療+偽薬(プラセボ、
つまり薬でないカプセルの服用)

の4者で比較したところ、
8週間後の改善率が

光療法単独で44%
抗うつ薬との併用で59%
の患者に効果が見られた、
とのことです。

ただ、この記事では
(「標準医学」寄りの立場なので)
触れていませんが、

別の研究で、そもそもうつ病への
薬物療法はその約6割が
心理的効果、つまり
「薬をのんだから、効くはずだ」

という自己暗示によるものだという
結果も読んだことがありますので、
上記数値もある程度
割り引いて考える必要があるでしょう。

それでも、多くの人にとって
「快晴で、明るい天気」
は気分や体調も快適に感じやすい
というのは経験的に感じておられるでしょう。

また、北欧では、夏に白夜、
そして冬場は24時間暗い極夜が
続きますが、

興味深く感じたのは、
うつ病による自殺者が増えるのは
極夜の真っ最中ではなく

日が出るようになってからだ、
という話を聞いたことです。

これは、典型的なうつ病で
患者さんの症状が最悪になるのが
明け方から朝、

というのとも
どこか共通するものが
あるのかもしれません。

すなわち、明るくなり、活動期
(活動すべき)時期になることで

「活動できていない」自分のありさまが
まざまざと実感させられることになり、
その苦痛に耐えかねて死を選びたくなってしまう・・・
のではないか、と思いました。

ともかく、そこで「高照度光療法」
の登場です。

最近では、医療向けの数十万
~数百万円もするものだけでなく
個人向けで数万円からも購入可能な
ものも増えていますので、

従来の治療法だけでは
効果不十分だった方は、こうしたものも
検討してみられてはいかがでしょうか。

ーーーーー

光療法の専門サイト

http://portal.lighttherapy.jp/

上記サイトの物販ページ

http://brightlight-store.ovtp.net/

アマゾンでは、最安で1万円を切る商品も出ています↓


カテゴリー: うつ病 | タグ: | コメントをどうぞ

言葉が現実を作る


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

精神的に不調な方は、
普段の言葉づかいや、
普段考えていることの
内容がとてもネガティブ(否定的)です。

そこで、普段使う言葉を変える、
表現法を工夫することを
お勧めするのですが、

ネガティブな人ほど、
「言葉を変えたくらいで
状況が良くなるなら、苦労しないよ」
と、抵抗を示すことがよくあります。

しかし、現在のあなたのその

・考え方
・価値観(善、悪、正しい、間違っている、e.t.c.)
・対人関係

・・・といったものは、
日々あなたが使う言葉で
形成されています。

つまり言葉が思考を作り、
思考が感情を作ります。

これは、うつや不安への効果が
実証されている「認知療法」の
中心的原理の一つです。

ですから、スタート地点である
「言葉」を変えることで、
最終的には自分の感情を
変えられるのです。

確かに、これまでの数十年の
積み重ねの結果が
現在の言葉づかいであり価値観なので、

急にポジティブな表現をすると、
最初は違和感があるでしょう。

しかしそれは、あなたが
そうした、新たな表現にまだ
慣れていないからに過ぎず、

今後繰り返しポジティブな言葉を
使っているとそれが「普通」
になり、当たり前のことになります。

つまり、言葉の方から取りかかって
繰り返し変えることにより、
やがて言葉に見合った思考になり、
感情となっていくのです。

その辺りを踏まえた上で
下記動画をご覧になると、
理解しやすいかと思います。

ポジティブな言葉を毎日意識的に使う
「アファーメーション」
を実行することで、

なりたい自分に変われる原理と
方法について話しておられます。

ルイーズ・ヘイ氏は、
自身の体験を含む多くの人との関わりから

「普段自分が考えていることが、
自分の現実を作る」

ことを理解し、それを講座や
著作で伝えています。

彼女自身もこの原理で、
一切の手術等「標準医学」を排除し
食事と考え方を変えることで
がんを克服し、90歳になる
今年もお元気だそうです。

彼女の代表作
『ライフヒーリング』
は、どんな心の状態
(思考→感情)がどんな身体疾患を
作っているかを詳細に述べ、

世界各国で翻訳され
累計3500万部の大ベストセラー
になっています。

 

また、下記は
ルイーズ・ヘイの動画
「人生をクリエイトするアファーメーション」。

特定の言葉を繰り返していうことが、
その言葉通りの現実を作ります。

ですから、普段どのような言葉を
使っているかを意識し、
ネガティブなら、それをポジティブな
ものへと変換しておく必要があるのです。

何しろ、言ったり考えたりした通りの
現実になるのですから。

『ライフヒーリング』の中でも
書かれていることですが、
メンタル不調の方がまず取り組む必要があるのは
何よりも、自分自身のヒーリングです。

具体的には、自分をホメる、自分の美点を
発見し、認めることです。

私もクライアントさんによく
「良いこと日記」
「自分ホメ日記」
をつけましょう、と助言していますが、

ヘイ氏はさらに、毎日鏡で自分を見て、

「ありのままの自分を受け入れます」
「〇〇(自分の名)、かわいいね」
「〇〇、素敵よ」
「〇〇、よく頑張ってるね」

といった声掛けをしましょう、
と勧めています。

メンタル不調の方の多くは
自己価値観が低い、つまり
自分を嫌っているので、

まずここがなかなかできない、
抵抗になって進めない、という方が
少なくありません。

でも、それでよいのです。
抵抗があっても、それでも
毎日少しずつでも鏡の自分に向かって

「素敵だよ」
と声をかけ続けていると、
やがてだんだん、自分を素敵に
感じられるようになってきますから。

あとはただただ、繰り返し練習するのみ。

これは身体でいえば、
例えば腹筋トレーニングを
するのと同じようなものです。

最初は筋肉がないので、ほとんど
身体を起こせません。

しかし毎日繰り返していると
次第に楽になり、

楽になると意欲が出てくるので
自発的に腹筋回数をもっと
増やしていくようになります。

そして気づくと、腹筋を始めた
当初よりも、はるかに身体が
軽く、柔軟になっていることに
気づくことでしょう。

メンタルの方に話を戻すと、

そのころになるともう、いつのまにか
「素敵な自分」が前提の、
より高い自己価値観を持つ
自分になっているわけです。

そして外界の現実はあなたの内面の反映なので、
内面が変わると(たとえ数週間~数か月の
タイムラグがあっても)
確実に現実化していくのです。

あなたは、このシンプルで強力な
法則を受け入れられますか?


カテゴリー: 潜在意識 | タグ: | 2件のコメント

不安は「言葉化」で減らせる


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

程度の差はあれ、人間、生きていれば、
日々の暮らしの中で
いろいろな不安が
生じてくるものですよね。

不安を生じさせるような出来事が起こること自体は
私たちにはコントロールできませんし、
不安も一種の反応なので、不安が生じること
そのものをなくすこともできません。

・・・

しかし、生じた不安をそのままどんどん
増大させるのではなく、

自分で意識的に小さく保ったり
最初よりも減らしたり、受け流したりするのは
自分の意識の持ち方を練習することで
誰でも習得できるスキル(技術)です。

・・・

精神科医の樺沢紫苑氏は、
下記動画の中でそれを説明しておられます。

「不安を簡単に取り除く方法」

この中で氏は、
不安を「言葉にして表現」する
(言葉に出して言ったり、日記に書く)
ことで、

感情(不安を含む)をつかさどる
「扁桃体」という脳の部分の
興奮を抑え、その結果
不安が低下することを、

最近の医療機器「ファンクショナルMRI」
を使った脳のイメージング研究で
わかってきたことを
話しておられます。

・・・

ただし一点補足すると
(樺沢氏はほとんど触れていませんが)、
ネガティブな言葉を繰り返し言っていると
今度はその言葉からくるイメージ力で
却って精神状態を悪化させる恐れがあります。

なので、

ネガティブな、あるいは否定形での表現
(話す、書く)を、ポジティブな肯定形での
表現に転換しておく必要があります。

例:
満員電車の中で呼吸が苦しく
なったらどうしよう、不安だ

満員電車の中でも私は大丈夫、
落ち着いて過ごせる。
そして、必要な時には
周りに助けを求めれば何とかなる。

ーーーーー

こうすれば、後から言った肯定形の方だけが
潜在意識に入り、記憶され、活用されるので
良い効果だけが発揮されます。

このコツ、
「肯定形だけが有効」
「後から言った( or 書いた)言葉だけが有効」

というのは、
脳科学・心理学・経営学を
融合した経営コンサルタントの
中井隆栄氏に教わりました。

前回書いた記事
「潜在意識は否定語を理解しない」

もご参照ください。


カテゴリー: 不安, 潜在意識 | タグ: | コメントをどうぞ

潜在意識は冗談を理解しない――潜在意識の性質その3


 

こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

これまでに、潜在意識の3大特徴

1)潜在意識は、自他の区別がない
2)潜在意識は、否定語を理解しない
3)潜在意識は、冗談を理解しない(冗談が通じない)

のうち、2つめまでの
内容についてご説明してきました。

今回は3つめについて
お伝えしますね。

3)潜在意識は、冗談を理解しない
(冗談が通じない)

例えば、誰かにほめられた時、
「いやあ、大したことないんですよ」

とか、

「いや、私じゃなくて、
〇〇さんのおかげです」

といった応答をする方、多いですよね。

特に日本では自慢するよりも
謙虚な人、他人のおかげという方が
礼儀正しい、謙虚だ、道徳的だ

という価値観が昔から続いているので
もう反射的に、こうした受け答えに
なる人が多いでしょう。

これをする時にどんな心理が
作用しているかというと、

・実際に自分は大したことない、
ホメてもらうほどのものではない
と思っている

・(特に他人の前で)ホメられると
他の人のやっかみ、ねたみを買う
怖れがあると感じ、否定したくなる

が考えられます。

ただ、日本では上記のような
「謙譲の美徳」があるぶん、
口では違うと言っていても

本当はある程度は嬉しいし
誇らしいのだろう、というのは
わかってもらえているでしょう。

しかしもっとネックになるのが
自分が何かを得るために主張しなくては
ならないような場面の場合です。

例えば数人いる場で、誰もが好きな
お菓子が人数分ないとします。

あなたが棄権すれば、他の友人たちは
お菓子が行きわたるというような場合、
素直に「私もそれがほしい!」
といえるでしょうか?

日本は謙譲の美徳があるために
自分の利益のために主張する人は
時に嫌がられる風潮もあるものの、
一方で

「口では要らないと言っているが、
本当はあの人だって欲しいのだろう」

という推測のもとに
そのお菓子をある程度分けてくれたり
することもあるでしょう。

それで、まあまあ丸く収まる、
というわけです。

欧米等では日本よりは

「言ったことが、思ったこと」

という前提にあるので
きちんと言葉に出して
主張する必要がありますが、

それでもある程度は手加減してくれる
場合もありえます。
特に親しい間柄ならば。

しかしあなたの潜在意識は、もっともっと
シビアというか、素直でストレートです。
ある意味、「バカ正直」
ともいえます。

ですから

「自分など大したことはない」

「そんなのいただくなんてもったいない、
私にはお構いなく(=要りません)」

などと口にしたり、そう思っていると、
その通りの現実が引き寄せられます。

多くの人たちが「〇〇がほしい」と
何年も思っているのに手に入らない場合、
実は本人も明確には気づいていないレベルで

「そのようなものは要らない」
「そんな良いものを受け取るような
価値が自分にはない」

と思っていることが多いのです。

以前、私のホリスティック・カウンセリングを
受けに来られたクライアントさんで、
このような例がありました。

その方は結婚を望みながら
異性づきあいが長続きしない、

あるいは交際を始めたと思ったら
後で既婚者だったとわかった。

または、強烈に好きになった人が
既婚者や彼女ありで、
自分はいつもセカンド扱い、
という状況です。

「なぜ、自分ばかり男運が悪いんでしょう?」

と彼女は嘆くのですが、
カウンセリングを通じてご本人の
内面をよくよく探っていくことで
次のようなことがわかってきました。

・自分は「1番大切な女性」
になるほどの価値がない、
だからセカンドのポジションがお似合いだ

・一番大切な女性になったら結婚となり、
他の人生の選択肢

(もっと良い男性との交際や結婚、
仕事にまい進できる生活、
旅行や趣味など好きなことに没頭できる
自由度のある生活 e.t.c. )

をあきらめなくてはならない。
だから、結婚に至らないような
男性とだけ付き合おう

・結婚に伴う諸々の制限
(相手の家族とのつきあい、
妊娠や育児に、少なくとも
向こう20年はエネルギーを

かけねばならない e.t.c. )
を背負う決心がつかないので
先延ばししたい

等です。

また、この方が結婚相手に
望む条件というのも

「自分と価値観が合う人」
「優しい人」
「離婚歴のない人」
「自分と同等以上の学歴や収入がある人」

といったことを挙げるのですが、
その条件とは具体的には何かが
明確になっていません。

例えば「離婚歴がない」とは
結婚したことがないという
ことになりますが、

そうした、結婚のみならず
交際もほとんどしたことのない人の中には、

相手の気持ちを思いやれない人や
性格の偏りの大きい人も
世の中にたくさんいます。

しかしそうした人は、
彼女の挙げる条件には
叶っていることになるので、

この条件で相手を求めると、
変な人との縁が
できやすくなってしまいます。

それに上記の条件を全て
満たしているとしても、

意地悪な姑や舅がいたり
彼らが病気や認知症になって介護を要したり
夫本人がそのような状態になるかもしれません。

生まれてくる子供が先天性障害のため
心理的・体力的・経済的に
大きな負担を要するように
なるかもしれません。

あるいは、晩婚が多い昨今ですから
妊娠に至るために予想以上に
時間と労力とお金が
かかるかもしれません。

そのように、全てを予め
カバーすることは不可能ですが、

しかし自分の求めるものは明確に規定し
規定しきれないものも、最終的に自分が
どういう状態になれば幸せと感じるのかを
はっきりと定義し、

それを文字にも記録し、
しょっちゅうそれを読み返して
潜在意識に「これがほしいのよ!」
とオーダー(注文)する必要があるのです。

マリッジカウンセラーの
このはなさくや氏が動画の中で
言っておられることですが、

ただ「パートナーがほしい」というのは、
中華料理屋に入って
「中華が食べたい」というのと同じで
具体性に欠けるので、

客が食べたいメニューを選び、決断し、
明確に注文するまで、
料理人も待つしかないのです。

だから、もう何年も希望しているものが
あるのに実現しないなあと思っている方は、
注文の仕方が漠然としていないか、

あるいはまだか叶っていないと思っているが
実は既に注文通りのものを受け取っている

(前述の、「変な男性ばかりくる」
と言っていた女性のように)
のではないか、よく検討
してみる必要があります。

あなたは、本音からの希望を
ストレートに、しかも
明確に定義して
「注文」していますか?


カテゴリー: 潜在意識 | タグ: | コメントをどうぞ

潜在意識は否定語を理解しない――潜在意識の性質その2


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

それでは前回に引き続き、
潜在意識の3大特性のうち、
今回は2番目

「潜在意識は、否定語を理解しない」

についてご説明しますね。

潜在意識の3大特性を
復習として
挙げておきますと、

1)潜在意識は、自他の区別がない
2)潜在意識は、否定語を理解しない
3)潜在意識は、冗談を理解しない(冗談が通じない)

となります。

2)潜在意識は、否定語を理解しない

例えば今あなたに、私が

「ピンクの象(ゾウ)を思い浮かべないでください」

といったら、どうでしょうか?

言い終わらないうちにもう、
ピンクの象が浮かんでしまった
のではないでしょうか。

224972

このように、潜在意識は
否定語を理解しません。

だから、あなたが何かを
引き寄せたいと思っても、
その表現が否定語や否定形だと
逆効果になってしまいます。

例えば

「腰痛になりたくない」
といえば、腰痛をイメージしてしまうので
腰痛になりやすくなりますし、

「食べ過ぎないようにしよう」
と思えば、過食している自分をイメージしているので
実際にも食べ過ぎてしまいがちです。

「禁煙したい」といえば
タバコを吸っている自分のイメージが浮かぶので
禁煙に挫折しやすくなります。

潜在意識は、イメージ通りに
実現しようとがんばってしまうからです。

もし禁煙に成功したいなら、

・軽やかな健康体
・楽で爽やかな息
・素材の風味がしみじみ感じられる、
美味しい食事の時間

・自然で良い香りのする部屋や衣服
・健康的な鮮やかな赤い血液が
サラサラ流れている肺の毛細血管

・「パパ、体力がついたし、えらいね!」
と家族にホメられ、得意になってニコニコ
している自分の表情や、誇らしい気分

・軽々とランニングし、公園の自然を
見て楽しんでいる自分の姿
・飛行機や新幹線、映画館などで
安心して過ごしている自分の感覚

・(タバコ代に消えていた)お金が
他の好きなことに使える自由さ、余裕感
・健康診断で、毎年悪かった数値が改善し、
担当医にホメられている光景

といった、ポジティブなイメージを何度も
思い浮かべ、感情で味わい、感覚としても
リアルに感じられるくらいに
なっておくと、実現のスピードが上がります。

この辺りの自己暗示、引き寄せ、
アファーメーションなどは
「自己催眠」ということもできます。

催眠についてはさまざまな本があるので
何かお好きなものを選んで基礎を
学ばれるのが良いと思いますが、
1冊挙げるとしたら

『あなたの人生を変える催眠療法』
(リンダ・ジョイローズ著、雷韻出版)

それと、禁煙に関しては
私もクライアントさんのために
何冊か勉強しましたが、

中井隆栄氏の下記が
最もよくまとまっており
覚えやすいと思います。

(他の催眠療法の本は、
邦訳時の問題かもしれませんが
アファーメーション文に否定語が使われて
いたりして、活用しにくい部分もあります)

『幸せな「セレンディピティ」が次々におきる本』
(中井隆栄著、学習研究社)


カテゴリー: 潜在意識 | タグ: | コメントをどうぞ
  • 2017年3月
    « 1月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031