自分を「老けた」と思っている人は、本当に認知症になりやすい


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

あなたは今、何歳ですか?
そして、ご自分を
その年齢のイメージと比較して、

「若い」と感じていますか、
それとも「老けている」と
感じているでしょうか?

先日送られて来た
医師向けのニュースレターで
興味深い記事がありましたので、
シェアします。

フランス・モンペリエ大学の
Yannick Stephan氏らは、

主観年齢(つまり、実年齢に対して
自分が主観的に感じている年齢)
と認知障害や認知症リスク
との関連を検討しました。

The journals of gerontology誌
(オンライン版、2016年7月19日号)
の報告です。

ーーーーー

高齢者が実年齢よりも
高齢だと感じることが、
実際に急激な認知機能低下と
関連するといわれている。

対象は、Health and Retirement Studyの
被験者である65歳以上の高齢者5,748例。

対象者は認知機能障害のない者だけで、
調査後2~4年間フォローアップされた。

フォローアップ期間中、対象者は

「正常機能」
「認知症ではない認知機能障害(CIND)」
「認知症」

の3群に分類された。

主な結果は以下のとおり。

・調査開始時の主観年齢の高さは、
フォローアップ時のCIND、および認知症
の傾向と関連していた

(年齢、他の人口統計学的要因、
調査開始時の認知機能で調整後)。

・運動不足と抑うつ症状は、
部分的に関連していた。

結果を踏まえ、著者らは

「主観年齢の高さは、
その後の認知機能障害や
認知症リスクのマーカーとなりうる」

としている。

ーーーーー

つまり、同じ年齢で、
同じように健康な人でも、
「主観年齢」つまり

「(暦上の客観的な年齢に対して)
自分は●歳相当だ」

という年齢が、客観的年齢よりも
高い、すなわち「老けている」
と感じている人は、

実際にその後認知症になる
リスクが高まってしまう、
ということです。

「病は気から」といいますが、
普段から
「自分は若々しく健康だ」
と感じ、思うか、

それともことあるごとに

「ああ、老けたなあ」
「年を取るのって嫌ねえ」

と思うかで、実際の加齢の仕方が
変わっていき、それが
実際に認知症になるかならないかにまで
影響するのです。

つまり

「私は今も、これからもずっと
若々しく、元気である」

と思い込んだ方が、現実的な
アンチエイジング効果を持つのです。

 

ならば、「楽観的な思い込みだ」
などという、自他の批判の言葉が
聞こえてこようとも、

ポジティブな思い込み路線を
進んだもの勝ち、ですよね。

いくら他人の目、
世間の意見を尊重しても
あなたの人生には替えられません。

他者や世間はあなたの人生の
責任は取ってくれません。

ただただ、その場その場で
無責任な思いつきの意見を
述べるだけです。

そんなものを人生の方針に
するのではなく、
あなた自身が本当にありたいように
生きた方が遥かに良いではありませんか?


カテゴリー: 認知症 | タグ: , , , , , , , , | コメントをどうぞ

心の状態は身体の姿勢で変わる


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

一昨年末にも少しご紹介した、
「強気な姿勢が強気な心を作る」 研究をした
エイミー・カディ氏
(ハーバード・ビジネス・スクール経営学准教授)

の人気著書が、この夏、ようやく
日本でも邦訳版として販売され、
早速人気になっているようです。
『<パワー・ポーズ>が最高の自分を作る』

そのエッセンスをまとめた本人の TED動画がこれです。

 

内容を一言でまとめると、

・精神状態が身体(姿勢)に現れるだけでなく、
姿勢が精神状態を作る

・わずか2分間、特定の姿勢を取ることで
精神的な変化を自覚する

・精神的な変化は単なる主観的体験ではなく、
数種類のホルモンの分泌量の明らかな違い
として、実験上でも証明された

ということになります。

 

「笑うことが健康に良い」
「運動すると気分も上がる」
ということは、あなたもどこかで
聞いたことがあるかもしれません。

しかしそこで多くの人は

「おかしくもないのに、笑えるか。
ばかばかしい」

「落ち込んでいるし、だるいんだから
とても外出や運動なんか
する気になれない」

といって、この無料で、お金も
道具も要らない、
万人に平等に与えられた、
素晴らしく有効な手段を切り捨てます。

そして何か月も、何年間も
「気分が変わらない」
「上手くいかない」
と嘆いています。

もちろん、姿勢を変えるにしろ、
運動や笑いにしろ、
1回や2回で直ちに変わるほど
甘くはありません。

筋トレや英語習得と同じで、
少しずつでも毎日たゆまず
新しい自分になるなるための
トレーニングを積み続けることが
肝要なのです。

メンタルも、「継続は力なり」、
逆に言えば
「継続なくして改善なし」
なのです。

 


カテゴリー: メンタルヘルス | タグ: , , | コメントをどうぞ

幸運を引き寄せるために具体的にすると良いことは?


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

私が行なっているSkype カウンセリングや、
友人知人との雑談の中で
「人生が楽しくない」という人に、

では何をすれば楽しいのか、
本当は何をやるのが好きなのか問うと、
そこがそもそもわからない、
という方がとても多いです。

 

これは、「自分がやりたいこと」よりも
「やるべきこと」をあまりにも長く
優先し続けてきたために、
ついには自分の感性がある意味、マヒし、

「自分が今、何を感じているのか」
「何にワクワクするのか」
その感覚すら忘れてしまっているからです。

この高嶋美里氏のポッドキャストでは、
普段自分を見つめる経験をしておらず、
そうしたことに不慣れな人でも

容易に手をつけ、効果を上げることが
できる手法を紹介しています。

「潜在意識」にアクセスして
自分の本音を引き出す手法ですが、

いわゆるスピリチュアル的な手法や
「いかにも瞑想」的なことは
する必要はありません。

「#258 幸運を引き寄せるために具体的に何をしたらいいでしょうか?」

%e9%ab%98%e5%b6%8b%e7%be%8e%e9%87%8c

言っている内容はとてもシンプルで
特別なことではないので
ともすれば1回聞き流して終わり、
としてしまう人が大半だと思います。

多くの自己啓発書や成功哲学、
引き寄せの法則本を
たくさんの人が買い求めて読むけれど、

実際に成功をつかむのは5%だと
よくいわれるのも、

95%の人は1回読んで「ふーん」
と思ってそれきり、せっかくの
価値ある内容を実践しないからです。

このPodcast を聴いて
指示通りの作業(極めて簡単)
を繰り返し行える人は、

確実に自分の変化(心理的
のみならず現実面でも)を
実感するでしょう。


カテゴリー: メンタルヘルス, 幸運、運気, 潜在意識 | コメントをどうぞ

休職を繰り返す人は、被害者意識、「~のせいだ」という思考から離れられないという事実


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

私は精神科産業医として、現在
数社の企業等の社員と面談する
機会を持っています。

従来の方式でも「保健相談」
ということで、社員と産業医が
面談することはあったのですが

昨年末から、従業員50人以上
の事業所(会社)では
社員への「ストレスェック」制度
が義務化され、

この年末までに実施しなければ
ならなくなったので、
「ストレスチェック後の産業医面談」
が徐々に増えてきています。

で、新制度になる前からも
その後も共通するのが、
一部の社員で、休職を繰り返す
人がいること。

なぜ、同じような環境でも
復職を果たす人もいるのに
一部の人は繰り返してしまうのか?

年間1000人近くの社員面談を
してこられた産業医、武神先生が
動画でわかりやすく
説明しておられます。

 

 

私の「ホリスティック・カウンセリング」
でご相談になる方々の中でも
なかなか前進ができない人は
この動画と同様の傾向があります。

人は誰でも、自分がすでに
慣れ親しんだ価値観や行動パターン
から出たくありません。

自分を変えず、他人や
周囲の環境に変わってもらいたがります。

しかし他人や環境は
自分の内面の反映なので、
まず自分を変えない限り、
現実環境も変わらないのです。

端的にいうと

①自分を「被害者」と思わず、
不本意なことになった原因の
少なくとも一部は
自分にもあることを認める

②「誰々のせいでこうなった」
との恨みや怒りを手放す

この2点が必須であり、
ここを避けている限り
どんなに時間が経過しても、
どんな職場に転職しても

その課題をクリアするまでは

「ほら、これがあなたの課題だよ。
目をそらしても、
なかったことにしようとしても
無理だよ」

といわんばかりに
同じ問題が繰り返し
起こってきます。

休職に限らないですが
「いつも同じことを繰り返しているなあ」
と感じているなら、

あなた自身の内面への取り組みを
本格的にするべき時期だ、
というサインだと受け取る必要があるでしょう。

 


カテゴリー: うつ病, ストレス, メンタルヘルス | タグ: , , , | コメントをどうぞ

知能指数を決めるのはDNAよりも本人の思考と感情


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

あなたは友人や同僚などが

・仕事ができる
・上司にかわいがられている
・友人たちに人気がある

という場合、その理由を
「あの人は頭が良いから」
という理由付けをして、
劣等感を感じていませんか?

頭が良い
→成績が良い
→「良い学校(大学など)」に入れた、
だから学歴が良い

→良い仕事や上司に恵まれ、
幸せになっている

という因果関係になっていると、
何となく当然のように
思っている人は多いことと思います。

しかし、本当にそうでしょうか?

もちろん、かつてのように
「学歴で入社先が決まり、
入社先で一生が決まる」

といった単純な図式は
1991年頃のバブル崩壊以来
どんどん崩れてますが、

それ以前に、そもそも

1)知能指数は感情の影響を強く受ける

ことが臨床的に知られています。

例えば、病院で知能検査を受ける場合にも、
単に特定の検査項目を受けさせただけでは
あまり意味がなく、

検査前や検査時の受検者の
精神状態(感情、集中力などの状態)
がどうだったか、

検査者は注意深く観察して、
受検時情報として
記載しておくことが必須です。

そうしないと、得られた点数の意味が
きちんと評価できないからです。

普通に考えても、睡眠不足時や
強い疲労時、飲酒後などなら
正確な検査結果が得られないことは
予想がつきますよね。

そこまで極端でなくても、
対人緊張が強い人の場合

初対面の検査者と対面して
話す場面にいるというだけで
気もそぞろになり

検査内容や答え方の説明に
集中できず、したがって
ちゃんと回答することができない、
といったことは決して珍しくないのです。

ですからベテランの検査者は
カルテなどから本人の事前情報を得る他に

当日受検者と会った際にも
最初は世間話などして、
緊張をほぐすように
気を遣ったりするのです。

 

2)心の状態が身体(脳を含む)の機能を決める

アメリカの細胞生物学者であり
細胞生物学者である
ブルース・リプトン氏は、

「生物がどんな形質(性質)を発現するかは、
遺伝子(DNA)がその運命を
決定するものではない。

遺伝子は基本の青写真
(設計図)に過ぎず、
実際にその青写真をいつ、どの程度
実行するかは環境(※1)次第である」

という、「エピジェネティクス」(※2)
を提唱した人ですが、
彼の著書『思考のすごい力』
(原著出版2005年)では既に、

「知能指数決定に遺伝子が関係するのは34%」
という事実を、最新の遺伝学的研究で
判明したこととして
まとめています。

あなたがもし、常に不安や落ち込み、
怒り、恨み、悲しみを
日常的に感じているとすると、

そのことで 「コルチゾール」などの
ストレスホルモンがいつも
あなたの体内に多量に分泌され、
慢性過緊張状態を作ります。

こうした緊張した体内環境は、
野生環境で肉食動物から全力で逃走したり
イチかバチかで相手と戦うといった
緊急場面では合理的な反応で、

おかげで血圧・脈拍・体温が上がり
呼吸は浅く早くなり、
興奮しているので、

多少骨にヒビが入ろうが、
皮がむけて筋肉が割け、
流血しようが、
あまり痛みを感じません。

そうした怪我にかまうよりも
腕の1本くらい失ってでも
生き延び、子孫を残すことの方が
自然の摂理にはかなっているからです。

その代わり野生ではストレス源と
関わる時間は短く、

上記のような
「逃げるか戦うか」反応をして
難を逃れた後は、くつろいで
また仲間と食事したり休んだりできます。

過去を後悔したり、未来を心配する
という思考習慣もほとんどありません。

 

しかし、現代人は正反対です。
一発で致命的になるような
出来事にはめったに遭遇しませんが、

年単位でストレスを感じ続ける
人間関係や仕事環境に身を
置いている人は多いことでしょう。

で、身体の進化の歴史上、
無自覚でいると、原始時代と
同様に、ストレスを感じると
コルチゾールなどが大量に出て、

しかも現代では出っ放しになるので
コルチゾールの良い作用よりも
副作用の方が目立ち、
問題となります。

コルチゾールはいわゆる
「ステロイドホルモン」ですから、
ステロイド剤を使い過ぎた場合のように
免疫力が下がったり肥満したり
がありますが、

精神面でもうつ状態をきたすこと
などが知られています。

また、ストレスを感じている時には
集中力や判断力、記憶力も
落ちているので、当然

知能検査や、他のさまざまな
仕事での作業パフォーマンスも
低下します。

ストレスによる集中力や判断力の
低下で成績が良くないのに、

「自分は頭が悪いから」
「○○は苦手だから」
だから成績が悪いのだ、
と思うと自信が低下します。

低い自信では次回同様の課題で
「がんばろう、挑戦しよう」
という意欲もわかないので

なおさら学習が遅い、
パフォーマンスが悪い
ということになり、

ますます
「自分はダメなんだ」
という確信を強め、そして
その思考の通りの現実を作ってしまいます。

また、同じ課題を達成するにしても、

①達成したら褒美をもらえる
②達成できなかったら罰を与えられる

という2つの設定で子供たち

に遂行させたところ、

①の方が達成率も、また
達成時の成績も良かった、
という研究結果も出ています
(『うつのためのマインドフルネス実践』
マーク・ウィリアムスほか著、成和書店)。

 

ですから、「できる人」「好かれる人」
になりたければ、まず自分が
「できる人だ」「好かれる人だ」
と思いこむようにしましょう。

「ふり」をしていると、
そのうちその通りになる、
というのは人の心の原理なのですから。

 

こちらもご参照を。

高嶋美里氏のポッドキャスト

http://takashima-misato.com/

No.133「隙間時間をうまく
活用する方法を教えてください」

「自分が信じていることの99%は
洗脳による幻想である」

ということをほとんどの人が知らないこと、
なぜ知ろうとしないのかの理由も、
説明しておられます。

 

※1)エピジェネティクスでいう
「環境」には、感情が作り出す
体内環境も非常に役割が大きいもの
として位置付けています。

※2)エピジェネティクス
直訳すれば「超遺伝学」。
これを「後成遺伝学」
と書いている人もいます。

 


カテゴリー: ストレス, メンタルヘルス, 脳機能 | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

ウソつきは病気の始まり


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

前回、潜在意識を書き換え、
あなたの現実を改善していく
ためのスクリプト(シナリオ)
をご紹介しました。

それに関連して、

普段の自分の言動がどのように
自分に影響しているのか、
多くの人が見逃している
ポイントがありますので、

その点をお伝えすることで
このシリーズ、つまり

『生き埋めにされた気持ちは決して死なない…』
の内容からのご紹介記事シリーズの
最終回としたいと思います。

ーーーーー

あなたは、嘘(ウソ)つきですか?

「そんなことないよ、失礼な。

まあ大人なので、便宜上多少
真実を伏せることは
あるかもしれないけど、
基本的には誠実で正直な人間だ」

と感じておられるかもしれません。

ところが”The Day America Told the Truth”
(『アメリがが真実を告げた日』)
によると、

ジェムス・パターソンとピーター・キム
が行なった調査では、
アメリカ人の91%は日常的に
嘘をつくのだそうです。

より詳しくは、アメリカ人の

86%は両親に嘘をつく
75%は友人に嘘をつく
73%は同胞(兄弟姉妹)に嘘をつく
69%は恋人に嘘をつく
61%は上司に嘘をつく
59%は自分の子供に嘘をつく

とのことです。

『生き埋めにされた気持ちは決して死なない…』
でも述べていますが、

言葉には全て
独自の振動エネルギーがあり、
つまり力を持つわけです。

古来からこのことは
「言霊」として、知られてきましたが
量子力学の研究と
医療科学機器の性能向上によって、

ますます科学的にも
これが真実であることが
裏付けられてきています。

で、ここを思い出して
いただきたいのですが
(過去記事の中にこれまでも
何度か取り上げています)、

・潜在意識は否定語を理解できない

・物質も全てエネルギー体であり、
人間も同じ

・矛盾するエネルギーが混在すると
相殺されたり干渉を受けて
エネルギーが弱まってしまう、

あるいは過剰に増幅し
本来の望ましい制御が利かなくなる

という性質があります。

 

キネシオロジー(筋反射テスト)などについて
知っている方ならイメージしやすいかと思いますが、

例えば、山田花子さんが
「私は山田花子です」と言った
(あるいは考えるだけでも良いですが)

時には、全身の筋肉は適切に
力強く保たれています。

ところがもしもそこで違う氏名を名乗ると
途端に筋力が(微妙なレベルですが)落ち、

例えば、他者が同じだけ力をかけて
突いたときに、すぐぐらぐらと
揺れてしまう、といった現象が
観察されます。

もちろん上記のような差は一見わずかなので、
本人も普通に立ち続けていられますし、
ほとんどの場合、自分の筋力が
弱まったなどとは自覚できません。

筋反射テストなどで比較して
初めてわかるレベルのことです。

ただ、矛盾したメッセージを自分で自分に
毎日のように言い聞かせ続けていたら
どうなるでしょうか?

当初は筋力の一時的な低下だけだったものが
定着し、筋力のみならず細胞膜の機能や

そこから連鎖するホルモンの生産能力、
免疫調整力、自律神経の調整力など
多くの機能が少しずつしかし確実に
蝕まれていくことになります。

『生き埋めにされた~』の中でも
このことを以下のように表現しています。

「我々が、実際に感じていることや
考えていることと違うことを
言葉で表現すると、

それによって体内に引き起こされる
葛藤やアンバランスは
文字通り体内の電気エネルギーをショートさせ、
このことがDNAを混乱に陥れる。

なぜなら、DNAは
『文字化け』したメッセージを
受け取ることになるからだ」

遺伝子の座であるDNAは2重らせんですが、
あの形がどういう力で保たれているか
ご存知ですか?

DNAの2重らせん
出典:www.scind.org

これは「水素結合」という、
もっとも基本的な原子同士の
結びつきで、

プラス(+)とマイナス(-)の
電荷が引き合ってできているものですが、
これは原子間の結合力の中でも
弱いものです。

したがって、後からより強い
エネルギーが作用すれば、
簡単にほどけたり、

別の原子との新たな結合を
形成します。

実際、この
結合→分離→再結合
の繰り返しによって
DNAの鎖の一部が開かれ、

その個所の情報がRNAに転写されて
元のDNAのコピーが作られたり、
各種タンパク質が合成されることで

我々のさまざまな生物としての
機能が運営されています。

ですからDNAに及ぼす環境としての
我々の「感情」や「思考」が、

できるだけいつも穏やかで
矛盾なく、愛や寛容性といった
ポジティブなエネルギーで
成り立っている必要があります。

嘘偽りのないすっきりした心の状態は
晴天の日に照らされた洗濯物のように

カラッと、わだかまりなく
風通しの良い体内環境を作り、
自分の健康を向上・維持させます。

また、人間同士はエネルギー的に
つながっているので、あなたの周りの
人間関係も誠実で裏表なく、穏やかで
信頼に足るものとなるのです。

まずはぜひ、ご自分に嘘をつくのを止め、
本心からやりたいことだけを
優先してやるようにしてくださいね。

量子力学についてご関心のある方は、
以下の以下の動画も参考にしてください。

「量子の力学」

 

「量子力学で見る『現実』」

 


カテゴリー: ストレス, メンタルヘルス, 潜在意識 | コメントをどうぞ
  • 2017年9月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930