栄養でメンタルを改善できる根拠とは?


6月30日より、無料動画セミナーを
開始しています!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【<精神科医が教える>自分でできるメンタルケア入門
――薬を使わず うつを自分で治す5つの方法】

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

十分な栄養を摂ることは、単に全般的な
体調をととのえるだけでありません。

タンパク質が消化されることで
その成分が脳内に入り、
その人の必要に応じて

「セロトニン」などの脳内ホルモン
自分で作ることができ、これが
「天然の抗うつ薬や精神安定剤」
になるのです。

逆に糖質(砂糖のみならず炭水化物全般)を
多く摂ると、その代謝時に、脳内ホルモンを
合成する際に必須のビタミンB群
消耗してしまいます。

つまり、糖質はメンタルを不安定にします。

この原理を解明し、治療法
「分子整合栄養療法」として開発したのは、
カナダの精神科医と、ノーベル賞を
2度受賞した化学者でした。

この治療法は、本格的な精神症状を
治療するために開発されたので、
もちろんあなたの落ち込みや
不安、不眠にもよく効きます。

現在公開中の無料セミナー

【<精神科医が教える>自分でできるメンタルケア入門
――薬を使わず うつを自分で治す5つの方法】

では、その入門編として、
あなたの生活にこの栄養療法を
手軽に取り入れる方法を
お伝えしています。

ご関心のある方は、ぜひ
ご登録(無料)の上、
動画をごらんくださいね。

<参考図書>


カテゴリー: 分子整合(オーソモレキュラー)栄養療法 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

感情のコントロール法――90秒で流せる理由


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

外部で起こる物事は
自分ではコントロールできず、

したがって、いつどのような
ストレスが降りかかって来るかは
予想できないし、防ぎようがない、
と一般的には考えられています。

「家族が、上司が、景気が・・・」
悪いんだから、こちらにはどうしようもない、
という捉え方が、多くの人が
共有しているものです。

確かにいつ何が起こるかは
個人ではどうしようもない
部分が大きいでしょう。

しかし、起こった後に
それについてどう考え、

どんな感情を湧きあがらせるか、
その結果どんな行動を取るかは
相当大きな部分、本人の
ものの見方の「習慣」次第なのです。

この点にフォーカスしたのが
「認知療法(CT)」
「認知行動療法(CBT)」であり、

「自分がどのくらいストレスに
感じるかは、出来事そのものよりも
その出来事に対してどう
受け取るかに大きく依存する」

というのが、CTやCBTの
要点です。

働き盛り真っ最中で脳卒中に倒れ
生死の境をさまよった時の
特異な意識体験をTEDでも
公表した、脳科学者の
ジル・ボルト・テイラー氏は、

その著書『奇跡の脳』の
第15章 「自分で手綱を握る」
の中で、こんなふうに述べています。

ーーーー(以下引用)----
わたしは、反応能力を、
「感覚系を通ってくるあらゆる
刺激に対してどう反応するかを
選ぶ能力」と定義します。

自発的に引き起こされる
(感情を司る)大脳辺縁系の
プログラムが存在しますが、

このプログラムの一つが
誘発されて、化学物質が
体内に満ち渡り、そして
血流からその物質の痕跡が
消えるまで、すべてが
90秒以内に終わります。

たとえば怒りの反応は、
自発的に誘発されるプログラム。

ひとたび怒りが誘発されると、
脳から放出された科学物質が
からだに満ち、生理的な反応が
引き起こされます。

最初の誘発から90秒以内に、
怒りの科学的な成分は
血液中からなくなり、
自動的な反応は終わります。

もし90秒をが過ぎてもまだ
怒りが続いているとしたら、
それはその回路が機能し続ける
ようにわたしが選択をしたからです。

(中略)

自分に苦痛を与えるような思考を
巡らす必要なんかないんだ
気づいたことが、一番
元気をくれました。

もちろん、苦痛を与える思考を
巡らすことは、自分でその回路を
選んだと承知しているかぎり、
悪いことじゃありません。

それと同時に、そうした思考に
飽きてきたら意識的に止められる、
という能力を持って
いるんだと知ることが、
開放感につながるのです。

肉体や精神の環境がどうであれ
右脳の領域に踏み込んで、
思考を現在の瞬間に引き戻し
平和と愛の心(右脳マインド)に
戻れることを知っていれば、
束縛から解放されます。

ーーーー(引用終わり)ーーーー

つまりあなたの精神状態は、
あなたが自身の心の手綱を握る
スキルを、どれだけ
身につけて
きたかの結果です

逆にいえば、筋トレと同じで
早く始め、毎日練習を続けている
人ほど、誰でも上達できるのです。

・・・
下記は、ジル氏のTED映像です。
今回とは少し違う角度のテーマですが、
「いまここ」にいる大切さは、
この体験からもわかります。



ーーーーーーーーー


カテゴリー: うつ病 | コメントをどうぞ

心の健康法は、誰も教えてくれませんでした


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

昨日から、無料動画セミナーを
開始しています!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【<精神科医が教える>自分でできるメンタルケア入門
――薬を使わず うつを自分で治す5つの方法】
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

もしもあなたが、

——————————————————–
落ちこんだり、不安・緊張・不眠といった
ストレス症状に振り回されない、
安定した自分になりたい!

でもどうやったら良いのかがわからない、
本を読んだりしていろいろ試したけど
上手くいかない、続かない…
——————————————————–

ということでお悩みなら、この
無料動画&メールセミナーを
体験していだくことで、
以下のようなことを知ることができます。

・具体的にどう考えたらストレスを
やり過ごし、元気になれるのか?

・何を食べたら不安・うつ・
不眠から解放されるのか?

・ストレスからくる身体の症状を、
身体を使って改善するには?

・理性的にほど良くスピリチュアルを
取り入れることで、物心共に
メリットを得るコツとは?

・テッパンの(=絶対に揺るがない)
自己肯定感を手に入れる視点とは?

さらに、私が多くの患者さん、
クライアントさんに繰り返し質問され、
お答えしてきた、以下の内容も含みます。

・なぜ、うつや不安は薬では治せないのか?

・単に「ゆっくり休む」だけではうつから
回復できない理由は?

・うつを改善するために、早くから
取りかかるべき「あること」とは?

・気分を上げる食事、下げる食事

・効果の出るカウンセリング、
無駄になるカウンセリング。
その違いと、見分け方とは?

・不眠が慢性化してしまう、
多くの人がやってしまっている
「生活習慣」と「考え方」とは?

etc…

といった内容を公開させて頂きます。

「不安や落ち込みから回復したい」
「ストレスに強い自分になって、
 安心して暮らしたい」

だけど…

===============
上手くいくやり方がわからない…
===============

と、多くの方が悩まれていることに
お答えする動画&メールセミナーと
なりますので、ぜひご登録のうえ
有効活用してください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【<精神科医が教える>自分でできるメンタルケア入門
――薬を使わず うつを自分で治す5つの方法】

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


カテゴリー: うつ病 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

あなたの1日の気分を決める心の習慣


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

あなたは一日をどんな気分で
スタートしていますか?

露に濡れたハーブ

すがすがしい気分、
これから始まる一日への期待感
といった、ポジティブな
ものでしょうか?

それとも、

「こんなことが心配だ」
「将来、どうなるんだろう・・・」
「あの人のあの発言が許せない!」
といった、心配、不安、後悔や

思い出し怒りといった、
ネガティブな思考と
それに伴う感情で
スタートしているでしょうか?

もしも後者なら、その
朝一番の「心の生活習慣」が
あなたの気分を下げ、
意欲を損ない、

更には自律神経や
免疫系を通じて
身体機能までも
低下させてしまいます。

つまり、あなたの心の使い方が
健康状態を左右してしまうのです。

では、どうすれば
朝イチでネガティブなことを
考えてしまうのから
脱出できるのでしょうか?

その方法を、音声で
お伝えしています。


ネガティブな習慣は、

より良い習慣で「上書き」することで
十分変えられます。

ぜひ、音声をご参照くださいね。

Play

カテゴリー: ストレス, メンタルヘルス | タグ: , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

メンタル改善法をオンラインで学べます


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

身体の健康法がこれほどメディアを
通じて普及しているのに、
心の健康法はまだまだです。

情報不足ゆえに、ちょっとしたコツを知らず、
そのせいでストレスを上手くかわしたり
ピンチをチャンスに置き換えることも
できず、うつや不安に苦しむ・・・。

20年前の私が、まさにそれでした。

しかし現在でも、メンタルケアの方法を
「きちんと」「継続的に」「わかりやすく」
そして「統合的(ホリスティック)に」
教えてくれる人や場所は、ほとんどなく、

最近においても、私は、過去の私と
そっくりな患者さんや
クライアントさんたちに、
出会い続けています。

この状況を何とかしたい!と思い、
少しずつ準備してきましたが、

いよいよ6月30日(火)より、
私の初めてのイベントを
スタートすることにしました!

ハートアジサイ

内容は無料動画&メールセミナーで、
タイトルは
「<精神科医が教える>自分でできるメンタルケア
――薬を使わず 自分でうつを治す5つの方法」
です。

この中では、

・なぜ、薬だけではメンタルの
根本改善ができないのか?

自分でメンタルを改善するために
取り入れるべき5つの分野とは?

・「落ちこむ」「不安」「眠れない」
etc.の発生源になっている考え方とは?
そして、より楽になるには
どう考えたら良いのか?

身体の症状は、
実はあなたの心の奥深くからの
メッセージである

・・・といったことについて
実際の事例やワークも交え、
動画とメールにて
お伝えしていきます。

もし、あなたがご自分のメンタルの
不調に悩み、なかなか脱出できないで
いるとしても、それはあなたのせいでは
ありません。

これまで、心の健康法について
わかりやすく・系統的に・継続して
教えてくれる人や場所がなかったからです。

きちんとした知識と手順で基本的な
知識を学べば、誰でも
自身でメンタルの安定、改善、
向上を手に入れられるのです。

6月30日(火曜日)配信開始です。

さらに、動画へのご感想や
コメントをいただいた方、
リクエストなどを下さった方には
特別なプレゼントもご用意していますので

ぜひ下記説明ページをごらんの上
よろしかったら登録くださいね。

無料動画&メールセミナー
「<精神科医が教える>自分でできるメンタルケア
――薬を使わず 自分でうつを治す5つの方法」

 


カテゴリー: うつ病, メンタルヘルス | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

休む理由ーーそれを自覚するのも「能力」のうち


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

久しぶりに動画をアップしました。

今回のテーマは「休むのも能力のうち」。

きまじめで、つい過剰に
仕事やタスクをこなしてしまい、
消耗してしまいがちな方
見ていただきたい内容です。

やるべきことをどんどんこなすのは
大事なことですが、やり過ぎると
心身に負担をかけ、落ち込みや
不安を感じやすくしてしまいます。

時には、やるべきことを延期してでも、
今日自分を休ませて心のエネルギーを確保し、
消耗しないように自分を守ることも必要。

真面目で心配性の人ほど先延ばしができず、
負担を抱え込んで不調になりやすくなって
しまいますので、要注意です。

まずはこの点を自覚し、
意図的に楽しみごとや休憩を
毎日の生活に入れこむことで、
メンタルを守れるようになります。


カテゴリー: うつ病, ストレス, メンタルヘルス, 不安 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ
  • 2018年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930