涙は身体の有害物質を洗い流す


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

今回も、引き続き
『生き埋めにされた気持ちは決して死なない…』
の内容からご紹介していきます。

特定の感情が特定のホルモン分泌を促し、
これが身体に強い影響を与えることは
これまでの記事で述べてきました。

たとえば恐怖感は「ACTH」
(副腎皮質刺激ホルモン)
の分泌を促し、

これは
ストレスホルモンの代表といわれる
「コルチゾール」を分泌させます。

コルチゾールのおかげで、
かつて野生動物だった人類は
恐怖感に打ち勝って
肉食獣などの敵に立ち向かったり、

あるいは長時間全力疾走するなど
「火事場の馬鹿力」的力を発揮して
死を逃れ、命をつないできたのです。

しかし時代は流れ、現代の――
特に先進国の都市生活においては、
そうした

「命を脅かすが、短期的に終わる」
ストレスは減り、代わりに
「すぐに命は奪ないが、長期間続く」
ストレスが主になりました。

元々緊急時の劇薬のような
ストレスホルモンが長期間(年単位)
続けば、その効果よりも副作用の方が
大きな問題になります。

劇薬の長期間使いっぱなしによる
健康への害は、

・高血圧、高脂血症、高血糖、高尿酸血症
・肥満
・胃潰瘍、十二指腸潰瘍
・喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患
・リュウマチ、多発性硬化症などの自己免疫性疾患
・原因不明の慢性痛(線維筋痛症や、
偏頭痛、腰痛など含む)

そして

・がん

さえも、
年単位のネガティブな感情状態が誘発、
進展させることが徐々に
知られるようになってきています。

では、そうしたネガティブな感情を
どのようにしたら減らせるのか?
ですが、

その1つの手段として
「涙を流す」ことが
実際に有効であることが
わかってきました。

誰でも、流涙すれば
気分的にすっきりするというのは
体験的に納得されるでしょうが、

それだけでなく、実際に
「異なる感情は、異なる化学成分を
含む涙を分泌させる」
という研究結果が出ています。

ですから、ちょうど
熱い時には、熱中症を防ぐために
十分発汗する必要があるように、

あるいは細菌やウイルスが
鼻や口から侵入するのを防ぐために
くしゃみや咳をする必要があるように、

ネガティブな感情によって
自分が分泌してしまった
有害な化学物質をできるだけ
速やかに排泄するために

しっかり涙を流すのは
実際に、健康に良いのです。

一般に男性の方が心臓疾患で
倒れやすいとされています。

もちろん、その前提として女性ホルモンが
心臓や血管系への保護作用があるからと
説明されてきており、事実
それがメインではあるでしょう。

(実際、女性も閉経後には
心血管系疾患のリスクが
男性に近づきます)

ただ、一般に(文化的価値観から)男性の方が
感情表現(特に人前で涙を流すこと)
を抑圧することが多いですから、

それもストレスホルモンの血中濃度を上げ続け、
心血管系疾患リスク上昇を促す
要因の1つと考えられないでしょうか。

これからの時代は、男女とも
できるだけ我慢せずに流涙する、

周りの人たちも、その人が
咳やくしゃみをするのと同じように
涙を流すという行為を

「普通のこと」として見なすように
すると、自分も他人もぐっと
生きやすい社会になるかもしれませんね。

ディーパック・チョプラ博士
は、以下のように述べています。

ーーーーー

1970年代から、我々の脳の中では
神経伝達物質(浜野注:いわゆる
「脳内ホルモン」)が発見され、

これが毎瞬毎瞬微妙に
調整されながら分泌され続け、
私たちの身体の状態を作ることが
わかってきた。

「考える」とは脳のこれらの化学物質を
放出し実行させることを意味し、
それが身体環境を決めるのである。

身体が思考の投影物であることを
まだ世間は認めていないが、

それは思考による身体の細胞一つ一つへの
刻一刻とした化学的作用を
理解していないからだ。

あなたの身体は、あなたが考えたことの
3-D(3次元)作品なのである。

ーーーーー

『生き埋めにされた気持ちは決して死なない…』
の中では、さらに興味深いことが
書かれています。

上記の、同じ各種神経伝達物質と、
それを受け止めて作用を発現させるための
受容体(レセプター)は
脳だけでなく、腸や胃、腎臓などでも
発見されているのです。

これはつまり、生化学的意味において
こうした臓器の細胞たちも
「考える」ことができる、
ということになります。

脳化学分野の最も先進的な研究者の1人であり
NIMH(国立精神衛生研究所)の脳生化学部門
の部長でもあるキャンディス・パートは

心と体は分けることは不可能だと述べ、
身体は心の表れだと説明。
「BODYMIND(体心)」という
言葉で表現することを好んでいます。

もしもあなたの身体の特定の
臓器や部分が何年間にもわたって
不調が続くなら、

そこが標的になってしまった、
特定のネガティブな感情が
あなたの中に固定していると
見なせます。

その具体的な
「ネガティブ感情と、身体症状/疾患のリスト一覧」
も、『生き埋めにされた~』
の中に詳しく掲載されていますので、
英語が読める人は参照されると良いでしょう。

 


カテゴリー: メンタルヘルス, 心身症, 潜在意識 | コメントをどうぞ

DNAよりも感情が、あなたの運命を決める


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

最近の研究では、遺伝子(DNA)は
その持ち主の運命を決定づけるものではなく、
あくまでも青写真に過ぎず、

その青写真を実行するかどうかは
細胞を取り巻く環境との兼ね合いで決まる、
ということがわかってきています。

これを「エピジェネティクス」
(『後成(後世)遺伝学』という
訳をする場合もあるようです)
といいます。

そして、外部環境との接点は細胞膜なので、
実際には(細胞の核の中にある)DNA以上に
細胞膜の組成や機能が重要であること、

そしてその細胞膜の機能に
大きな影響を与えるものの1つが
その細胞の持ち主の感情状態である、
ということがわかってきました。

なぜなら人が強い感情を抱く時、
それに応じた電磁エネルギーが生じ、

また特定の細胞からはホルモンや免疫細胞、
神経伝達物質(いわゆる脳内ホルモン)
といったものが分泌され、
それが周囲の細胞に次々と広がっていくからです。

電磁エネルギーや上記のような
種々の化学物質を媒介して
感情エネルギーが細胞に伝えられ、
その膜に影響を及ぼします。

一般に、強く持続的なストレスは
細胞膜に炎症反応を及ぼし、
それが年単位で続くことで

さまざまなアレルギー疾患、
自己免疫疾患、高血圧、代謝異常
(高脂血症、高血糖、高尿酸血症)、
そしてがんにも至ると考えられています。

こうした

「DNAさえも絶対的なものではなく
青写真にすぎず、
それを発現させるかどうかも
本人の感情状態が決める」

という最新の知見
「エピジェネティックス
(『後成(後世)遺伝学』)」
については、以下の本に詳しいです。

特に両親の感情状態が
胎児に及ぼす影響については

第7章「親は子どもの遺伝子が
最高の可能性を発揮できる環境を整えよう」
をご参照を。


カテゴリー: ストレス, メンタルヘルス | コメントをどうぞ

「親子関係」は胎児期から始まっており、それが自己価値観や生涯の人間関係パターンを作る


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

前回の記事

「物心つく前からの触れ合い(スキンシップ)が、
その後の対人関係パターンを決める」

では、「物心がつく」前から
漠然としたレベルながら記憶が保たれており、

その時期の記憶の質は
その後の対人関係の質を左右すること、

そしてその時期の記憶の質を決める
大きな要素の1つが
親子のスキンシップの多さである
ことをご説明しました。

今回はさらに

(2)既に胎児期から、子供と母(そして父)
とは、化学的にリアルに「つながっている」

についてご説明します。

昔から「胎教」が
優良な子供を得るには大切だ、
といわれ、

妊娠中の母親がリラックスし
落ち着いて過ごせるよう、

クラシック音楽を聴いたり
良い芸術作品を観るのが良い、
などとされてきました。

とはいえ

「まあ、もちろんそれに
越したことはないだろうが、

そんな時間的余裕もないし、
そういう『余分なこと』まで
必ずしもしなくて良いだろう」

というのが、大半の人の
感想ではないでしょうか?

しかし

” Feelings Buried Alive Never Die…”
(『生き埋めにされた気持ちは決して死なない…』
[Karol K. Truman 著、邦訳書未出版])

によると、医学や心理学の発達につれ、
こうした「胎教」の大切さが改めて
浮き彫りになったそうです。

例えばここ2-3年間で、
テレビ番組「NHKスペシャル」などでも
「オキシトシン」というホルモンが
注目されていることを何度か伝えています。

従来、医学や生理学でいわれていた
オキシトシンの作用は

・子宮収縮→陣痛・出産を促す
・乳汁分泌し、生まれて来た子に
授乳できるようにする

というものですが、それだけでなく、
近年の研究にて

スキンシップにより明らかに
オキシトシンの分泌量が増え、
それが互いのリラックス感と
親密さ、共感性を高めること、

更には、実際に物理的に
触れ合わなくてさえ
こうした作用が現れること
がわかってきました。

例えば 結婚式では、
花嫁花婿当人だけでなく、
その親や親せき、
更には参列した他の友人たちまで

(特に相手に実際に触っていなくても)
やはり血中のオキシトシン濃度が
高まった、との研究結果が出ています。

『生き埋めにされた~』の中で
セラピストである著者は、

・胎児はへその緒を通じて母親と
血液を共有しているため、
母親のホルモン状態の影響を直に受ける

・母親がイライラ、不安、落ち込み、悲しみ
などのネガティブな感情を
常に強く感じていると、

ストレスホルモンである
「コルチゾール」やその分泌を促す
「ACTH」が多量に分泌されるため、

胎児もそうしたホルモン一杯の環境で
過ごさねばならなくなる

・胎児は妊娠6ヶ月後にはもう、ほぼ
新生児の7割の脳機能を持っており、

発育しながらまず母親、次いで父親の
声を聞き続けているので、

母親の声や、父母の会話のトーンから
母親のストレス度を
わがことのように感じ取り、
その感情を

(厳密には、明確な感情というよりは、
感覚と感情の中間のような
「フィーリング(気持ち)」として)
毎日、リアルに感じ取っている。

・出産時には子どもは死と隣り合わせの
体験をするが、この時の外傷的記憶は
オキシトシンにより忘れられ、

おかげで大半の人は出生時の記憶は
忘れ、その後の人生をそれなりに
安定した気持ちで過ごせるようになる。

・逆にACTHは記憶を保つ働きをする。

前述のようにACTHはストレスの高い時に
そのストレスに対処するための
気つけ薬的なホルモン
「コルチゾール」を分泌させるが、

こうしたタイミングの記憶は当然
ストレスフルな内容なので、

ACTHによって保存された記憶は
出生時外傷に関わる

不安・恐怖・孤独感・
うつ気分といった感情をも
保存してしまうことになる。

・その結果、この世に生まれて来た
デフォルトの体験・記憶が
「人生とはつらいもの」
というものになってしまい、

そうすると人は自分のそうした
価値観のフィルター(いわば色眼鏡)
で人生を見るようになるため、

実際に「つらい」出来事ばかり
目につき、体験するようになる

という流れになってしまう、
と書いています。

また精神科医のThomas Verny 氏は、

「胎児の心身の状態を決める
最大の要素はDNAだが、
その次に明らかに大きな
決定要素となるのは

父母が(胎児期から)その子に対して
どのように関わるか、という態度である」

と述べています。

下記はバーニー氏の動画(一部)です。

英語ですが、動画画面右下「設定」(歯車アイコン)
→「字幕」→「日本語」で自動翻訳字幕が出るので
英語が苦手な方でもある程度は意味が取れると思います。

補足すると、
コルチゾールは免疫力を下げる
作用もあるので、

身体の防衛力(生命力)も
低下させてしまう、
ともいえるでしょう。

まさに、ストレス管理は自分自身だけでなく、
自分の子孫の人生の質にさえ
直接的な影響を及ぼしているのです。

このように、自分で
メンタルケアをできる
知識と経験

(有効な知識に基づいて
日々練習をし、メンタル改善を
実感できるようになること)

は、人生最大級の課題であり、
それを手に入れることは、
計り知れないほどの
価値あることなのです。

次回は更に『生き埋めにされた~』
をレビューしつつ、

「DNAさえも絶対的なものではなく
青写真にすぎず、
それを発現させるかどうかも
本人の感情状態が決める」

という最新の知見
「エピジェネティックス
(『後成(後世)遺伝学』)」
について、お伝えします。


カテゴリー: ストレス, トラウマ, メンタルヘルス, 不安 | コメントをどうぞ

物心つく前からの触れ合い(スキンシップ)が、その後の対人関係パターンを決める


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

よく、物心がつくのは3-4歳ころからであり
だから、それ以前の経験は忘れてしまっているので
当人の人生にさほど影響はない、
と何となく思われていますが、

最近の研究で、人間の脳は
かなり早期から記憶を積んでおり
自覚的には(つまり、顕在意識レベルでは)
全く記憶がないと感じていても

実際には胎児期からの記憶が
その後の自分の人生に
大きく影響を及ぼしていることが
わかってきています。

・・・

では、いわゆる「物心がつく」
までの記憶がほとんどないのは
なぜか?というと、
2つほど機序があるようです。

(1)海馬がまだ活動していない

脳科学と心理学を経営学に応用して
起業塾を開催している中井隆栄氏は
その講座の中で、

3歳くらいまでは海馬(その後
人間の記憶中枢になる脳の部分)
が未発達で、
ほとんど機能できていないため

3歳以前の記憶はほとんど残らない、
と述べています。

ただ、言葉とか画像とか音とか、
そうした記憶はほとんど残らないが、
触覚だけは脳内の別の部分「線条体」
という所にその記憶が保管されているため、

漠然としたフィーリング
(感覚と感情の中間のようなもの)
として残るため、
その影響を大きく受けています。

最も顕著なのは対人関係での感覚で、
物心つく前から親からのスキンシップを
十分受けて育った子供は

対人緊張が少なく、
自他への信頼感が強く、
楽観的です。

その結果、人間関係も積極的に築けるし
気分の良い時間が長いので
身体の健康状態も良好に
保ちやすいのです。

逆に、幼少期に親が忙しいとか
親が子供を受け入れる気持ちが
薄かったなどで

物心つく前から十分に触れて
あげられていないと、

その後他人の中に出ていくことに
不安感や恐怖感を覚えやすく、
非社交的になりやすいと考えられます。

もし、あなたが保育園や幼稚園など、
初めて他人の集団に入る時に
大泣きした、登園に激しく抵抗した
などがあったなら、

あなたは物心つく前の
両親からのスキンシップが
十分得られなかったのかもしれません。

ーーーーー

(2)既に胎児期から、子供と母(そして父)
とは、化学的にリアルに「つながっている」

これについては、既に文字数が多くなってきましたので
次回に書きます。


カテゴリー: ストレス, ヒプノセラピー, メンタルヘルス | コメントをどうぞ

楽しくなりたければ、まず先に楽しそうにせよ


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

今回の内容は、以前書いた記事

「幸せ」とは、そうなろうとする「意志」で手に入る

とも関連していますが、
一言でいうと

「楽しくなりたければ、先に楽しそうにせよ」

というコツについてです。

ある精神科病院の入院患者さんたちに、
マンガを読む際にペンを口にくわえると
マンガの面白さに変わりが出るかを
調べる実験を行いました。

グループAにはペン先を口にくわえる、
つまり口をすぼめる形。

グループBではペンを横にしてくわえます。
それをするには
「イー」というときのように
口を横に伸ばしてペンを挟まないと
できません。

で、その体制で毎日一定時間
(たしか、1回20-30分間だったと思います)
マンガを読んでもらうと、

マンガの面白さの評価(5点満点)が
グループBはグループAの1.4倍、
面白いと感じる度合いが
上がったのです。

ーーーーー

最近の医療機器の進歩で、
実際にこの口の動きをしているときの
脳機能を調べられるようになり、

すると口角を上げると
脳の、快楽を感じる部分が活性化すること、

そして脳内ホルモンー―具体的には
「ドーパミン」や「セロトニン」
の分泌量が増えることがわかっています。

このドーパミンは意欲を高め、
セロトニンはリラックス感を高める
作用があり、

うつ状態や不安状態の人では
こうした脳内ホルモンの
分泌量や活動性が低下して
しまっていることが推定されており、

これが各種抗うつ薬を開発する
根拠にもされています。

ーーーーー

で、ここからが
自分でメンタル状態を良く
できるためのコツなのですが、

笑うためには面白いとか
楽しいとかを
先に感じている必要はありません。

作り笑いでも、気分を上げるには
有効なのです。

しかも、大笑いする必要もありません。

確かに、大笑いを長く、頻繁にした
方が、体内の免疫細胞が素早く活性化され
自律神経もホルモン系も
バランスが整いますが、

ほんの微笑でも、
しかも表面的に口角を上げるだけですら
有効なことがわかってきています。

ですから、

楽しくなりたければ
先にまず笑いましょう。

以下の精神科医・樺沢紫苑氏の
動画も復習になります。

 

 


カテゴリー: うつ病, ストレス, メンタルヘルス, 不安 | コメントをどうぞ

信頼できる占い師、できない占い師のちがい


こんにちは!
ホリスティック精神科医の浜野ゆりです。

前回の記事

「本物の占い」と「占いもどき」の見分け方

では、「本物の占い」と
「占いもどき」の違い
について述べました。

今回は、それらを行なう
「占い師」の良し悪しの見分け方を
お伝えします。

ーーーーー

世間でイメージされやすい
「占い師」のイメージは、
ベールやマスクをつけて独特の化粧をし
お香を炊いた部屋の中で
水晶玉を見ているとか、

街頭で小机を出して
行燈の光の下で虫眼鏡を出して
手相を見たり、筮竹(細長い竹の棒)を
ジャラジャラ鳴らして相手を占う、

といったものが多いことと思います。

また最近は占い師業もシステム化されて、
いわゆる「占いハウス」に
何人もの占い師がブースを並べ、

その占いハウスも全国の
ショッピングビル内に出店
されているチェーン店、
といったこともよくあることです。

で、こうした「特殊な雰囲気」は
占いを受けようとする人に
その気になってもらうには
良いかもしれませんが、

占い師の実力の有無とは無関係です。

事実、私が知っていて
ブログ
「精神科医 浜野ゆりのホリスティック日記」

のリンクページにも載せている
お勧めの占い師の人たちは
どの方も、ごく普通のいでたち、言動で
常識的な社会人としてお客を迎えています。

占い師も人の相談に乗る
サービス業、接客業ですから
あまり極端な性格や言動をする人は
向いていません

(あなたがそういう、エキセントリックな
人にビシバシいわれることを
好むタイプの人、というのでない限り)。

私も一時期は占い鑑定を提供するほど
その習得と活用にハマっていた
時期がありました。

で、他のさまざまなスキルと同様、
(「チャネリング」「霊能」などで
よほど先天的な能力が高い人以外は)
占いも学習する必要があるので、

某占い学校に何年か通ったのですが、
そこでは、それまで私が仕事を
してきたような大組織では

決して見かけないような、
変わった人たちも何人も見かけました。

いわゆる社会常識がない人、

授業の進行度合いや
他の生徒への配慮なしに
自分が訊きたい質問を
何度も発言したり、

(生徒同士の模擬鑑定実習で)
相手が嫌な(聞きたくない)顔をしているのに
一方的に自分が読んだネガティブな
「鑑定結果」を告げてしまう人、

しかもそれを
「自分は機関銃トークが特徴なので」
と得意気に言ってしまう人など。

このような人は、よほど天才的に
占い上手でコアなファンがつかない限り、
接客業である占い師としては、
失格でしょう。

そして、せっかく得た占い結果を
相手にちゃんと理解し、
幸運を手に入れるために

意識的に行動もしてもらう
必要がある場合が多いので、

相手に納得してもらえるような
説明の仕方を、
相手に応じて微調整する、

といった対人関係能力と合わせて
磨いていく必要があります。

・・・

また、最近は占い師と
カウンセラー、セラピスト、
ヒーラーなどを同じように
とらえている人もおられますが、

占い師は何といっても
「占い」という特殊情報、
しかも鑑定相手独自の
情報を提供し、

その結果として、未来に
より有効で確実で
大きな吉(幸運、成果)を
つかめるように手伝うことが本業です。

ですから、先ほどの話とは一見
相反するようですが、

どんなに優しくて良い人でも
提供する占い鑑定結果が「当たる」
のでなければ、意味がありません。

最近の「心理占星術」などでは
ともするとこの辺りがあいまいに
されていることも多いのですが、

ちゃんとした占い師なら
自分の本分は「当てること」だと
承知し、占う技術を日々磨いています。

最近ではここまでする人は
ほとんどいないでしょうが、
昔、易のある大名人は

毎日帰宅後、箱の中に入れてある物
(本人の知らない所で奥さんが
仕込んでおいた)
を易だけで当てる、

ということを自らに課し、
連続5回当てるまでは寝ない、
と決めて実行していたそうです。

また、例えば紛失物の
相談があったときに
「それはどこにあるか」
「そもそも見つかるのか、無理か」

といったことを占うと、
それは「当たる」か「外れる」
か、結果は2つに1つであり、
ごまかせません。

本物の占い師は、
こうした占いが得意です。

また、相談内容でよくある
「恋愛・結婚」「お金」「健康」
についても、

良くない占い師が
何とでも取れるような
一般論しかいえないのに対して、

きちんとした占い師は
その人(鑑定を受ける人)にしか
いえないこと、

例えば何歳くらいの時に家庭で
こんな事件があった、
○年に仕事を変わった、
△年に健康上の大きな出来事があった

といったことを(あなたが詳細を語る前に)
伝え、それが正しければ占い師の
「読み」の前提が正しいということになるので、

未来についても信頼して
予測を聞けることになります。

ーーーーー
以上の点を考慮して

「ここ一番」というタイミングで
優れた占い師に意見を聞きに行く

というのは、一つの有効な
選択肢だと考えます。

占い師の選び方に関しては、
冒頭に書いたリンクページの他、
下記の本も参考になります。

『驚くほど当たる 占い完全ガイド』
(まついなつき他著、講談社)
※古本のみ入手可能


カテゴリー: 占い, 潜在意識 | コメントをどうぞ
  • 2017年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031