「マイ哲学」を持っていれば、死も怖くない 


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

数年前にベストセラーになり、
文庫化されて読み続けられている本を
本日はご紹介します。

最近、「がん哲学外来」
(がん患者が自分の人生の意味や
死について相談できる外来)や、

現役救急医療医師による
『人は死なない』シリーズが非常に売れ続けて
いることとも合わせて考えると、

団塊の世代が高齢化していき、自身の死についても
意識する人が増えていることや、

それよりも若くてもがんで死期を意識する人が
増えていることが、こうした書籍を手に取る
人が増えている理由なのではと考えます。

ーーーーー

で、本日ご紹介するのは
『死ぬときに後悔すること25』
(大津秀一、新潮文庫)
です。

ホスピス医である著者が
多くの患者さんを看取った経験から、

死に臨む人たちが最も悩む、後悔すること
トップ25を挙げ、それについて
解説した本です。

本日取り上げるのはこの中の23項目め、

23)生と死の問題を乗り越えられなかったこと

です。
ーーーーー

「死後の世界がある」というのは、
科学が優勢な価値観を持つ
現代の特に先進国では、
否定的に見られがちです。

著者の友人は
「結局人は塵になるんですよ、
宇宙の塵に。

僕はどうしてもそう思ってしまう。

一切の幻想を許さないんだ。

科学者としての冷徹な目で
見てしまうんだよ」

と述べたそうです。

ただ、ここで私が感じたのは
「科学者」でも、果たして本当の「真実」を
どこまで理解できているのだろうか?

という点です。
(私自身も科学、特に物理学などは
詳しくない方なので、以下は不正確な
描写が含まれているかもしれません。
その点は恐縮ですが、ご了承ください。)

現在まで主流となってきた科学、特に物理学は
「ニュートン物理学」ともいわれ、
マクロな―――つまり、人の目で見てわかるような
比較的大きな物体の動きや性質に関わるものだといいます。

小さいものでも、せいぜい原子や素粒子レベル。
しかし最近詳細がわかりつつある
量子物理学では、従来のニュートン物理学とは
根本原理がかなり異なるそうです。

たとえば、ある現象を観察する人の意識が
観察された対象(例えば電子)の
振る舞いを変え得るとか、

物理的に離れた対象へ
自分の思考エネルギーが影響しうると
いったことが普通にあるそうです。

「科学的思考」を最高の価値と見なす人たち
――しばしば、名のある科学者でも
あることも多いのですが――
が、私から見ると結構躍起になって

「(スピリチュアルでいうところの)エネルギー」
「個を超えた意識」
といった観点に激しく嫌悪感を示し
批判する発言をすることが多いようです。

例えば臨死体験をして戻ってきた人の
体験談を聞いても

「死に臨んで脳が、少しでも
苦痛から逃れようと本能的に
『脳内麻薬』を分泌して体験させた
『幸せな幻覚』に過ぎない」

と断じます。

もちろん、本人たちがそうした見方で満足し
自身の人生の意味も見い出せ、

死をも恐れず最期の日まで
充実して過ごせているならば、
何も問題ありません。

しかし「科学的」「中立的」「論理的」
思考や価値観を固守しようとするあまり
日々の自分の生活に意義を見出せない場合は
そろそろもっと柔軟性を発揮しても良いのでは?
とも思うのです。

ーーーーー

前述『死ぬときに後悔すること25』
の中で著者は、以下のことを述べています。

「いや実際に、それ(浜野注:人生の意義や
死後どうなるかということ)をあまり
考えることなく死期が迫った人は、
戸惑うのである。

生きていることが単純に幸せで、
死ぬことが単純に不幸なら、
人の生涯は最後に不幸が来て
それで確定となってしまう。

そのように考えるなら、
人生は最後に必ず負け戦で
終わるもの、あるいは究極的には
喪失が連続する体験ということに
なってしまうだろう。

また、もし死の意味を
見出し得なければ、
死は大きな恐怖となって
眼前に立ちふさがるだろう。

(中略)

幸せの頂点を極めれば
次に来るのは不幸だし、

逆にどん底の極みにだったら
以後は何をしても幸せが
感じられるだろう。

一見、人生は不沈極まりない
ようにさえ見える。

だからこそ何らかの軸、
それが死生観や人生観だと
思うのだが、そういうものが
ないと溺れてしまうのだろう。

(中略)

確かに成功者と言われるような人たちは、
何かしらそのような「マイ哲学」が
あったような気がする。

もちろん「マイ哲学」が単なる
快楽主義のような浅いものであった
場合は、最後になって
築き上げた城は崩壊したが、

独自の人生観を「マイ哲学」で
築いていた人間は、死を前にしても
堂々たるものだった。

(中略)

もっと生と死について知り、
それに対して己の考えを
確立できれば、

間違いなく
終末期となっても
後悔や恐怖は少ないし、

もちろん元気なうちから
それが心の柱としてあれば、
たくましくこの世を生きていけるに
違いないと思っている。」

ーーーーー

あなたは人生の意味や
迫り来る死の意味を
ご自分なりに「これだ」と
捉えらえるスタンス、価値観、
つまり自分なりの死生観
(=マイ哲学)を手に入れていますか?

ーーーーー

次回は同じ本の中から
もう1つの後悔項目、

24)神仏の教えを知らなかったこと

を取り上げます。

『死ぬときに公開すること25』


カテゴリー: スピリチュアル, メンタルヘルス, 幸福度 | コメントをどうぞ

記録することで成長を言語化できる


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

私が起業関係の情報商材を最初に購入したのが
多分、今井孝氏なのですが、
それは「お金のメンタルブロック」
について初めて中心テーマとして扱った商品で、
大変興味を持ったからです。

実際購入してみると、
とても勉強になりました。

その後も彼のメルマガを
いつも楽しく読んでいるのですが、
今回もへえ~という感じで、
納得感がありました。

で、本文ももちろん良かったのですが、
個人的には末尾の「最後に一言」
が特に良いなあと思いました。

 

というのも、
自分のメンタルな改善・成長度合いも、
記録しておかないとなかなか
差がわからないものです。

記録しておくことで、
「大して進歩していないように感じていたけど、
かなりできてきた部分もある」
とわかるので、精神衛生上も良いのです。

私はクライアントさんたちにもよく、
自分の気分や体調や、良いできごとなどを、
どんなささいなことでも良いので
記録しておくよう勧めていますが、

それを実行できた方は、
自分の過去の文章に励まされるので、
成長が早いです。

その記事はこちらです。

「『バイト日記』が出て来ました!」

 


カテゴリー: メンタルヘルス | タグ: | コメントをどうぞ

「マンネリ意識」「当たり前視」は頭を悪くする


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

前回の記事
「失敗」してこそ頭が良くなる

に続いて、
『海馬』からの話題です。

「最近、記憶力が落ちたなあ」
と感じているあなた。

「年を取ったんだから、仕方ない」
と考えていませんか?

実はそれは本当は記憶の問題ではなく、
あなたのマンネリ意識が原因かもしれません。

子供の時期は日々の体験が新鮮なので、
それに意識を集中し、味わい、感動しています。
だから毎日が印象的で、感動に満ちています。

しかし経験を重ねると徐々に
新鮮味がなくなり、すると
日常生活での一つ一つの体験が
マンネリ化し、印象に残りません。

その結果、

「確かに経験したはずなのに
ほとんど記憶に残っていないのは、
記憶力が低下した、頭が悪くなったのでは」

と感じてしまうのです。

脳科学者の池谷裕二氏は
このことについて
「生きることに慣れてはいけない」
という表現をしています。

ーーーーー
メンタルヘルス上でも、「当たり前」と
思うことが増えれば増えるほど
「感謝」や「喜び」が減り、
すると「自尊心」や将来への「希望」すら
低下するので、

・「~して当たり前」という意識
・毎日同じ行動パターンを取る

ことが多い人ほど、脳も、したがって
心も刺激を受けにくく、その結果

・気分がさえない。
→さらに進行すると「うつ」や「不安」
になりやすくなる

・脳が新たな刺激を受けないので
思考力や判断力も鈍っていく

ことがわかっています。
ーーーーー

東京で栄養療法も取り入れた
心療内科クリニック
「新宿OP廣瀬クリニック」
で診療しておられる廣瀬久益先生は、

これを「(心の)生活不活発病」
と呼んで、
「心が冴えないときこそ、
先に身体から動かして刺激すべき」

伝えておられます。

人の心と体は密接に関係しているので、
身体を動かし、心拍数が上がったり
体温が上昇すると代謝が上がり、

それにつられて脳も刺激を受け
気分・意欲・集中力が上がります。

こちらの私の過去記事(昔から書いている
「精神科医 浜野ゆりのホリスティック日記」の)
「体は心を動かす」

もご参考に。

ーーーーー

前出の池谷氏はその根拠の1つとして
脳内の「側坐核」という部分の働きが
関係する「作業興奮」という現象であると
説明しています。

典型的なのが、例えば
部屋が散らかっているのを片づけなければと
思っているが、おっくうだ
と当初感じている。

しかしいざ片づけに取りかかると、
徐々に気分がノッてきて、

気づくと、当初の予想以上に
どんどん片づけたくなり、
実際に片づけることができ、
部屋がきれいになった。

といった体験です。

池谷氏はこれを、
以下のように述べています。

「やる気がない場合でもやりはじめる
しかない、ということなんですね。

そのかわり、一度はじめると、
やっているうちに側坐核が
自己興奮してきて、集中力が
高まって気分が乗ってくる。

だから『やる気がないなぁと思っても、
実際にやりはじめてみるしかない』のです。」

あなたも、こうした経験があるのでは
ないでしょうか?

ですから、気分が冴えない、
乗らない時こそ、
身体の方からまず動かしましょう。

ーーーーー


カテゴリー: メンタルヘルス | タグ: | コメントをどうぞ

「失敗」してこそ頭が良くなる


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

あなたは、失敗が怖いほうですか?

まあ、誰でも失敗はしたくないでしょうし
できるだけ成功するためにこそ
頭を使うのでしょうが、

生きている以上、思うようにいかないこと、
予想に反した結果になることは
珍しくありません。

その際には、「失敗」を
どうとらえるか、つまり
どう意味づけるかでその体験の
意義が変わり、

それに応じて
あなたの感情が変わり、
自己評価が変わります。

ストレスに強く、成功している人
の多くは感情が安定していますが、
その理由の一つが
「失敗を失敗と思っていない」
からです。

つまり、特定の結果を期待して
行動したのにそれが得られなかった場合も
「失敗だった、自分はダメだ」
という捉え方をするのではなく、

「このやり方では上手くいかない
ことがわかったから、よかった」

と、
「成功に向けての情報が得られた」
ことに意識を向けるので、
別に「失敗」ではないのです。

そして
「ではどう改善したら、
次は上手くいくだろうか?」

という視点で考え、次の一手を考えるので
実際に行動すればするほど
成功率は上がり、

それを繰り返すので
社会的にも、あるいは人間関係上も
成功していくのです。

また脳は、その持ち主(つまり、あなた)
の言いつけどおりに機能するので、
あなたが

「今回のどこを訂正すれば
次回、上手くいく?」

と問えば、それを見つけるべく
働き、回答をくれるので
改善法がわかるようになります。

すぐにはわからない場合も
何日間も問い続けると
普段はすっかり忘れていると思っていた
過去の情報がフッと思い浮かんだり

なぜか急に特定の知人と
久しぶりに話したくなって電話し
食事を共にしてみたら、

求めていた情報が、話しの流れで
知人の口からポロッと出てきたり・・・
ということが起こります。

それに、人は感情の動物なので、
いくら頭で「こうすべきだ」と思っていても
感情が動かないとなかなか行動できません。

もしもあなたが、
上手くいかなかったことについて
自分を責めたら、気持ちがへこむので
次の行動を取りづらいでしょう。

対照的に、もし上手くいかなくてもその時に

「うん、でもおかげでこの方法では
いけないとわかったから、よかった!

それに、初めてのことなのに、
〇〇という行動を取った自分は
なかなか勇気があるじゃないか。
私、よくがんばったね!」

と自分に対して見るようになると、
「行動できた自分」自体がホメの対象なので、
次もまた行動しよう、という気になります。

成功している人、心の安定している人は
こうした工夫を自分に対して
常に行なっているのです。

ーーーーー

脳科学者、池谷裕二氏の本『海馬』では、
脳機能と記憶、脳神経の発達などに
ついて、わかりやすく対談形式で
書かれていますが、

その中で
以下の内容を述べています。

彼の友人の科学者がサルに
丸と楕円の区別をさせる実験をしたのですが、
なかなかできません。

しかし、楕円の前段階として
三角を中間課題として出すと、
丸と三角の区別はつけられるようになる。

そのうちにいつしか丸と楕円の区別も
できるようになる、つまり
だんだんと微妙な違いが
わかるようになるのだそうです。

この時の成功率とその後の
学習効果について、池谷氏は
以下のように述べています。

ーーーーー

一足飛びには無理なのだったら、
まずは途中にあたる課題に取り組んだ
ほうがうまくいきます。

スモールステップアップといいますか。

しかも、学習の過程で、
より多くのミスをしたサルのほうが
将来的には記憶の定着率がいいのです。

脳は、消去法のように、
「ミスをした方向に再び
進まないように次の道を選ぶ」
という性質があります。

三角なのにレバーを押してしまって
(丸だと回答してしまって)
罰を受けたら、これはむしろ
脳にとっては飛躍のチャンスなんですね。

「これは違うんだ」とわかった上で、
次の道を選べるから。

失敗をくりかえさないと、
あまりかしこくならないです。

ーーーーー

このように、「失敗」は
あくまでも「成功」への
プロセスであり、
中間地点に過ぎません。

ある起業塾では塾生に最初に
「『失敗しない』ことを
あきらめてください」
と言います。

つまり、会社員(あるいは主婦)から起業家へと
全く新しい分野の行動をせねばならないのに、
失敗なく成功だけできるわけはないのです。

山のように「失敗」するのが普通。

大事なのは、それを現実からの
フィードバックだと受け取り、
より成功に近づけるための工夫を加えて
次の一手として行動してみる、

それでまた失敗したら(特にはじめのうちは
大半が失敗続きでしょう)、
また手を加えて次を試みる。

この粘り強さと、自身および
将来への信頼感が、その人に
「成功」をもたらすのです。


カテゴリー: 脳機能, 記憶 | タグ: | コメントをどうぞ

スローライフは家族関係を改善する


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

最近のオーストラリアの比較的富裕層では、
親が子供の教育に加熱となり、
まだ10歳にも満たない子供たちに
週に11個の習い事、1日13時間もの
間、習わせている例もあるそうです。

常に時間に追われ、成績に追われ、
家族がぎくしゃくし、
ゆっくり会話する間もなく、
移動中の車で子供は居眠り・・・

それでも現状をなかなか変えられないし、
変える必要性がわからない。

とはいえ、「スローライフ提唱者」の
カール・オノレイのもとに助けを求めて来た
3家族がありました。

それら家族への彼のアドバイスを
密着取材した番組を見ました。

それが2月27日放送の
「地球ドラマチック」。

タイトルは
「スローライフが結ぶ家族の絆」
です。

この中でオノレイ氏が示した
「スローライフ 5つのルール」
が以下です。

①家の中の画面は全てオフ
②2km以下の移動は車を使わない
③子供の習い事は1つだけ
④1日1度は家族で食事
⑤親子で向き合う時間を作る

これらのルールに、特に
「習い事を減らす」ことに
まず親が強く抵抗しましたが、

実行できた家族では、
親子がのんびり会話し、
互いの考えていること、
感じていることなどを
シェアでき、

親はもちろん、子供も
いつも急かされていることからくる
身体の慢性緊張や、
心の慢性緊張からくる不眠や疲労も
改善しました。

特に小学校低学年までの子だと
忙しすぎる生活パターンから早く
脱出して本来の健康な
リズムや感性を取り戻しやすかったようです。

思春期に入った少女は
スマホでのひっきりなしの
メッセージ交換をしないと
友人が減ったと訴えていましたが、

それが本当に必要な友人なのか、
(実験のための)わずか数週間、
学校外でのメッセージがなくなっただけで
減ってしまう「友人」って

本当に大事にしたい人間関係なのか、
根本を問う必要がある課題です
(時間の関係で、番組では
この点には触れていませんでしたが)。

ーーーーー

精神科医としての私の感想ですが、
今回登場した家族は大体みな
子供たちがまだ小学生。

しかし彼らが中学~高校生以上になり
家庭以外の人間関係の重要度が増すと
現在よりも重大な問題が起こる
可能性が高くなるでしょう。

前回の記事(3月8日)
「休んでこそ脳機能はアップする
――長時間労働は生産性が低い」

でも少し触れましたが、まさに
“All work and no play makes Jack a dull boy”
で、

勉強や習い事ばかりで
同年代の人間とのリアルな
関係性の中で自分が揉まれる
経験を積まないと、

相手の気持ちもわからず
共感性が薄い人間になるので、
本当の友情関係を築けなくなります。

番組に登場していた子の1人が
「少しでも(習い事を)休んだら
他の子に追い抜かれる」
と言っていましたが、

これはつまり、
他人を「ライバル」としてしか
見ることができていない状態です。

そんな視点で他の人を見ていては、
心を許した友人関係を
持つことは難しいですよね。

ましてや、友人関係よりも更に
複雑な恋愛関係など、
難問過ぎてお手上げになることでしょう。

実際、親に溺愛されて育った子供が
いざ結婚という段になって
大きな挫折を味わうことも少なくありません。

ーーーーー

親の意向に沿ってばかりで
十数年も過ごすと、ついには
自分の気持ちも感じ取れなくなります。

それで一生、親の望む通りの道で
才能をどんどん伸ばし、
世界的な存在になれれば問題ないでしょうが、

ほとんどの人は天才ではないので、
いずれ限界に突き当たり、
しかしその頃には
自分というものがなくなっているので、

では次の進路をどう決めようかと思っても
全くお手上げとなってしまいます。

他の価値観があるかもしれないという
視点さえなかなか持てないので、

「この分野で1番になれない自分は、価値がない」
と極端な結論をくだし、
心の病になってしまう人も少なくありません。

そうした未来が予想できるので、
この親子たちには、とても
危機感を覚えました。

ーーーーー

また、登場した親たちは

「子供の教育以上に、親が情熱を
傾けるべきものがあるでしょうか」

「自分ができなかったことを子供にはさせたい、
チャンスを与えたいのだ」

と主張していましたが、

そうした考えは、よく考えれば
「自分の満たされなかったものを
子供に代理で満たしてもらう」
ことを意味しています。

また、普段分刻みで子供たちに次々と
指導し続けていた父親は、

そのせわしないスケジュールがなくなった
スローライフ実験中の数週間、
「子供たちにどう声をかけたら良いのかわからない」
といっていましたが、

これはつまり、
普段は子供たちの身になって、
子供が今何を考え何を感じ、

何を求めているのかを
わかろうとしていなかった、
一方的に自分の価値観を押し付けていた、
ということを意味します。

親自身が自分の内面の
そうした偏りを自覚し
子供たちになぜそんなに求めるのかを
じっくり考えることができれば、

今後の子供たちとの関係も、
自分自身の人生も変わっていくことでしょう。

親が、子供の成績に躍起になるのではなく
自分自身を成長させる楽しみと充実感に、
早く気づけるようになってほしいと
切に感じた番組でした。


カテゴリー: ストレス, メンタルヘルス | タグ: | コメントをどうぞ

休んでこそ脳機能はアップする――長時間労働は生産性が低い


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

あなたは、きちんと休んでいますか?

仕事をがむしゃらに長時間するよりも
適度に休むことがパフォーマンスを上げること、

すなわち
「休むのも能力のうち」
だと、理解・納得しておられるでしょうか?

現在米国留学中の精神科医の西多昌規氏

「東洋経済ONLINE」

の中で、以下の内容を書いておられます。

ーーーーー
厚生労働省が10月中旬に発表した
「就労条件総合調査」(2015年)によれば、
常用雇用が30人以上の4432法人のうち、
2014年の年休取得割合は、47.6%に過ぎなかった。

100%近い国もある欧州や
70%台のアメリカなどと比べても、
日本は依然として先進国の中では
最低水準を記録し続けている。
ーーーーー

その背景として、

・「みんなが忙しいのに、自分だけ休むのは申し訳ない」
という自責感や罪責感

・「みんなが忙しいのにお前だけ休むなんて」
という攻撃性

といった感情的な問題が潜んでいることが、
休みをとりづらくしている遠因なのでは、
と述べています。

さらに、

ーーーーー
休みは疲労解消といった防御的な働きだけではなく、
もともとの自分のパフォーマンスを高めてくれる
というポジティブな作用もある。

睡眠には、日中に学んだ必要な記憶・経験を
脳内で増強させる学習促進作用があることは、
数多くの学術論文が示しているし、
わたしたちも経験することでもある。
ーーーーー

と述べ、例えば
一夜漬けの試験勉強の内容は
あっという間に忘れてしまう例
を挙げています。

このように脳機能上も、休むことが
本当の意味でパフォーマンスを
上げることに必要なのです。

そして、以下のように結んでいます。

ーーーーー
筆者は現在、米国のスタンフォード大学で
短期間の在外研究を行っているが、
米国人は休み上手であるとつくづく思う。

夕方は5時前から帰宅ラッシュ。

金曜日に仕事を頼んでも、
実際に動き始めるのは
週明けからのことが多い。

しかし、彼や彼女らの仕事の質が
決して低いわけではまったくない。

たとえばスタンフォード大学のある
シリコンバレーでは、グーグルや
フェイスブックに代表される
世界的なイノベーションが、
今も非常に活発に動いている。

長時間労働をしても生産性には劣る、
自分を含めた日本社会が悲しく見えてくる。
ーーーーー

そういえば私も以前、
大きな病院に勤めていた頃、
精神科部長が交代した際に、
後任の人(大学の先輩)が、当初は

「人間、休みもきちんと取らねば、
本当に良い仕事もできない。

だから、自分が部長になったら、
全員、夏休みや年末年始休暇は
2週間ずつ取れるようにしよう!」

と言っていたのですが、
就任した途端、いつのまにか
先例通りに「最長でも1週間」
に収まってしまいました。

やはり自分が管理者側になると、
部下の休みを長く取らせることによる

交代要員の仕事の割り振りなどの
体制作りが不慣れなので嫌だ、
となったのかもしれません。

でも「グーグル」や「フェイスブック」
をはじめ、本当に革新的で
世の中に必要とされる事業を
やっている会社は、

仕事への心構えも、
他とは違うのでしょうね。

下記のような本が出版されているのも
今という時代を象徴していると感じます。


カテゴリー: メンタルヘルス | タグ: | コメントをどうぞ
  • 2017年11月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930