スローライフは家族関係を改善する


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

最近のオーストラリアの比較的富裕層では、
親が子供の教育に加熱となり、
まだ10歳にも満たない子供たちに
週に11個の習い事、1日13時間もの
間、習わせている例もあるそうです。

常に時間に追われ、成績に追われ、
家族がぎくしゃくし、
ゆっくり会話する間もなく、
移動中の車で子供は居眠り・・・

それでも現状をなかなか変えられないし、
変える必要性がわからない。

とはいえ、「スローライフ提唱者」の
カール・オノレイのもとに助けを求めて来た
3家族がありました。

それら家族への彼のアドバイスを
密着取材した番組を見ました。

それが2月27日放送の
「地球ドラマチック」。

タイトルは
「スローライフが結ぶ家族の絆」
です。

この中でオノレイ氏が示した
「スローライフ 5つのルール」
が以下です。

①家の中の画面は全てオフ
②2km以下の移動は車を使わない
③子供の習い事は1つだけ
④1日1度は家族で食事
⑤親子で向き合う時間を作る

これらのルールに、特に
「習い事を減らす」ことに
まず親が強く抵抗しましたが、

実行できた家族では、
親子がのんびり会話し、
互いの考えていること、
感じていることなどを
シェアでき、

親はもちろん、子供も
いつも急かされていることからくる
身体の慢性緊張や、
心の慢性緊張からくる不眠や疲労も
改善しました。

特に小学校低学年までの子だと
忙しすぎる生活パターンから早く
脱出して本来の健康な
リズムや感性を取り戻しやすかったようです。

思春期に入った少女は
スマホでのひっきりなしの
メッセージ交換をしないと
友人が減ったと訴えていましたが、

それが本当に必要な友人なのか、
(実験のための)わずか数週間、
学校外でのメッセージがなくなっただけで
減ってしまう「友人」って

本当に大事にしたい人間関係なのか、
根本を問う必要がある課題です
(時間の関係で、番組では
この点には触れていませんでしたが)。

ーーーーー

精神科医としての私の感想ですが、
今回登場した家族は大体みな
子供たちがまだ小学生。

しかし彼らが中学~高校生以上になり
家庭以外の人間関係の重要度が増すと
現在よりも重大な問題が起こる
可能性が高くなるでしょう。

前回の記事(3月8日)
「休んでこそ脳機能はアップする
――長時間労働は生産性が低い」

でも少し触れましたが、まさに
“All work and no play makes Jack a dull boy”
で、

勉強や習い事ばかりで
同年代の人間とのリアルな
関係性の中で自分が揉まれる
経験を積まないと、

相手の気持ちもわからず
共感性が薄い人間になるので、
本当の友情関係を築けなくなります。

番組に登場していた子の1人が
「少しでも(習い事を)休んだら
他の子に追い抜かれる」
と言っていましたが、

これはつまり、
他人を「ライバル」としてしか
見ることができていない状態です。

そんな視点で他の人を見ていては、
心を許した友人関係を
持つことは難しいですよね。

ましてや、友人関係よりも更に
複雑な恋愛関係など、
難問過ぎてお手上げになることでしょう。

実際、親に溺愛されて育った子供が
いざ結婚という段になって
大きな挫折を味わうことも少なくありません。

ーーーーー

親の意向に沿ってばかりで
十数年も過ごすと、ついには
自分の気持ちも感じ取れなくなります。

それで一生、親の望む通りの道で
才能をどんどん伸ばし、
世界的な存在になれれば問題ないでしょうが、

ほとんどの人は天才ではないので、
いずれ限界に突き当たり、
しかしその頃には
自分というものがなくなっているので、

では次の進路をどう決めようかと思っても
全くお手上げとなってしまいます。

他の価値観があるかもしれないという
視点さえなかなか持てないので、

「この分野で1番になれない自分は、価値がない」
と極端な結論をくだし、
心の病になってしまう人も少なくありません。

そうした未来が予想できるので、
この親子たちには、とても
危機感を覚えました。

ーーーーー

また、登場した親たちは

「子供の教育以上に、親が情熱を
傾けるべきものがあるでしょうか」

「自分ができなかったことを子供にはさせたい、
チャンスを与えたいのだ」

と主張していましたが、

そうした考えは、よく考えれば
「自分の満たされなかったものを
子供に代理で満たしてもらう」
ことを意味しています。

また、普段分刻みで子供たちに次々と
指導し続けていた父親は、

そのせわしないスケジュールがなくなった
スローライフ実験中の数週間、
「子供たちにどう声をかけたら良いのかわからない」
といっていましたが、

これはつまり、
普段は子供たちの身になって、
子供が今何を考え何を感じ、

何を求めているのかを
わかろうとしていなかった、
一方的に自分の価値観を押し付けていた、
ということを意味します。

親自身が自分の内面の
そうした偏りを自覚し
子供たちになぜそんなに求めるのかを
じっくり考えることができれば、

今後の子供たちとの関係も、
自分自身の人生も変わっていくことでしょう。

親が、子供の成績に躍起になるのではなく
自分自身を成長させる楽しみと充実感に、
早く気づけるようになってほしいと
切に感じた番組でした。


カテゴリー: ストレス, メンタルヘルス | タグ: | コメントをどうぞ

休んでこそ脳機能はアップする――長時間労働は生産性が低い


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

あなたは、きちんと休んでいますか?

仕事をがむしゃらに長時間するよりも
適度に休むことがパフォーマンスを上げること、

すなわち
「休むのも能力のうち」
だと、理解・納得しておられるでしょうか?

現在米国留学中の精神科医の西多昌規氏

「東洋経済ONLINE」

の中で、以下の内容を書いておられます。

ーーーーー
厚生労働省が10月中旬に発表した
「就労条件総合調査」(2015年)によれば、
常用雇用が30人以上の4432法人のうち、
2014年の年休取得割合は、47.6%に過ぎなかった。

100%近い国もある欧州や
70%台のアメリカなどと比べても、
日本は依然として先進国の中では
最低水準を記録し続けている。
ーーーーー

その背景として、

・「みんなが忙しいのに、自分だけ休むのは申し訳ない」
という自責感や罪責感

・「みんなが忙しいのにお前だけ休むなんて」
という攻撃性

といった感情的な問題が潜んでいることが、
休みをとりづらくしている遠因なのでは、
と述べています。

さらに、

ーーーーー
休みは疲労解消といった防御的な働きだけではなく、
もともとの自分のパフォーマンスを高めてくれる
というポジティブな作用もある。

睡眠には、日中に学んだ必要な記憶・経験を
脳内で増強させる学習促進作用があることは、
数多くの学術論文が示しているし、
わたしたちも経験することでもある。
ーーーーー

と述べ、例えば
一夜漬けの試験勉強の内容は
あっという間に忘れてしまう例
を挙げています。

このように脳機能上も、休むことが
本当の意味でパフォーマンスを
上げることに必要なのです。

そして、以下のように結んでいます。

ーーーーー
筆者は現在、米国のスタンフォード大学で
短期間の在外研究を行っているが、
米国人は休み上手であるとつくづく思う。

夕方は5時前から帰宅ラッシュ。

金曜日に仕事を頼んでも、
実際に動き始めるのは
週明けからのことが多い。

しかし、彼や彼女らの仕事の質が
決して低いわけではまったくない。

たとえばスタンフォード大学のある
シリコンバレーでは、グーグルや
フェイスブックに代表される
世界的なイノベーションが、
今も非常に活発に動いている。

長時間労働をしても生産性には劣る、
自分を含めた日本社会が悲しく見えてくる。
ーーーーー

そういえば私も以前、
大きな病院に勤めていた頃、
精神科部長が交代した際に、
後任の人(大学の先輩)が、当初は

「人間、休みもきちんと取らねば、
本当に良い仕事もできない。

だから、自分が部長になったら、
全員、夏休みや年末年始休暇は
2週間ずつ取れるようにしよう!」

と言っていたのですが、
就任した途端、いつのまにか
先例通りに「最長でも1週間」
に収まってしまいました。

やはり自分が管理者側になると、
部下の休みを長く取らせることによる

交代要員の仕事の割り振りなどの
体制作りが不慣れなので嫌だ、
となったのかもしれません。

でも「グーグル」や「フェイスブック」
をはじめ、本当に革新的で
世の中に必要とされる事業を
やっている会社は、

仕事への心構えも、
他とは違うのでしょうね。

下記のような本が出版されているのも
今という時代を象徴していると感じます。


カテゴリー: メンタルヘルス | タグ: | コメントをどうぞ

「夢を見る=眠りが浅い=悪いこと」ではない


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

患者さんやクライアントさんのお話を
聞いていると、眠れないという訴えに
関連して

「ようやく寝付けたと思ったら
夢ばかりみて、眠りが浅い」

「一晩にいくつも夢を見るので、
眠りの質が悪い」

ということをいわれます。

しかし

「夢を見る=(イコール)眠りが浅い、
睡眠の質が悪い」

というのは、大きな誤解です。

人は誰でも、(睡眠時間の長さに応じて)
一晩に3~5個は夢を見ています。

それを覚えていないとしても
忘れただけです。

逆に、全く、あるいは
ほとんど夢を見なくなったとしたら
それは脳の健康が障害されています。

例えば、これは昔よくいわれた話ですが、
統合失調症の人は睡眠中の夢を
上手く見られなくなっており、

その代償として日中の覚醒時に
幻覚体験をしてしまうのだ、
とさえいわれたことがあります。

多くの統合失調症の患者さんに寄り添い、
その内面世界をつぶさに観察してきた
精神科医の中井久夫氏は、

病気の症状が極期を通過して
改善方向に転換すると、
よく眠るようになり、

夢もきちんと
見られるようになり、
それに比例して幻覚や妄想といった
異常な体験が軽減すると述べておられます。

いわば、幻覚妄想体験は
覚醒時の夢だ、ともいえる立場です。

ーーーーー

また、脳科学・心理学・経営学を
併用した経営コンサルタントの
中井隆栄氏はその著書

『1日を48時間にして夢をかなえる』
『楽しく正しく寝るだけで仕事は10倍速くなる』

の中で、以下の点をわかりやすく
解説しておられます。

・身体の健康と脳機能(記憶力を含む)
を良好に保つには、
一晩6時間以上の睡眠が必須

・睡眠の前半の深い眠りは主に身体機能の維持
(成長ホルモンなどを分泌することで
昼間に消耗した細胞の修復と再生する、
免疫力回復、生理的周期
[日内リズム]のリセットなど)を、

後半の浅い眠りは脳がさかんに活動しており
そこで前日までの記憶の整理と取捨選択、
学習の定着、アイディア発想などをしている

※ここでいう「浅い」、「深い」とは
脳波記録上の脳波の周波数
による分類です。

そして、浅い眠りの時間に夢を見ることで

・記憶の確認(内容や重要性を含めて)と選別

・覚醒時には顕在意識や理性が
抑え込んでいた、感情や本音を表現

・別々の体験や情報や記憶を結び付けて
新たなアイディアや認識を生み出す

といった、非常に貴重な
精神活動をしています。

ですから、
「夢を見るのは良いこと」
なのです。

いや、それどころか、夢は

「人間が人間らしい精神活動をしている証」

であり、また

「他にないほど大きな大脳を持つ
人間ならではの創造性発揮の時間」

なのです。

ゆめゆめ、「夢を見るのは眠りの質が悪い証拠」
などとは、思わないでくださいね(^^;。


カテゴリー: 不眠, | タグ: | コメントをどうぞ

冬季うつ病でなくても、光療法が効く


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

節分と立春が過ぎましたが、
まだまだ寒い日が続きますよね。

それでも2月は「光の春」
ともいわれ、確かに気温は
相変わらず低いものの、

日中の光は以前よりも
少し力強さを増し、
そして徐々に日の出も早まるなど、
春の気配は日に日に強まりつつあります。

ところで、
あなたは、「季節性うつ病」という
名称を、聞いたことがありますか?

これは、うつ病症状が季節により
例年、強まったり弱まったりする
タイプのうつ病で、

冬に悪化する人が多いことから
「冬季うつ病」とも呼ばれています。

で、この季節性うつ病には
従来の薬物療法や心理カウンセリングに
加えて、「高照度光療法」が有効
というのが知られていましたが、

最近の研究で、季節性でない
大うつ病(精神医学基準で
明確に「うつ病」といえるもの)
の人に対しても、

高照度光療法が有効であることが
わかりました。

カナダのブリティッシュコロンビア大学で
行なわれた実験です。

2009年10月から2014年3月までの期間に
同大学病院精神科外来で治療中で、
中程度以上のうつ病患者(非季節性)
122人(19~60歳)に対して

1)光療法単独
・・・朝起床直後に1万ルクスの光を
30分間浴びる

2)抗うつ薬(フルオキセチン、
商品名「プロザック」。日本未発売)
単独治療
・・・光療法は、見た目が良く似た
マイナスイオン発生器で偽治療

3)光療法+抗うつ薬

4)偽治療+偽薬(プラセボ、
つまり薬でないカプセルの服用)

の4者で比較したところ、
8週間後の改善率が

光療法単独で44%
抗うつ薬との併用で59%
の患者に効果が見られた、
とのことです。

ただ、この記事では
(「標準医学」寄りの立場なので)
触れていませんが、

別の研究で、そもそもうつ病への
薬物療法はその約6割が
心理的効果、つまり
「薬をのんだから、効くはずだ」

という自己暗示によるものだという
結果も読んだことがありますので、
上記数値もある程度
割り引いて考える必要があるでしょう。

それでも、多くの人にとって
「快晴で、明るい天気」
は気分や体調も快適に感じやすい
というのは経験的に感じておられるでしょう。

また、北欧では、夏に白夜、
そして冬場は24時間暗い極夜が
続きますが、

興味深く感じたのは、
うつ病による自殺者が増えるのは
極夜の真っ最中ではなく

日が出るようになってからだ、
という話を聞いたことです。

これは、典型的なうつ病で
患者さんの症状が最悪になるのが
明け方から朝、

というのとも
どこか共通するものが
あるのかもしれません。

すなわち、明るくなり、活動期
(活動すべき)時期になることで

「活動できていない」自分のありさまが
まざまざと実感させられることになり、
その苦痛に耐えかねて死を選びたくなってしまう・・・
のではないか、と思いました。

ともかく、そこで「高照度光療法」
の登場です。

最近では、医療向けの数十万
~数百万円もするものだけでなく
個人向けで数万円からも購入可能な
ものも増えていますので、

従来の治療法だけでは
効果不十分だった方は、こうしたものも
検討してみられてはいかがでしょうか。

ーーーーー

光療法の専門サイト

http://portal.lighttherapy.jp/

上記サイトの物販ページ

http://brightlight-store.ovtp.net/

アマゾンでは、最安で1万円を切る商品も出ています↓


カテゴリー: うつ病 | タグ: | コメントをどうぞ

言葉が現実を作る


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

精神的に不調な方は、
普段の言葉づかいや、
普段考えていることの
内容がとてもネガティブ(否定的)です。

そこで、普段使う言葉を変える、
表現法を工夫することを
お勧めするのですが、

ネガティブな人ほど、
「言葉を変えたくらいで
状況が良くなるなら、苦労しないよ」
と、抵抗を示すことがよくあります。

しかし、現在のあなたのその

・考え方
・価値観(善、悪、正しい、間違っている、e.t.c.)
・対人関係

・・・といったものは、
日々あなたが使う言葉で
形成されています。

つまり言葉が思考を作り、
思考が感情を作ります。

これは、うつや不安への効果が
実証されている「認知療法」の
中心的原理の一つです。

ですから、スタート地点である
「言葉」を変えることで、
最終的には自分の感情を
変えられるのです。

確かに、これまでの数十年の
積み重ねの結果が
現在の言葉づかいであり価値観なので、

急にポジティブな表現をすると、
最初は違和感があるでしょう。

しかしそれは、あなたが
そうした、新たな表現にまだ
慣れていないからに過ぎず、

今後繰り返しポジティブな言葉を
使っているとそれが「普通」
になり、当たり前のことになります。

つまり、言葉の方から取りかかって
繰り返し変えることにより、
やがて言葉に見合った思考になり、
感情となっていくのです。

その辺りを踏まえた上で
下記動画をご覧になると、
理解しやすいかと思います。

ポジティブな言葉を毎日意識的に使う
「アファーメーション」
を実行することで、

なりたい自分に変われる原理と
方法について話しておられます。

ルイーズ・ヘイ氏は、
自身の体験を含む多くの人との関わりから

「普段自分が考えていることが、
自分の現実を作る」

ことを理解し、それを講座や
著作で伝えています。

彼女自身もこの原理で、
一切の手術等「標準医学」を排除し
食事と考え方を変えることで
がんを克服し、90歳になる
今年もお元気だそうです。

彼女の代表作
『ライフヒーリング』
は、どんな心の状態
(思考→感情)がどんな身体疾患を
作っているかを詳細に述べ、

世界各国で翻訳され
累計3500万部の大ベストセラー
になっています。

 

また、下記は
ルイーズ・ヘイの動画
「人生をクリエイトするアファーメーション」。

特定の言葉を繰り返していうことが、
その言葉通りの現実を作ります。

ですから、普段どのような言葉を
使っているかを意識し、
ネガティブなら、それをポジティブな
ものへと変換しておく必要があるのです。

何しろ、言ったり考えたりした通りの
現実になるのですから。

『ライフヒーリング』の中でも
書かれていることですが、
メンタル不調の方がまず取り組む必要があるのは
何よりも、自分自身のヒーリングです。

具体的には、自分をホメる、自分の美点を
発見し、認めることです。

私もクライアントさんによく
「良いこと日記」
「自分ホメ日記」
をつけましょう、と助言していますが、

ヘイ氏はさらに、毎日鏡で自分を見て、

「ありのままの自分を受け入れます」
「〇〇(自分の名)、かわいいね」
「〇〇、素敵よ」
「〇〇、よく頑張ってるね」

といった声掛けをしましょう、
と勧めています。

メンタル不調の方の多くは
自己価値観が低い、つまり
自分を嫌っているので、

まずここがなかなかできない、
抵抗になって進めない、という方が
少なくありません。

でも、それでよいのです。
抵抗があっても、それでも
毎日少しずつでも鏡の自分に向かって

「素敵だよ」
と声をかけ続けていると、
やがてだんだん、自分を素敵に
感じられるようになってきますから。

あとはただただ、繰り返し練習するのみ。

これは身体でいえば、
例えば腹筋トレーニングを
するのと同じようなものです。

最初は筋肉がないので、ほとんど
身体を起こせません。

しかし毎日繰り返していると
次第に楽になり、

楽になると意欲が出てくるので
自発的に腹筋回数をもっと
増やしていくようになります。

そして気づくと、腹筋を始めた
当初よりも、はるかに身体が
軽く、柔軟になっていることに
気づくことでしょう。

メンタルの方に話を戻すと、

そのころになるともう、いつのまにか
「素敵な自分」が前提の、
より高い自己価値観を持つ
自分になっているわけです。

そして外界の現実はあなたの内面の反映なので、
内面が変わると(たとえ数週間~数か月の
タイムラグがあっても)
確実に現実化していくのです。

あなたは、このシンプルで強力な
法則を受け入れられますか?


カテゴリー: 潜在意識 | タグ: | 2件のコメント

不安は「言葉化」で減らせる


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

程度の差はあれ、人間、生きていれば、
日々の暮らしの中で
いろいろな不安が
生じてくるものですよね。

不安を生じさせるような出来事が起こること自体は
私たちにはコントロールできませんし、
不安も一種の反応なので、不安が生じること
そのものをなくすこともできません。

・・・

しかし、生じた不安をそのままどんどん
増大させるのではなく、

自分で意識的に小さく保ったり
最初よりも減らしたり、受け流したりするのは
自分の意識の持ち方を練習することで
誰でも習得できるスキル(技術)です。

・・・

精神科医の樺沢紫苑氏は、
下記動画の中でそれを説明しておられます。

「不安を簡単に取り除く方法」

この中で氏は、
不安を「言葉にして表現」する
(言葉に出して言ったり、日記に書く)
ことで、

感情(不安を含む)をつかさどる
「扁桃体」という脳の部分の
興奮を抑え、その結果
不安が低下することを、

最近の医療機器「ファンクショナルMRI」
を使った脳のイメージング研究で
わかってきたことを
話しておられます。

・・・

ただし一点補足すると
(樺沢氏はほとんど触れていませんが)、
ネガティブな言葉を繰り返し言っていると
今度はその言葉からくるイメージ力で
却って精神状態を悪化させる恐れがあります。

なので、

ネガティブな、あるいは否定形での表現
(話す、書く)を、ポジティブな肯定形での
表現に転換しておく必要があります。

例:
満員電車の中で呼吸が苦しく
なったらどうしよう、不安だ

満員電車の中でも私は大丈夫、
落ち着いて過ごせる。
そして、必要な時には
周りに助けを求めれば何とかなる。

ーーーーー

こうすれば、後から言った肯定形の方だけが
潜在意識に入り、記憶され、活用されるので
良い効果だけが発揮されます。

このコツ、
「肯定形だけが有効」
「後から言った( or 書いた)言葉だけが有効」

というのは、
脳科学・心理学・経営学を
融合した経営コンサルタントの
中井隆栄氏に教わりました。

前回書いた記事
「潜在意識は否定語を理解しない」

もご参照ください。


カテゴリー: 不安, 潜在意識 | タグ: | コメントをどうぞ
  • 2017年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031