願いをかなえるための”正しい”祈り方のコツ(1)


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

あなたは、何かに祈ったりしますか?

「困った時の神頼み」
という言葉があるように、

普段別に宗教を信じていなくても
困った時、不安な時、
願いを叶えたい時・・・人は祈ります。

ただ、祈るにも有効なやり方と
そうでないやり方があり、
多くの人はきちんとその違いを
学ぶ機会がないので、

ともすれば
効果の出にくいやり方で
時間と心身のエネルギーを
浪費して終りになりがちなのです。

「やり方」といっても、別に
「どこそこの神社に行く」
とか

「特定の方位や日時を選ばなければならない」
とか
「参拝の作法を正確に実行せねばならない」
といった、細々としたノウハウの話ではありません。

そうしたことは
「できるなら、付け加えた方が良い」
でしょうが、もっと大事な根本的原則があります。

このことについて、最近2つほど、
よくまとまった書籍と出会いましたので
そのエッセンスをご紹介します。

1つ目は起業家や事業主の
バイブルの1つともいわれる
『地上最強の商人』。

対象者は自分の仕事で食べて行こうと
する人たちではありますが、

その中で掲げているマインドセット10か条は
会社員や主婦、学生をはじめ、
人間である限り、どんな状況に
ある人にも共通のコツです。

なぜならばビジネス(商売)は
お客さんや取引相手、自社社員ら
との人間関係が根本であり、

人間関係を制することができなければ
どんな形態の仕事も、私的な関係も
破たんしてしまうからです。

この本に挙げられている10個の
マインドセットのうち、最初に来ているのは
「習慣(新たな、良い習慣を身につける)」

ですが、その次が
「愛」
なのも、そういう理由によるものなのです。

さて、その『地上最強の商人』
の最後を締めをしているのが
「祈り」です。

そこで冒頭の質問に還るのですが、
あなたは「祈る」時、どのような
気持ちで、どのような言葉を使って
祈っているでしょうか。

多くの人は、困った時だけ祈るので、
祈り始めた途端に
「ああしてください、こうして欲しい」
といきなり願い事を述べ立ててしまいます。

しかし、考えてみてください。

もしあなたが学校の先生などをしていて
クラスの皆にそれぞれ気を配っているとして、
そのうちの1人が何か願い事を
頼みに来たとします。

挨拶もろくなしに
「こんなことで困っているです、
早く良くしてください!」
といわれたら、戸惑いますよね?

最終的にはできるだけ希望に
沿ってあげたいと思ったとしても
ちょっとむっとしたり、釈然としない
気持ちを伴なうのではないでしょうか。

それに引き換え、もし願いを叶えたい生徒が
やってきて、あなたに挨拶し

「いつも~~で良くしてくださって、
ありがとうございます。
先生のおかげだと、とても感謝しています。

実は今回、こういう点で困っているのですが、
どう考えたら(行動したら)良いでしょうか?
アドバイスをいただけますか?」

と謙虚で素直な態度で
頼みに来られたらどうでしょう。

「おお、そうなの?
どういう状況なの?
ふむふむ、なるほど。
では、こういうふうにするといいよ・・・」

などと、喜んで教えて
あげたくなるのではないでしょうか。

つまり祈る際のポイントがここに
3つあって、それは

①既に得ているものに感謝する
その感謝を言葉で表す
(口に出さないまでも、はっきりと
心の中で唱えるのでもOK)

自分が欲しい結果だけ求めるのではなく、
その結果を得るために
「今自分がすべきことは何か?」
の助言を求める

自分が当初希望した結果でなくても、
大局的・最終的にはそれが
自分にとって最善の結果であると認める

この3点です。

長年、特定の宗教を信じている人でも、
このコツをよくわかっていない人は
多くいます。

このため、自分が希望する
特定の結果ばかりいきなり要求してしまい、
それが叶えられないと

「この世に神などいないのではないか」
「いつまでも叶えてもらえない自分は
『悪い人間』なのではないか」

といった、誤った結論に至ってしまい、
その宗教や信心も捨ててしまったりします。

しかしいずれも、正しい祈り方を
知らないことからくる誤解に過ぎません。

ですから、やり方を変えれば、
結果も変わってくるのです。

付け加えると、祈ったり、
祈ることからくる精神的・物質的
恩恵を受け取るために、

別に特定の宗教に入っておく
必要性もありません。

一人格である自分という小さな枠組みを超えた
「人智を超えた何か大きな存在
(サムシング・グレート)」
を仮定し、それにゆだねる、

といった姿勢になれば
誰にでも実行可能なことです。

『商人』の最終章、「祈り」では、
以上のことを次のように表現しています。
この章で私が最も好きな箇所です。

ーーーーー

私も、助けを求めて祈るが、
それは物質的なものを求めての祈りではない。
それは、導きを求めての祈りである。

私は金銭、愛、健康、
とるに足りぬ勝利、名声、成功、
そして幸福を与えてくれるよう、
祈ることはすまい。

私の祈りは
「これらのものを、
手に入れる方法を示したまえ」
という、導きを求めての祈りである。

そしてこの祈りには、必ず
答えが返ってくるのである。

私が求めている導きは、
ある時は示され、またある時は
示されないかもしれない。

しかし、その両方が答えなのである。

子供が父親にパンをせがんでも、
それがもらえなかったら、
それは父親の答えではあるまいか。

ーーーーー

自分が希望している願いごとは、
現時点の自分が感知できる範囲
だけの情報や経験から
願っている内容に過ぎません。

人智を超えた存在はそれ以上の
良い結果を与えるために
今回の状況を作ってくれている、
と認め、それに感謝できたとき、

あなたが想像した以上の
素晴らしい結果が
与えられることになるでしょう。


カテゴリー: スピリチュアル, 潜在意識 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

瞑想は認知症予防の究極の「脳トレ」である


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

Google 、フェイスブックなど
名だたる企業が、生産性アップ
という実用性を背景に

瞑想(マインドフルネス)を
取り入れるようになっています。

こうした中、先日(9月28日)には
NHK「ためしてガッテン」でも
瞑想を日常生活の中で取り入れる方法や
その効果について、取り上げていました。

ボケない!脳が若返る「めい想パワー」SP

PDF版はこちらから↓
http://www9.nhk.or.jp/gatten/pdf/program/P20160928.pdf

個人的には、脳波のうちの「アルファ波」
(一時期、流行しましたね)
よりも更に
周波数が低く、

その分リラクゼーション効果や
イメージング効果が高い
「シータ波」を取り上げて
いたことが印象的でした。

そしてシータ波が出やすいという
行動の
いくつかが、
とても興味深かったです。

具体的には

・ダーツ
・プラモデル作り

などが、シータ波が出やすいのだとか。

ガッテン「瞑想」より

また、「週刊新潮」10月13日号では
そのものズバリ
「80代でも記憶力は落ちない!
海馬の活性化マニュアル」

という記事があり、中を読むと
やはり、主はマインドフルネス瞑想。

それに加えて行なうと更に効果的
ということで紹介されていたことは

・呼吸法
・運動
・写経

・新聞のコラムのあらすじを書き出す、
それを読み上げる、人に説明する
などの、複数のアウトプット法を
組み合わせることで脳を活性化する

というものでした。

また、書き写すのは別に
お経である必要はありません。

私のあるクライアントさんは、
趣味で習い始めた
ペン習字に集中するうちに

「その間は余計なことを考えず
スッキリする」
と言っておられました。

他にも刺繍や編み物といった手芸や
日曜大工、ガーデニング、などなど
要は、本人がその作業に集中できる
ものなら何でもよいのです、

その間、ネガティブ思考から
離れられ、そのぶん
精神状態が良くなりますので。

あなたならではの、取り入れやすく
続けやすい方法を探し、
工夫してみてくださいね。

 


カテゴリー: スピリチュアル, 瞑想 | コメントをどうぞ

自分を「老けた」と思っている人は、本当に認知症になりやすい


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

あなたは今、何歳ですか?
そして、ご自分を
その年齢のイメージと比較して、

「若い」と感じていますか、
それとも「老けている」と
感じているでしょうか?

先日送られて来た
医師向けのニュースレターで
興味深い記事がありましたので、
シェアします。

フランス・モンペリエ大学の
Yannick Stephan氏らは、

主観年齢(つまり、実年齢に対して
自分が主観的に感じている年齢)
と認知障害や認知症リスク
との関連を検討しました。

The journals of gerontology誌
(オンライン版、2016年7月19日号)
の報告です。

ーーーーー

高齢者が実年齢よりも
高齢だと感じることが、
実際に急激な認知機能低下と
関連するといわれている。

対象は、Health and Retirement Studyの
被験者である65歳以上の高齢者5,748例。

対象者は認知機能障害のない者だけで、
調査後2~4年間フォローアップされた。

フォローアップ期間中、対象者は

「正常機能」
「認知症ではない認知機能障害(CIND)」
「認知症」

の3群に分類された。

主な結果は以下のとおり。

・調査開始時の主観年齢の高さは、
フォローアップ時のCIND、および認知症
の傾向と関連していた

(年齢、他の人口統計学的要因、
調査開始時の認知機能で調整後)。

・運動不足と抑うつ症状は、
部分的に関連していた。

結果を踏まえ、著者らは

「主観年齢の高さは、
その後の認知機能障害や
認知症リスクのマーカーとなりうる」

としている。

ーーーーー

つまり、同じ年齢で、
同じように健康な人でも、
「主観年齢」つまり

「(暦上の客観的な年齢に対して)
自分は●歳相当だ」

という年齢が、客観的年齢よりも
高い、すなわち「老けている」
と感じている人は、

実際にその後認知症になる
リスクが高まってしまう、
ということです。

「病は気から」といいますが、
普段から
「自分は若々しく健康だ」
と感じ、思うか、

それともことあるごとに

「ああ、老けたなあ」
「年を取るのって嫌ねえ」

と思うかで、実際の加齢の仕方が
変わっていき、それが
実際に認知症になるかならないかにまで
影響するのです。

つまり

「私は今も、これからもずっと
若々しく、元気である」

と思い込んだ方が、現実的な
アンチエイジング効果を持つのです。

 

ならば、「楽観的な思い込みだ」
などという、自他の批判の言葉が
聞こえてこようとも、

ポジティブな思い込み路線を
進んだもの勝ち、ですよね。

いくら他人の目、
世間の意見を尊重しても
あなたの人生には替えられません。

他者や世間はあなたの人生の
責任は取ってくれません。

ただただ、その場その場で
無責任な思いつきの意見を
述べるだけです。

そんなものを人生の方針に
するのではなく、
あなた自身が本当にありたいように
生きた方が遥かに良いではありませんか?


カテゴリー: 認知症 | タグ: , , , , , , , , | コメントをどうぞ

心の状態は身体の姿勢で変わる


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

一昨年末にも少しご紹介した、
「強気な姿勢が強気な心を作る」 研究をした
エイミー・カディ氏
(ハーバード・ビジネス・スクール経営学准教授)

の人気著書が、この夏、ようやく
日本でも邦訳版として販売され、
早速人気になっているようです。
『<パワー・ポーズ>が最高の自分を作る』

そのエッセンスをまとめた本人の TED動画がこれです。

 

内容を一言でまとめると、

・精神状態が身体(姿勢)に現れるだけでなく、
姿勢が精神状態を作る

・わずか2分間、特定の姿勢を取ることで
精神的な変化を自覚する

・精神的な変化は単なる主観的体験ではなく、
数種類のホルモンの分泌量の明らかな違い
として、実験上でも証明された

ということになります。

 

「笑うことが健康に良い」
「運動すると気分も上がる」
ということは、あなたもどこかで
聞いたことがあるかもしれません。

しかしそこで多くの人は

「おかしくもないのに、笑えるか。
ばかばかしい」

「落ち込んでいるし、だるいんだから
とても外出や運動なんか
する気になれない」

といって、この無料で、お金も
道具も要らない、
万人に平等に与えられた、
素晴らしく有効な手段を切り捨てます。

そして何か月も、何年間も
「気分が変わらない」
「上手くいかない」
と嘆いています。

もちろん、姿勢を変えるにしろ、
運動や笑いにしろ、
1回や2回で直ちに変わるほど
甘くはありません。

筋トレや英語習得と同じで、
少しずつでも毎日たゆまず
新しい自分になるなるための
トレーニングを積み続けることが
肝要なのです。

メンタルも、「継続は力なり」、
逆に言えば
「継続なくして改善なし」
なのです。

 


カテゴリー: メンタルヘルス | タグ: , , | コメントをどうぞ

幸運を引き寄せるために具体的にすると良いことは?


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

私が行なっているSkype カウンセリングや、
友人知人との雑談の中で
「人生が楽しくない」という人に、

では何をすれば楽しいのか、
本当は何をやるのが好きなのか問うと、
そこがそもそもわからない、
という方がとても多いです。

 

これは、「自分がやりたいこと」よりも
「やるべきこと」をあまりにも長く
優先し続けてきたために、
ついには自分の感性がある意味、マヒし、

「自分が今、何を感じているのか」
「何にワクワクするのか」
その感覚すら忘れてしまっているからです。

この高嶋美里氏のポッドキャストでは、
普段自分を見つめる経験をしておらず、
そうしたことに不慣れな人でも

容易に手をつけ、効果を上げることが
できる手法を紹介しています。

「潜在意識」にアクセスして
自分の本音を引き出す手法ですが、

いわゆるスピリチュアル的な手法や
「いかにも瞑想」的なことは
する必要はありません。

「#258 幸運を引き寄せるために具体的に何をしたらいいでしょうか?」

%e9%ab%98%e5%b6%8b%e7%be%8e%e9%87%8c

言っている内容はとてもシンプルで
特別なことではないので
ともすれば1回聞き流して終わり、
としてしまう人が大半だと思います。

多くの自己啓発書や成功哲学、
引き寄せの法則本を
たくさんの人が買い求めて読むけれど、

実際に成功をつかむのは5%だと
よくいわれるのも、

95%の人は1回読んで「ふーん」
と思ってそれきり、せっかくの
価値ある内容を実践しないからです。

このPodcast を聴いて
指示通りの作業(極めて簡単)
を繰り返し行える人は、

確実に自分の変化(心理的
のみならず現実面でも)を
実感するでしょう。


カテゴリー: メンタルヘルス, 幸運、運気, 潜在意識 | コメントをどうぞ

休職を繰り返す人は、被害者意識、「~のせいだ」という思考から離れられないという事実


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

私は精神科産業医として、現在
数社の企業等の社員と面談する
機会を持っています。

従来の方式でも「保健相談」
ということで、社員と産業医が
面談することはあったのですが

昨年末から、従業員50人以上
の事業所(会社)では
社員への「ストレスェック」制度
が義務化され、

この年末までに実施しなければ
ならなくなったので、
「ストレスチェック後の産業医面談」
が徐々に増えてきています。

で、新制度になる前からも
その後も共通するのが、
一部の社員で、休職を繰り返す
人がいること。

なぜ、同じような環境でも
復職を果たす人もいるのに
一部の人は繰り返してしまうのか?

年間1000人近くの社員面談を
してこられた産業医、武神先生が
動画でわかりやすく
説明しておられます。

 

 

私の「ホリスティック・カウンセリング」
でご相談になる方々の中でも
なかなか前進ができない人は
この動画と同様の傾向があります。

人は誰でも、自分がすでに
慣れ親しんだ価値観や行動パターン
から出たくありません。

自分を変えず、他人や
周囲の環境に変わってもらいたがります。

しかし他人や環境は
自分の内面の反映なので、
まず自分を変えない限り、
現実環境も変わらないのです。

端的にいうと

①自分を「被害者」と思わず、
不本意なことになった原因の
少なくとも一部は
自分にもあることを認める

②「誰々のせいでこうなった」
との恨みや怒りを手放す

この2点が必須であり、
ここを避けている限り
どんなに時間が経過しても、
どんな職場に転職しても

その課題をクリアするまでは

「ほら、これがあなたの課題だよ。
目をそらしても、
なかったことにしようとしても
無理だよ」

といわんばかりに
同じ問題が繰り返し
起こってきます。

休職に限らないですが
「いつも同じことを繰り返しているなあ」
と感じているなら、

あなた自身の内面への取り組みを
本格的にするべき時期だ、
というサインだと受け取る必要があるでしょう。

 


カテゴリー: うつ病, ストレス, メンタルヘルス | タグ: , , , | コメントをどうぞ
  • 2017年11月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930