「虫歯が痛み止めで治る」とは思いませんよね?――薬の役割について


~~~~~~~お知らせ~~~~~~~

★6月28日(土)セミナー行ないます!
 「自分でうつを改善できる!
 エネルギー(波動)調整 体験講座 in 東京」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

「うつ病になったら心療内科を受診して
 抗うつ薬をもらえば良い」

というのが、医学界や厚生労働省が
指導している
「正しい対処法」です。

「早期発見、早期治療を」
というわけです。

しかし実は、薬だけに頼っていては
効果は一時的で、
根本治療になりません。

それはちょうど、虫歯の痛みに
どう対処するか、というのに似ています。
痛み止めをのめば、とりあえずその場は
症状は治まるかもしれません。

しかし虫歯そのものの治療を
しなければ更に進行し、
やがて痛み止めでは効かなくなります。
うつ病も同じです。

どん底の時期を一時的に少しマシに
してくれることはありえますが、

それに平行して
「根本治療」をしない限り、
また症状がぶり返します。

では、「根本治療」とは
何をすれば良いのでしょうか?

・・・・・・

その答えの一端を、
今月下旬のセミナーで
体験していただけます。

浜野が主催する
「薬を使わないうつ病克服プログラム」
では、さまざまな方法で、
あなたの不調を改善します。

今回のセミナーでは、
4時間半という限られた
時間の中でお伝えするため、
プログラムのなかから、

まずは改善による変化を実感しやすい
【エネルギー(波動)調整による体験】
していただくことにしました。

これによって 複雑で長い
心理療法や、自我の抵抗感なく
体調や気分が改善するのを
体験していただけます。

 

あなたがこれまで、今ひとつ
満足した気分になれない、
続かない、

ちょっとしたことで
不安や緊張が高まり
落ちこみやすい・・・

ということがあるとしても、
それはあなたのせいではありません。

しかるべき「知識とコツ」を
教えてもらえる機会が
なかったからです。

これまで気づかなかった、
あなたに本来備わっている
この力を引き出すことで、

根本からうつや不安を
克服する手法を身につけませんか?

セミナー申込みフォーム

 

【このセミナーで学べること】

複雑な心理カウンセリング不要で
 「嫌な記憶」を「何でもない過去」に
 みるみる変化させる方法とは?

慢性的な不安や不眠を改善する、
 エネルギー調整法とは?

薬をのんでも効かない痛み・しびれ・圧迫感
 ・・・こうした身体症状に潜む
 ネガティブな精神エネルギーとは?

自分の心身の健康状態はもちろん、
 ・身近な人との人間関係
 ・職場・自宅などの環境
 などを、エネルギー的に変化・改善させる手法とは?

エネルギーによる物体(飲食物含む)の
 変化を、実際にワークで体験!

自分に、あるエネルギーを入れることで、
 なぜか楽観的になる仕組みとは?

精神面(気分、感情)および
 身体面(身体症状)への
 エネルギー調整による改善を、 
 実際にワークで体験!

物体にエネルギーを封入することで
 起こる変化を体験していただき、
 実際に癒しと発展のエネルギーを
 封入した「パワーウォーター」
 をお持ち帰りいただきます

 

【ユニバースエネルギー伝授を受けた方々の声】

(※体験セミナーでは伝授はなく、
エッセンスの体験会となります。
 伝授をお受けになりたい方は、その方法も
 当日お聞きになれます)

★今までほかのエネルギーの伝授を受けて、
よく分からなかったのが、今回ははっきりと
エネルギーが実感できたのが一番うれしいことでした。
明るくて暖かいエネルギーで、大好きです。
(会社員・女性)


私は少し霊感体質で、相手の人に憑いている
ものから受けてしまうので、エステの仕事を
していてもいつもぐったりでした。
いろいろやっても効果がなくて・・・。

初めて伝授を受けてみると、本当におもしろくて、
これが習いたかったんだ!と、やること
なすこと楽しかったです。

浄化やガードの仕方も教えてもらえたので、
仕事が楽になり、人ごみに行っても
苦にならなくなりました。

お客さんからも喜ばれていて、嬉しいです! 
(エステシャン・女性)


自分は鈍感な方かと思っていたのですが、

エネルギーが光の滝のように流れ込んでくるのを
感じることができました。

エネルギーを体感できたことで、
確かにできる!と、実感できました。
(会社員・男性)


★先日は伝授ありがとうございました。

あれから心がとても穏やかになり、
自分にかかっていた
ベールが外れた気がしました。

花を見てもより美しく感じ、家族にも
より愛情を感じるようになり、
不思議な気分です。

まるで子供の頃の心に戻ったかのようです。
まだまだ修行しなくてはいけないと思いますが、
より多くの人の幸せを願える人に
なれるよう精進します。

(大阪・女性)


★伝授後は、体の内側から熱を発散して
いるように
暑くて、驚きました。
講習会後は、疲れることがなく、
かえって元気になった感じです。

精神面によい影響があるようで、
楽天的になり、様々なことを楽しんで、
取り組めるような気がしています。

感想としては、治療だけでなくいろいろな可能性を
持っているエネルギーだと
いうことが分かりました。

気分のよくない場所や人に身を
置かなくてはいけない時は、
“ユニバースとつながる”と意図するだけでも
よい結果を得られる気がします。
(レベル1伝授女性)


★その節はありがとうございました。

いろいろ使いこなせるようにしたいです。

私は油絵やアクリルで人物や風景を描くことが
多かったのですが、伝授を受けた後、

ふと地塗りを版画風にしてみようと思い、
ベニヤで適当に版を作り、色を替えながら
回転させて刷ってみました。

するとそれだけで抽象画風のおもしろい画面ができ、
その上に描いていったところ、自分でも
驚くような作品に仕上がりました。

こういうインスピレーションが沸いた
ことが、
すごいと思いました。  

また伝授を受けて、潜在意識を
変えられるようになったので、
気持ちの足踏み状態がなく、
すぐに制作に入れるようになりました。

今まで、大作だとテーマに対する情熱が続かず、
中だるみのような状態になってしまって
いたのですが、
それもなくなりました。

あと、運がいいなぁと感じることもあったりして、
道が開けていく感じがします。

今は、すべてこれからだと、感じています。
(美術・女性)


★伝授を受けた後、ペットの

 ヒーリングサロンを開始しました。

リンパやツボマッサージと、クリスタルヒーリング、
飼い主さんとペットを繋ぐヒプノセラピー
(催眠誘導でペットと会話したり・・・)を
おこなっていますが、

レベル2伝授で、動物のことばを
リーディングできるようになりました。
亡くなったペットと会うこともできました。
(ペットヒーラー・女性)


精神的に落ち込むところがあって、

大変だったのですが、伝授を受けたので、
自己治療でだいぶ治すことができました。

苦手だったところにもマインドフォース
(浜野注:精神を強めるエネルギー)の
おかげで、行けるようになりました。

今は、就職に向かってがんばっています。
いつかこれを生かしていきたいと思っています。
(大学生)

 

セミナー申込みフォーム


カテゴリー: うつ病 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

「座りっぱなし」はタバコと同じくらい身体に毒


(9月15日追記)
「日系ウーマンオンライン」
でも記事
座りっぱなしの生活は早く老ける!?
若々しく歳を重ねるには、いかにして運動するかにかかっている

がありました(2013.9.27.)ので、アップしておきます。
ーーーーーーーーーーーー

こんにちは!ホリスティック精神科医の
浜野ゆりです。

「日経アソシエ」誌 2014年2月号に、
以下のような興味深い記事が
載っていました。

健康に関わるキーワードで、
現在米国で注目されているのが
「セデンタリー=座りがち」
という用語です。

仕事などで座っている時間が長い人は、
心臓病やがん、脳卒中といった病気の
リスクが高まります。

しかし今回の発見で目新しいのは、
「運動するだけでは、効果が不十分」
ということです。

つまり、日常的に長時間座って
いる人が、ウオーキングその他の
運動を一生懸命やっても、

残念ながら、やはり
発病リスクは高いままなのです。

2012年の調査(※)で、
45歳以上の人22万人を3年間
追跡したところ、

1日に11時間以上座っている群は、
4時間未満の群に比べて
死亡率が40%以上も上回りました。

「では運動をしても無駄なのか?」
と思われるかもしれませんが、
より有効な対処法があります。

それは
「座っている時間を減らすこと」
です。

「運動をしたいが、時間が取れない」
という人にとっては、ある意味
朗報といえるかもしれません。

そのためには、
「座らなくてもできることは
極力、他の姿勢でやる」。

つまり、企画を考えたりは机の前を
離れて、室内(もちろん屋外でも)
歩きながらやるとか、

いまどきはスマホも普及しているので
スマホのメモアプリなどに
書き込んだり、

ブログの更新だって、スマホなどでも
(少なくとも下書き程度は)
可能でしょう。

(ただし猫背にならないよう
姿勢に要注意)

あと、これもスマホのおかげですが、
いろんな動画や音声ファイルを
持ち歩けるようになったので
家事や体操などしているときも
効率よく勉強することだって可能。

また現在はかなり優秀な
音声入力ソフトもあるので、
音声で文章を書くのもありですね。

もちろん、デスクワークの合間に
こまめにトイレに行ったり、
お茶を入れにキッチンに出入りしたり
といったことも、

セデンタリー防止に
なると同時に、気分転換や
筋力低下防止にもなります。

企画などの発想を枯渇させない
ためにも、適度な「立つ」「歩く」
をはじめとする身体刺激は重要です。

実際、上記の調査でも、
たとえ座り時間の総和は同じでも

こまめに立ち上がっていれば
リスクが下がることも
確認されています。

1人当たりの国民医療費が
日本の倍以上である米国では
予防医学に力を入れており、

例えばサプリ市場も
もう何十年間にもわたり
非常な活況です。

過去には研究を根拠に
大規模な禁煙キャンペーンを
行ない、肺がん死を減らした
実績もあります。

そんな米国では現在、
「座りっぱなしは第2の喫煙だ」
というスローガンが登場。

立って仕事ができる机まで
発売されているそうです。

amazon.com でも既にこんなに。↓
Standing Desk

(amazon.jp ではまだほとんど
見当たりませんでした)

あなたも、普段やっていることで
「座る」から「立つ、歩く」に
変えられることはないでしょうか?

浜野ゆり

※出典:ARCH INTERN MED VOL172(No.6),MAR26,2012


カテゴリー: 運動療法 | コメントをどうぞ

自分でうつを改善できる! エネルギー(波動)調整 体験講座 in 東京


こんにちは!

ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

先日予告した、6月28日のセミナー詳細が決まりましたので、

お伝えしますね。

説明ページ

http://holistic-mentalhealth.com/lp/mental-seminar1

内容について

私はこれまで、精神科医として
「 標準」とされる薬物療法も行なってきましたが、それだけでは
効果が限定的でした。

このため様々な代替療法も習得し
取り入れてきましたが、
その中にはスピリチュアルなものも
あります。

今回のテーマは
「 エネルギー(波動)調整でうつを治す」
というもので、ある意味
最もスピリチュアル度が高いと
いえるでしょう。

このため、ともすれば胡散くさく
見なされがちですが、
過去にこのエネルギーを受けた
方々は、物心両面でさまざまな
恩恵を受けておられます。

この辺りの事例や、

・なぜメンタルにも効果があるのか
・他の心理療法との違いや共通点

など、浜野が解説するとともに、

参加者にはワークを通して
実際にエネルギー調整による変化を体験していただきますので、

よろしかったらご検討くださいね。

浜野ゆり


カテゴリー: うつ病 | コメントをどうぞ

ストレスは悪くない――ストレスを味方にした人は、ストレスが逆に自分を守ってくれるという事実


こんにちは!ホリスティック精神科医の
浜野ゆりです。

日本でもベストセラーになった、
『 スタンフォード大学の自分を変える教室』

の著者によるTED動画が、今年4月15日ごろの
NHK番組「スーパープレゼンテーション」で
紹介されていました。

「ストレスは健康に悪い」のは今や常識と
され、統計上もそれは証明されています。

ただし例外があって、それは
ストレスを敵視しない人は どんなに
ストレスフルでも、ストレスを敵視している
人(客観的ストレス度合いが軽い人を含む)
より健康寿命が長いそうです。

もう少し具体的な内容をご説明しますね。

人間は脳から「オキシトシン」という
ホルモンを分泌しています。

オキシトシンは従来は
「子宮収縮ホルモン」といわれ、

出産時の子宮収縮力を高める作用が
知られていましたので、(男性からも
分泌はあるものの)女性にだけ意味が
あるものだと思われていました。

ところが最近の研究で、もっとずっと多様で
奥深い機能があることがわかってきたのです。

まず研究者の疑問の的になったのが、
オキシトシンが出産後も減るどころか、
なおさら血中濃度が上がり続けたことです。

ただ出産のためのホルモンなら、
お産が終わったらお役御免なはずです。

そこでマウスを使った動物実験や、
人間の生活シーンのさまざまな局面で
オキシトシンの分泌量を調査することで、
興味深いことがわかってきました。

オキシトシンは「共感」「親密性」を
感じると多く分泌され、また多く分泌される
ほど、さらに共感性と親密性が増します。

オキシトシンを投与したマウスは、
本来は孤立型の習性を持つ品種であっても、
急速に互いの身づくろいなどタッチング行動
を示し、互いの関係作りに熱心になります。

つまり、人間の出産後にオキシトシン量が
さらに上昇するのは、生まれてきた
赤ちゃんに対して母親がいとおしさを感じ、
よく世話をするようにという、生物学的な配慮なのです。

また人間では、(この例はたしか
「サイエンスゼロ」という別の
番組で見たと記憶していますが)

例えば結婚式の参加者のオキシトシン濃度を
経時的に調べたところ、
花嫁の血中濃度が最高で、

次いで花嫁の両親や新郎、その血縁者、
そして次がその他の友人や親戚などでした。

つまり挙式への思い入れが最も強いと
思われる花嫁だけでなく、血のつながりの
ない友人たちでも、式に感動すると
ホルモン濃度が上がる傾向がみられたのです。

TEDの中でも、他の社会的な付き合いで
あっても、新密度が増すにつれて
オキシトシンが増え、オキシトシンが
増えると、なお相手への親密感や信頼感が
増すことがわかりました。

社会的動物である人間にとって、他人を
信頼し、親密な関係を求めることは
生存能力を高めるためにも合理的なため、

進化の過程でこのホルモンがよく分泌
されるようになってきたと考えられる、
とのことでした。

しかし、オキシトシンの効能は
それだけではありません。

実はオキシトシンは(動悸をきたしたり、
呼吸を浅くしたり、血圧を上げたりする)
アドレナリンと同様、
ストレスホルモンでもあります。

すなわち、ストレスを感じると
オキシトシンの分泌量が増えるので
他人との交流を望み、
助けを求めようとします。

人と交流したり(肩を抱くなどの)
肉体的接触をすると、さらに
オキシトシンが分泌されます。

そしてオキシトシン自体に抗炎症・抗酸化
作用があるため、オキシトシンが増えると
心臓や血管系などの、ストレスによる
さびつきや傷つきを低減します。

さらには、以下のような例があります。

例えば緊張や不安を覚えて
動悸がしたとします。

従来の解釈では

「動悸は、自分の不安を反映している。
 それに、プレッシャーに
 上手く対応できていないことの現れだ」

という意味づけとなります。

そうすると、動悸を感じる自分は良くない
状態にある、と感じてしまいます。

すると、全身の調整をしている自律神経の
うち、緊張を促す「交感神経」の活動が
優位になってしまい、

この交感神経の作用として
血管内の直径(血管径)が小さくなります。

すなわち血管が細くなるので、心筋梗塞や
脳梗塞を起こしやすくなるのです。

ところがケリー氏の解説によると、
ここで見方を変えて

「ストレスを受けた身体は、すぐ逃げるなり
戦うなりできるよう、心拍数を上げて
身体を非常事態モードにしている。

つまり生き残るために身体がきちんと
ストレスに対処してくれているのだ」

と見るようにすると、同じ動悸でも
普通はリラックス時に優位になる
「副交感神経」が優位になり、

その結果、(動悸が続いているのにも
関わらず)血管はリラックス時と同じように
直径が広がります。

すなわち血管が太くなるので、血液も
十分流れ、梗塞になりにくくなるのです。

ここまで如実に違いが出るとは、
心のパワーはすごいですね。

つまり、従来の
「こういうストレスを受けたら、
こんな病気になる」
というのは、統計上は事実としてあっても、

それはまだ本人の「考え方」や
「心理的な対処法」という因子を
考慮に入れない段階の話で、

本人がちゃんとメンタル面を正しく使えば、
まだまだ健康回復の可能性を
高められるのです。

最後にもう1つ、大きな発見を
ケリー氏は伝えています。

例えば過去1年間で大きなストレスを
経験した人は、そうでない人よりも
その後の死亡率が高まりましたが、

ストレスを受けても、他人を気遣い、
世話をし続けた人だけは、死亡率は
低いままだったのです。

つまり他人との親密な交流、つながり感を
保つことでオキシトシンが多く分泌され、
心臓血管系をはじめとする心身への
ダメージから免れたのです。

ニュースやドキュメンタリーを
見聞していて、阪神大震災・東日本大震災の
被災者や救援者においても、

大変な中でも人のことも気遣い続けた人は
立ち直りが早いのでは、という印象を感じて
いましたが、実際にそういう因果関係が
理論的にも説明できるのですね。

ケリー・マクゴニガル
「ストレスを友達にする方法」


(You Tubeの設定から
 日本語字幕を表示できます。)


カテゴリー: ストレス | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

「うつ病を自分で治すプログラム」体験セミナー開催します


【5月13日追記】
動画で「ユニバースエネルギー」をプチ体験

ユニバースエネルギー」のサイトでは、
このエネルギーを封入した動画(1分強)
が掲載されています。

敏感な方は、この動画を見るだけで
何かを感じられると思います。

私も、この動画は初回見たときから
「あっ・・・これは何か違うな」と感じることができました。
(表現が微妙で、言葉では上手く説明できないですが・・・)

元来はそうしたものはわからない方だったのですが、
この動画を見て何かを感じたことが、
伝授会を申し込んだきっかけの1つでした。
よろしかったら、一度視聴してみてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは!ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。
もう先週になってしまいましたが、
ユニバースエネルギー
の伝授者、篠崎ご夫妻にわが家をご訪問いただきました。

篠崎夫妻2

実は先月、ご夫妻のエネルギー伝授会に
参加してきました。

現在、AWBMという起業塾に入
塾しているのですが、そこの
主催者である三宅巧一さん
のお話の中に最近ちょくちょく「エネルギー」や
「波動」と健康の話題が出てきており、
そこで篠崎氏のこともお聞きしていたので
興味を持つようになっていました。

今回、ちょうど上京する日程にもぴったり
合っていたので、思い切ってエネルギー
伝授を受けてみることにしたのです。

伝授は3段階まであるのですが、せっかく
スケジュールが合ったからと思い、
一気にレベル3まで連続で受講。

そのため朝から夜9時までの長丁場に
なりましたが、そのぶん一挙に
全てを学べて、とても有意義でした。

スピリチュアルな観点では、人間も
他の物質と同様、エネルギー体であり、
肉体はその一表現型に過ぎません。

そして身体の病気も心の不調も、
眼に見えるほどはっきりする前に、
エネルギーレベルでの偏りや乱れ、
滞りがでてくると考えます。

したがって不調を改善するのも、
エネルギー的に働きかけて、例えば

細胞レベルの微小な電気信号を正常化するとか、
その結果として代謝状態や免疫状態、
細胞分裂の具合が正常化し、
健康状態を回復する、という観点です。

で、篠崎先生にうかがったところ、
(もちろん要医療レベルは困難だが)
日常的にかなり悩んだり、

生活や仕事に差し支えるようなメンタルな症状も
かなり緩和されうる、しかも場合によっては
1回のエネルギー体験で結構楽に
なる場合もあるとのこと。

一例として、嫌な記憶(まあ、体験会で
取り上げるような内容なので、本格的な
トラウマではないレベルですが)について
本人に思い出してもらいながら

エネルギーを通すと、同じ記憶でも
「事実としては引き続き覚えているが、
他のいろんな記憶と同様のニュートラルな、
『別にどうでもいいこと』の一つになる」

ということがよく体験されるそうです。

この、「単なるニュートラルな記憶の一つに
過ぎなくなる」という変化は、例えば
通常の心理カウンセリングや催眠療法、
あるいはEMDRといった心理療法でも

最終的に到達する状態と共通であり、
このことからもこの「エネルギーを通す」ことで、
なにがしかの作用が脳や心に実際に
およぼされ、効果が出たと考えられます。

そして私自身も――最近は特にさほど
困るような症状もなく、また時に悩んでも
対処法が身に付いているので
引きずることはなくなっているのですが、

エネルギー伝授を受けてからは意外な
効果を感じるようになり、驚いています。

まず感じたのが、
近未来への日常的に感じる、小規模だが
頻度の高い不安感や緊張が
かなり鎮静化されたこと。

例えば新しいプロジェクトを始める時など、
理性では大丈夫と思っても、

元来が心配性な性格なため、
長年の感性でどうしてもあれこれ
先回りして考えてしまい、

不安や緊張を感じたり、
「本当にうまくいくかな」と、余計な
シュミレーションをしてしまったり、
という傾向は現在でも多少あります。

また、初対面の人たちに出会って
交流した日の晩には、気づきや刺激、
充実感がある一方で神経が高ぶり、

就寝できたのが遅く 眠いのに、
なかなか寝付けないとか、眠りが浅い
というのが割と出やすい方です。

そうした状況を、これまでのブログ記事などで
皆さんにお伝えしてきたような考え方と手法で
自己コントロールできるようになり、

大きな支障はなくなっているのですが、
あくまでも「日々の練習、訓練の賜物」
という感じでした。

それでかなり満足していたのですが、
今回のエネルギー伝授後は、これまでとは
違うパターンの改善が見られ、嬉しい驚きでした。

例を3つほど挙げます。

・近未来について心配なことがあった場合。

これまでは自己訓練によって
「考えないようにする」ことで
心の平安を得られていたのですが、

エネルギーを受けてからは

「心配してもしょうがない。
というか、いちいち心配するのが
面倒になってきた」

と、考えることにエネルギーを費やすこと
自体を放棄するようになりました。

「心配せずとも、どのみち
最終的にはうまくいくんだし~」

という、適度な「いいかげんさ」と
楽観性が出てきたのです。

・公共交通機関内(電車等)で子供が
泣き叫ぶなど、騒音のする状況でも、
単なる背景音の一つとしてか認識しなくなり、
ほとんど気にならなくなりました。

これも以前は、私が傾倒するスピリチュアル本に
書いてあった考え方のコツを取り入れて、
そうした音声をあまり気にならなくしていたのですが、

ユニバースエネルギー伝授後は

「いつのまにか」
「しらずしらず」
「気がつくと」
そうなっていた、という感覚でした。

・物理的に睡眠時間が比較的短くても、
翌日かなりの時間(例えば夕食後くらいまで)
生活や仕事、勉強などに差支えないくらい
元気に過ごせるようになりました。

ユニバースエネルギー伝授を受けて
良いなあと思った特徴の一つが、
これらの例で共通するすような、

「意識的に訓練したり、何度も練習したり
自分のマインドコントロールをしなくても
勝手に改善する。

しかもかなり短期間で」

ということです。

ただし、エネルギーを使うにあたっては、
また別の「練習」や「心がけ」も必要ではあります。

実は最大の障壁

自分の疑念

です。

「こんなのが本当に効くのかな」
「効いたような気がしても、偶然だったのでは。
 あるいは自己暗示に過ぎないのでは」

といった、自分の頭の中からの批判の声。
これらにとらわれてしまうと、
効果が出づらくなります。

②エネルギーを作用させるために、
ちょっとした動作や掛け声を使います。

人の意識は言葉と動作を伴うことで
より明確に意識(顕在意識、潜在意識の両者とも)
に作用するので、これらは 特に初心者には必須
なのですが、ともすると

「宗教みたい」「魔術みたい」などと
感じてしまい、きちんとエネルギーを
対象(自己ヒーリング等の場合は自分自身)
に作用させられません。

そういった意味で、エネルギーを活用するには、
またそれなりのコツがあるのです。

それでも、手間の少なさ、時間の短さ
に比べての効果の大きさを考えると、
習得のためのちょっとした行動力は
十分報われるものだと、今回感じました。

さて前置きが長くなりましたが、こうした
いきさつで知り合った篠崎先生ご夫妻。

伝授会後間もなく時間を取っていただき、
私の家に来ていただいて、今後ご一緒に活動する
可能性についてご相談させていただきました。

その結果、まずは活動の第一弾として、
6月にジョイントセミナーを行なうことになったのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【日時】6月28日(土)10:00~14:30

【場所】東京駅から徒歩圏内のセミナールーム

テーマ:
「自分でうつを改善できる

エネルギー(波動)調整 体験講座」

具体的な内容や料金等は、
追ってまたお知らせします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

また、メルマガ読者の方にはいち早く
お知らせしますので、ご関心のある方は、
よろしかったらメルマガにご登録いただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。



カテゴリー: うつ病 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

認知症は予防できる――軽度認知障害(MIC)の観点から


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

今日、軽度認知障害という用語が
アルツハイマー病など認知症の前駆状態を
意味する状態という意味で
使われるようになっています。

その代表がMild Cognitive Impairment(MCI)です。
この状態での診断が注目される背景には、
新たな治療法開発にともなって
認知症の早期診断が重要になったことがあります。

従来の標準的な認知症の診断基準に
示された項目を満たすようになった段階では、
けっして早期とはいえないのです。

そこで、認知症最初期の特徴を
明らかにすることが必要になり、
MCIが注目されるようになったのです。
(厚労省 「みんなのメンタルヘルス総合サイト」より)

1月19日のNHKスペシャル
アルツハイマー病をくい止めろ!

では、MICを簡単な知能検査で見つけ、

その人たちに脳トレ(簡単な計算やしりとりなど)
軽い運動(制限時間内での
決まったステップでの歩行や踏み台昇降など)

を組み合わせることで、海馬の委縮が止まり、
記憶力が回復した事例を紹介していました。

これは国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)
が開発したプログラムです。

また3月24日の記事
でも述べたように、「たけしのみんなの家庭の医学」
では、エッセンシャルオイルを毎日嗅ぐ

(数か月以上)でMICが改善できたとの
発表もされており、この方面では今後
ますます興味深い事実がわかってくるでしょう。

なお、認知症を含む、いわゆる加齢に
伴って発症・進行する病気は
ほぼイコール生活習慣病といえますが、

これを栄養療法(分子整合医学=
オーソモレキュラー医学にもとづく栄養療法)
から見ると全身の体内の酸化(さびつき)
蓄積によるものなので、予防や治療は
抗酸化(さび取り)となります。

具体的には、ビタミンA・B・C・E、
DHA/EPA、亜鉛・カルシウム・マグネシウム
といった栄養素を、厚労省などが通常
「一日に必要な摂取量」というものよりも

数倍~数十倍大量摂取することで、
細胞のさびつきを減らし、細胞が本来の
機能を取り戻せるようにするものです。

さらに、番組の中ではさらっと触れられた
だけだったので視聴者でも記憶に
とどまらなかった方が多いのではと危惧しますが、
日ごろの慢性的な高血糖は、
認知症リスクを最大3倍以上も高めます。

この意味でも、分子整合栄養療法が勧める
糖質制限は、非常に大事な前提です。

また、(ここから先は、スピリチュアル分野を
信じられる人にしかまだまだ受け入れがたいでしょうが)
慢性病は体内のエネルギー循環の滞りからくると考え、
その軽減が病気の症状を改善すると考えます。

例えばメンタル症状も、体内のエネルギーの
滞りや偏りが、結果としてメンタル面に
出ているので、

そこに良いエネルギーを十分流して
バランスを回復させることにより
症状が軽減できると考えます。

さて先日、ご縁のあったヒーラーご夫妻から
「ユニバースエネルギーの伝授」
というのを受けてきました。

いろいろと面白い経験をしましたが、
ここで習ったことの一つで
非常に興味深かったのが、
精神症状へのエネルギーの作用のさせ方でした。

このエネルギーを伝授している篠崎ご夫妻によると、
特に精神症状用に調整した「マインドフォース
というエネルギーがあり、これを受け取ることで
その人は適度な楽観性と自己信頼感が得られ、
ぐらつかない自分になれるそうです。

以下はマインドフォースの説明文より。

「マインドフォースは高気圧のように
暗雲を吹き払い、一歩一歩踏みしめて進む
強い脚のようなイメージのエネルギーです。」

「落ちこみだけでなく、緊張や、
舞い上がったりうわずったりする
精神状態にも使えます。」

つまり、うつ状態や不安だけでなく
躁状態にも使えるというのが、
精神症状のバリエーションがよく認識されており、
とても良いですね。

なお元気治療室では先日(4月10日)から、
若年性認知症の方へヒーリングするための
無料モニターを募集中です。

認知症または若年性認知症
(疑い診断でも可)の方が対象です。

ご関心のあるかたはご検討いただけると良いと思います。

ユニバースエネルギー伝授


カテゴリー: 認知症 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ
  • 2018年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30